最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 調査スクープ!原発近隣住民の間で「悪性リンパ腫」多発の兆し(3/5) | トップページ | 小鳥が自ら腸を吸収して3日間飛び続けることが判明 »

2015年5月28日 (木)

クリミヤ半島は第二のキューバ危機(米露核戦争危機)に陥っていた

クリミア半島は第二のキューバ危機(米露核戦争危機)に陥っていた:それを未然に防いだのは女性の米海軍代将・ヘザー・コール氏だった

 

1.米海軍の女性代将が、米露核戦争を未然に防いだ?

 

 米国情報(注1)によれば、ロシアの対外諜報機関(注2)が重大情報をロシア内で流しているそうです、それは、米オバマ大統領が米海軍に対してロシアに対する限定的な先制核攻撃命令を出していたという情報です。ところが、ヘザー・コール(女性)という米海軍代将がその命令を拒否して、米軍による核攻撃は失敗したそうです。そのため、コール氏は逮捕・解任されたそうです(注1)。

 

 このニュースの発信元はロシア政府ですが、米国サイドの情報でも、この女性の海軍代将の解任が報じられています(注3)。米国報道ではコール代将の解任理由は伏せられていますが、ロシアの諜報機関の情報から、その理由が判明します。

 

 このニュースから、なぜ、プーチンが核戦争も辞さないと発言したのかの理由が見えてきました。そして、3月初めから中旬まで10日間もプーチンが消息不明になった理由も見えてきました。

 

2.第二のキューバ危機(米露核戦争危機)がクリミア半島で起きていたのか

 

 1945年、広島・長崎に原爆が投下されて以来、今日まで、世界で核戦争は起きていません。もし起きたら、世界の破滅ですから・・・。

 

 しかしながら、196210月、ケネディ大統領が暗殺される1年前、キューバ危機が起きており、米ソの核戦争一歩手前まで行っています(注4)。幸い、当時のケネディ大統領とソ連・フルシチョフ首相の対話によって、核戦争が回避されています。

 

 そのキューバ危機と同様の米露核戦争危機がクリミア半島で起きていた可能性があります。これほど重大なニュースをマスコミは何故、報道しないのでしょうか。今のマスコミはほんとうにどうしようもありません。

 

3.やっぱり、米国戦争屋ネオコンは狂人集団だった

 

2003年から10年以上、本格的戦争を行っていない米国戦争屋ネオコンは、アンチ米戦争屋のオバマ政権が二期も続いて、もう発狂しており、戦争中毒の禁断症状がでていると本ブログではみていました(注5)。案の定、彼らは米露核戦争を画策していたということですが、もう狂っているとしか言いようがありません。ところが、安倍自民党と日本政府はこのような狂人集団に乗っ取られているのです。

 

なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。

 

 一方、プーチンは20153月某日、核戦争を辞さないという過激な発言をして、そのことを315日にロシア国営放送を通じて全世界に公表しています(注6)。

 

 そのニュースに対し、米戦争屋ネオコンに乗っ取られている日本では、アンチ・プーチン勢力(悪徳ペンタゴン日本人勢力を含む)が大騒ぎして、核使用威嚇を行ったプーチンを罵倒しました。

 

 しかしながら、ロシアに核戦争を仕掛けようとしていたのは、案の定、米戦争屋ネオコンの方でした。ところが、日本のマスコミは米戦争屋ネオコンに牛耳られていますから、プーチン発言だけを取り上げて、プーチンをワルモノ扱いしたのです。プーチンはオバマが対露限定核攻撃命令を出したことを知って、核戦争も辞さないと発言したということです。

 

4.昨年11月の中間選挙で、米共和党が勝利して以来、米戦争屋ネオコンは米露核戦争をオバマに強要していたようだ

 

 オバマ政権の国防長官ヘーゲルは昨年の中間選挙後、唐突に辞任させられましたが、米国報道(注1)によれば、米戦争屋ネオコンから、米軍の対露先制攻撃を強要されて拒否したからのようです。もし辞任しなかったら、暗殺されていたかもしれません。ヘーゲルは、ケリー国務長官同様に、ベトナム戦争経験者であり、筋金入りの反戦主義者です、だから、オバマはヘーゲルやケリーを登用しています(注7)。ちなみに、上記、コール代将とヘーゲルは連携して、命がけで米戦争屋ネオコンに逆らったと思われます。

 

 要人暗殺や偽旗テロ殺人を平気で行う、戦争中毒の狂人勢力・米戦争屋ネオコンに逆らうのがいかに大変か、よくわかります。

 

 日本の安倍自民党や官僚も、凶暴な米戦争屋ネオコンに恫喝されると言いなりになるわけですが、ヘーゲルやコールは命がけで米戦争屋ネオコンに逆らってきたようです。

 

 米戦争屋ネオコンのいいなりになったら、核戦争が起きて、世界は破滅してしまいます、だから、米国政府中枢部には、命がけで米戦争屋ネオコンと対峙する勇気ある人物がまだいるということです。情けない日本の指導層と比べて、ほんとうにうらやましい。

 

5.オバマは米戦争屋ネオコンの恫喝に屈したのか

 

 上記の米国発のロシア情報(注1)では、オバマは米戦争屋ネオコンの要求に屈して、対露限定核攻撃命令を出したようですが、これは辛い命令だったでしょう。

 

 もし、米戦争屋ネオコンの要求を拒否すれば、ケネディ暗殺と同様の仕打ちが待っています、そこで、オモテムキ、命令を出して、ヘーゲルとコールが拒否したことにして、その場を繕ったのでしょう、とりあえず・・・。

 

 オバマの背後には、欧州での核戦争を嫌う欧州寡頭勢力が控えていますから、水面下で欧州寡頭勢力に頼んで、プーチンに核戦争も辞さないと発言させて、かろうじて、米露核戦争勃発をひとまず回避したのでしょう。

 

 一方、それでは収まらない米戦争屋ネオコンはこのまま引き下がることはあり得ません。

 

 本ブログでは、米戦争屋ネオコンおよびイスラエル・ネオコンは、すでに、限定的核攻撃用の小型核兵器を開発しているとみています(注5)。なぜなら、9.11事件や3.11事件にて、そのような核爆弾が使用されていると疑われるからです。

 

 2013年、イスラエルがシリアに対して行った空爆で、小型核爆弾が使用された疑いが持たれています(注8)。

 

 われら日本人は、核爆弾と言えば、広島・長崎の原爆や、きのこ雲の巨大な核爆発(従来型の核爆弾)を連想しますが、その感覚はもう時代遅れです。

 

注1:Before it’s news “Top US Commander Under Arrest For Refusing To Fire NukesAt Russia2015319

 

注2:ロシア対外情報庁

 

注3:Navy TimesTACAMO wing CO fired amid investigation2015319

 

注4:キューバ危機

 

注5:本ブログNo.1087核戦争も辞さないと発言したプーチンは第三次世界大戦の危機に気付いている:戦争中毒で禁断症状の出ている米国某勢力はウクライナに次いで米国でもクーデターを計画しているのか』2015319

 

注6:本ブログNo.1085ロシア・プーチンは核戦争する覚悟ができている:米国戦争屋と対立する欧州寡頭勢力は米ドル基軸通貨体制を崩壊させて、世界統一通貨フェニックスで世界再編を計画?』2015316

 

注7:本ブログNo.1016反戦のヘーゲル米国防長官辞任:中間選挙でネオコンが復活した米国は来年シリア戦争を始める、そして日本の自衛隊員が犠牲になる』20141124

 

注8:YouTubeIsrael is a nuclear attack about Syria”2013820

以上は「新ベンチャー革命」より 
日本のマスコミは国民に真実の情報を流さないので、国民は情報鎖国の状態にあります。したがって、今何が国際間で問題になっているのか正確には知らないのです。一方的にロシアを悪者にしたうその情報を流すのです。クリミヤを訪問した鳩山元総理の発言はまさにそのことを言ったのです。日本国民は正しい情報を知らされていないのです。以上

« 調査スクープ!原発近隣住民の間で「悪性リンパ腫」多発の兆し(3/5) | トップページ | 小鳥が自ら腸を吸収して3日間飛び続けることが判明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 調査スクープ!原発近隣住民の間で「悪性リンパ腫」多発の兆し(3/5) | トップページ | 小鳥が自ら腸を吸収して3日間飛び続けることが判明 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ