カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 石郷岡健氏、私は米国の発言は気にしない | トップページ | トヨタ地獄 »

2015年5月25日 (月)

仏マスコミ「ロシアは、いかに米国に対抗する必要があるかフランスに見本を見せるだろう」

仏マスコミ「ロシアは、いかに米国に対抗する必要があるかフランスに見本を見せるだろう」

仏マスコミ「ロシアは、いかに米国に対抗する必要があるかフランスに見本を見せるだろう」

フランスの複数のマスコミは「ロシア及びプーチン大統領に敵対したことでフランスは、自らの根っこを忘れ、米国のイデオロギー的怒りに屈してしまった」との見方を示している。

フランスのジャーナリストらは「米国のプロパガンダにより、フランス人は、歴史的に両国民の間には密接な交流があったにもかかわらず、ロシア人は敵だと考えるようになっている」と指摘し「今やロシア政府は、フランス政府のための抵抗の模範となるべきであり、フランス政府に歴史的記憶を思い起こさせなければならない」と強調した。

 特に雑誌Boulevard Voltaireのジャン-シリル・ワディ評論員は「フランス人は忘れっぽい国民だ」とし「歴史に反して米国の側につき、ロシア人は敵だという彼らの主張を信じ込んだ」と指摘し、次のように続けた―

「フランス人は、まさに米国人がウクライナを不安定化させたこと、事実上ロシア人同士を敵対させたことを分かっていない。今や米国は、自らの破壊的戦略を現実のものにしようと行動し続けている。すでに半世紀にわたり、米国は、南アメリカや中東、アジアそしてアフリカで、国家クーデターや革命を挑発してきた。米国は、これまで自分達の意のままにならない国々をマリオネットのように操るためには、あらゆる手段を用いるものである。」

RT

  • シェアする

« 石郷岡健氏、私は米国の発言は気にしない | トップページ | トヨタ地獄 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 石郷岡健氏、私は米国の発言は気にしない | トップページ | トヨタ地獄 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ