カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« テキサス州ウエーコで起きている暴走族の銃撃戦はイルミナテイ・カードにも! | トップページ | パワーシフト~欧州が米国を捨て、中国についた日(6/6) »

2015年6月29日 (月)

日本支配の本丸「CSIS」

日本支配の本丸「CSIS」
 
匿名希望 15/06/15 PM01

ブログ「今この時&あの日あの時」さんの記事かを引用、紹介します。
リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■日本支配の本丸「CSIS」について

米国の「CSIS」(米戦略国際問題研究所)は、ロックフェラー肝煎りで1962,年に設立されたネオコン系民間シンクタンクである。いわゆるジャパンハンドラーと呼ばれる連中によって構成されている。日本にとって無視できないのは、郵政民営化など米国は近年日本政府の方針に露骨に口を出してきているが、介入元はこのCSISとみられることである。安倍を再登板させたのもこの組織である。それは初訪米でオバマから袖にされ赤っ恥をかいた安倍がここに呼ばれ、卑屈極まりない挨拶をしたことからもうかがい知れる。CSISは小泉進次郎ら自民党議員のみならず、民主、公明など政党横断的に魔手を伸ばし、それは日米合同委員会を構成するわが国官僚などにも同様である。現在の歪んだ日米関係を考えるのに、CSISは避けて通れない問題だと思われるのである。

【追記】
 デビッド・ロックフェラーが失脚し戦争屋ロックフェラーの没落、代わって金融屋ロスチャイルドが世界盟主の座に返り咲いたと言われている。が、ことわが国に限っては、安倍が米国議会で「戦争法案の夏までの成立」を約束させられたように、ロクフェ息がかりのCSIS指令は大健在のようである。政も官も、世界潮流の深部の動きを完全に読み違えているのではないか?

以上、引用終わり

以上は「るいネット」より

日本は米国の代理店みたいな存在です。特に安倍政権はそれが露骨です。自国のことを帰りみていません。                             以上

« テキサス州ウエーコで起きている暴走族の銃撃戦はイルミナテイ・カードにも! | トップページ | パワーシフト~欧州が米国を捨て、中国についた日(6/6) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本支配の本丸「CSIS」:

« テキサス州ウエーコで起きている暴走族の銃撃戦はイルミナテイ・カードにも! | トップページ | パワーシフト~欧州が米国を捨て、中国についた日(6/6) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ