カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« カザフスタンのサイガ・アンテロープの大量死は「全生息数の半数」の12万7000頭に達して突然終息 | トップページ | 便座まで爆買いする中国人の”日本製信仰”(2/3) »

2015年7月18日 (土)

夏のインドネシア・パプア州に10日間以上「氷」が降り続いている

2015年07月15日


夏のインドネシア・パプア州に10日間以上「氷」が降り続いている

papua-hail.gif

▲ 2015年07月14日のインドネシア Regional より。


パプアニューギニアと隣接するインドネシアのパプア州で、「氷の被害」が出ています。

すでに 10日間も雹やあられが長く降り続く気候が続いているということですが、これは、一時的に激しく降るというような一般的な雹とは違い、「まるで雪のように」毎日降り続けているのだそうです。

パプア州は下の位置にあり、雪や氷の被害とは無縁そうな場所ですが、何日間も降り続く氷によって、農作物が壊滅的な被害を受けてしまっているとされています。

papua-map.gif
Google Map


報道によれば、この氷は 7月5日から降り始めて、すでに 10日間も降り続けているそうで、農地の多くが被害を受けているため、食料不足が起きる可能性があるとしています。

氷の被害を受けている農地と住民の人たち
papua-ice.jpg
detiknews


今年の夏は、南半球では記録的な寒さとなっている場所が多く、南米やニュージーランドなどで、記録的な寒波が報じられていますが、パプア州も南半球よりですので、関係あるのかもしれません。

熱波に見舞われる場所と、激しい寒波に見舞われる場所の差がますます大きくなっていて、このような「インドネシアで夏の雪」というような、稀な気候も今後さらにいろいろな場所で見られるのかもしれません。
以上は「地球の記録」より
赤道に近い場所なのにこのように寒いとは驚きです。日本は逆に赤道直下のような酷暑が続いています。恐ろしい気候の激変です。              以上
 

 

« カザフスタンのサイガ・アンテロープの大量死は「全生息数の半数」の12万7000頭に達して突然終息 | トップページ | 便座まで爆買いする中国人の”日本製信仰”(2/3) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« カザフスタンのサイガ・アンテロープの大量死は「全生息数の半数」の12万7000頭に達して突然終息 | トップページ | 便座まで爆買いする中国人の”日本製信仰”(2/3) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ