カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • アメリカ破産
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • コロナワクチン解毒方法
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • デジタルID
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • パンデミック合意
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 池田創価学会
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • 5G
  • lgbtq
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 量的緩和をやめさせられる日銀 | トップページ | 「重要資料につき再掲」スノーデンは、NSAを暴露するために一流コンサル会社の仕事に就いた »

2015年5月12日 (火)

テスラの発電機はモロッコで起動中

テスラの発電機はモロッコで起動中


テーマ:
世界中で、化石燃料(石炭・石油・ガスなど)などの古いエネルギーにほとんど依存する必要のない様々な発電システムが開発されています。


RTなど、「ロシアは石油で50年、ガスで100年、石炭で500年以上の資源があるが、イギリスは4、5年程度でそのような化石燃料の資源が枯渇する研究結果がでている」などとイギリスを恫喝していますし、世界中ではそのような燃料(やレアメタルなど)をめぐって内戦や政変などの見せかけた紛争が恣意的に起こされていると個人的には思っています。ウクライナもそうですよね。


種類はなんでもいいのでフリーエネルギーが早く実現し、現在のように世界中が資源の奴隷のような状態になっていますが、そこから少しでも早く開放されるといいのですが。

原子力にも頼る必要がなければ、チェルノブイリや福島のような惨劇が繰り返されることもないでしょうし。




*****

「モロッコでテスラの発電機が実際に起動中  
フリー・エネルギーの実現

(Free Energy Live In Action – The Quantum Energy Generator in Morocco)」

4月30日【wakeing times】http://www.wakingtimes.com/2014/04/30/free-energy-live-action-quantum-energy-generator-morocco/ より翻訳


この動画を観るのは、なかなかの経験でした。おそらく、私がこのテーマについて何年もの長きに渡り追い続けていて、また、科学の主流派からはいろんな疑いやネガティブな考えが寄せられている中、すばらしい科学者の方々は何度も繰り返し機器を組み立て、それによって現代の科学や物理学もデータの更新が必要であることを証明してしまったからです。



QEG Resonance in Morocco - OPC: Aouchtam 04/28/14   



まずはじめに、私が「フリー・エネルギー」という際に、私がどのような意味でその言葉を使っているのか定義するところからはじめたいと思います。

私がいうところの「フリー・エネルギー」とは、入力するエネルギーよりも大きいエネルギーを得ること、またはエネルギーの入力をまったく必要とせずにエネルギーが永久的に生産されること意味しています。

その質問に答えましょう。はい、このデバイスは使っている間、ベアリングやベルトなどの部品の交換が必要になることがあります。その時点では、最小限のコストがかかることになります。

このようなテクノロジーが抑圧されていることはひとまず忘れて、実際に今ここにそのテクノロジーが実現され機能しており、いずれはこれが主流になり、人々が組み立てたり購入したりする時期が来るという事実に意識を集中しましょう。

QEG(量子エネルギー発電機)のことを聞いたことがない?それならあなたはいい意味で驚くことになるでしょう。

このデバイスは、テスラの研究に基づいたもので、彼は1 KWを入力すると10 KWのエネルギーが作られる共振を利用した発電機を組み立てたのです。

このデバイスは同じ方法で働き、彼の特許権が切れた後に作られました。他の人にも作ったり、買ったりすることができるようなデバイスにするために、何年もかけられて実験したり調整したりされています。

この新しいデバイスは1KWの電力の入力を必要とし、それによってコアの共振を上げ、その後10KWを生み出します。入力元からのプラグは外して、変換器を取り付けると入力する電力を必要としないからです。

はい。つまりどういうことかといいますと、短い間パワーを入力するとその後は、10KWの電力を供給するのにそれ以上のパワーを必要としないということです。


テスラのこのデバイスの設計図を一般公開したHopeGirlはブログで次のように記しています。

「QEGはいまや、人類が所有するものになりました。

このデバイスにさらに改良を重ねる人はたくさん出てくるでしょうし、この実用的で次の世代に橋をかけるようなテクノロジーを一緒に共同開発していくことになるでしょう」


世界の人が、この発電機をお金や欲望、特許や所有権、権力を目的に組み立てる必要がないなんて、なんと美しい言葉でしょうか。


上記は古くさくてエゴに基づいた概念で、私たちはさほどの努力も必要とせずにそこから進化することができます。

モロッコでテスラ式発電機が始めてスイッチが入った時
(写真:The Paradigm Shift Is Now より)


モロッコのコミュニティではたった3日間で機能するデバイスを組み立てられましたが、下の動画はそのデバイスのスイッチを初めて入れた際のものです。

あなたが目撃したのはこのデバイスのほんの始まりに過ぎません。さらなる微調整がかけられ、将来は出力を増強することができるようになるでしょう。


「世界へのメッセージ:

もし私たちがQEGをモロッコで組み立て機能させることができるのであれば、世界のどこでだって同じことを実現することは可能でしょう!」


--トーマス・ケベック(New Earth Heartbeat)


このデバイスは台湾でも作られており、さらに他のチームは世界中の他のエリアでも発電機を作っています。




★QEGの設計図などの情報は、こちらで入手することができます
リンク PDFファイル)★





*****

【関連記事】


★こちらにはもっと、具体的な情報があります。

フリーエネルギーはすでに人類の現実




★HopeGirlのブログを翻訳したものはこちらから


テスラ発電機の作り方  <フリー・エネルギーの実現>


★QEGジャパンチームと繋がれる Facebookグループはこちら

https://m.facebook.com/groups/510404929071477

以上は「世界の裏側ニュース」より
テスラのフリーエネルギによる発電機が事実ならこれは革命的なことです。21世紀のエネルギ革命となり得ることです。早く実用化されることに期待したいところです。               以上

« 量的緩和をやめさせられる日銀 | トップページ | 「重要資料につき再掲」スノーデンは、NSAを暴露するために一流コンサル会社の仕事に就いた »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テスラの発電機はモロッコで起動中:

« 量的緩和をやめさせられる日銀 | トップページ | 「重要資料につき再掲」スノーデンは、NSAを暴露するために一流コンサル会社の仕事に就いた »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ