カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • アメリカ破産
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • コロナワクチン解毒方法
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • デジタルID
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • パンデミック合意
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 不正選挙
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 池田創価学会
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • 5G
  • lgbtq
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« テスラの発電機はモロッコで起動中 | トップページ | 現実化してきた佐野さんの技術 »

2015年5月12日 (火)

「重要資料につき再掲」スノーデンは、NSAを暴露するために一流コンサル会社の仕事に就いた

【重要資料につき再掲】 スノーデンは、NSAを暴露するために一流コンサル会社の仕事に就いた 『TECHCRUNCH JAPAN』

tc.jpg
『TECHCRUNCH JAPAN』 2013年6月25日

【飯山一郎のコメント】:ロイターの報道によると、キース・アレキサンダー陸軍大将は、米国の最高位の諜報機関NSA(国家安全保障局)を去ることになった!という。
これは大変なニュースである。
NSAというアメリカの奥の院が様変わりするからだ。
詳しくは『本当の米国大統領は この人物 !!』に書いたので是非とも読んででいただきたい。
ともかく、スノーデンという高校中退のアメリカの青年が、米国のウラの大統領とも言えるキース・アレキサンダーNSA長官の首を(計画的に)取ったのである。
計画的であった! このことが理解できる重要資料が本稿である。
キーワードは、コンサルティング会社のBooz Allen Hamilton。この会社の闇は深い。
闇が深いというのは…、キース・アレキサンダー陸軍大将と関係が深いだけでなく、ブッシュ家も、なんとプーチンのスパイも入り込んでいた!という噂がアメリカのネットで囁かれていたからである。
スノーデンと、プーチンと、オバマ。
このトリオは、世界の政治の構造を大きく変える! そんな予感がする。(飯山一郎)

スノーデンは、NSAを暴露するために一流コンサル会社の仕事に就いた

SND国家安全保障局(NSA)のスパイ活動通報者、Edward Snowdenは、使命をもった男だった。最新のインタビューによると、彼はNSAの暴露を目的に同局と民間契約を結んだ。「[コンサルティング会社の]Booz Allen Hamiltonの立場を利用して、NSAがハックした世界中のマシンのリストを見ることができた」と6月12日付The South China Morning Postに語っている。「3ヵ月前にあの仕事を引き受けたのはそれが目的だった」。

Snowdenは、偶然生まれたヒーローのように描かれることが多い。情報収集の仕事にうんざりしてNSAに挑んだというわけだ。しかし、ある時点で彼はずっと計算高くなったようだ。今年の1月、香港に着く4ヵ月前、彼はドキュメンタリー監督のローラ・ポイトラスに接触し「政府情報機関に関する情報を持っている」と主張した。
NSAは、大卒でも、大したビジネス経験があるわけでもない人物に、最高機密のスパイ技術へのアクセスを許したことで集中砲火を浴びている。この採用に困惑したチャック・ヘーゲル国防長官は、個人アナリスト契約手続きの全面見直しに入った。彼らは国防省人員の22%(経費は50%)を占めている。

SnowdenはThe South China Morning Postに対して、リークは慎重に行ってきたことも語った。最高機密のインターネット詮索プログラム、PRISMに関する未公開のスライドはまだ37枚ある。「それらを公開しなかったのは、内容に関係なく大量の文書をばらまくことはしたくなかったから」と彼は言った。この発言は、文書ばらまき屋のWikileaksに対する間接的非難ともとられかねない。現在彼らはSnowdenの亡命を支援している。

おそらくBooz Allenの面接官は、Snowdenが同社を大規模な最高機密スパイ作戦に巻き込む意志があるかどうかを確認すべきだった。そうすれば一切の混乱も避けられただろうに。

[原文へ]

« テスラの発電機はモロッコで起動中 | トップページ | 現実化してきた佐野さんの技術 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テスラの発電機はモロッコで起動中 | トップページ | 現実化してきた佐野さんの技術 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ