カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« AIIB事変で世界が一変、ウクライナ訪問で問われる安倍外交の真価(2/5) | トップページ | 安倍首相、菅官房長官、中谷防衛相はいつまで「忠犬ポチ公」であり続けるつもりなのか? »

2015年7月18日 (土)

カザフスタンのサイガ・アンテロープの大量死は「全生息数の半数」の12万7000頭に達して突然終息

2015年06月10日


カザフスタンのサイガ・アンテロープの大量死は「全生息数の半数」の12万7000頭に達して突然終息


saiga-dieoff-ends.gif

▲ 2015年06月05日の The Wild Life より。


毎日2万7千頭ずつ死亡していく修羅場の中で

先月、

カザフスタンで絶滅危惧種のサイガ・アンテロープが「たった数日間で8万頭以上の謎の大量死」
 2015年05月26日

でご紹介しました、カザフスタンでのサイガ・アンテロープの大量死は、12万7000頭が死亡した時点で、連続死が「突然」終息したと報道されています。

しかし、その間に「毎日 2万7000頭ずつ死んでいく」という壮絶な状況が展開していたようです。

下の写真は、カザフスタンの生物多様性保全協会の会長、ステフェ・ズツァー( Steffen Zuther )氏が撮影したもので、これは群のすべてが死亡した状況です。

dead-saiga.jpg
・The Wild Life

記事には、「母親のお腹の上に横たわって子どもたちが死んでいる」とあります。

サイガ・アンテロープは絶滅危惧種ですが、全世界の生息数は 25万頭程度とされていて、今回の大量死の数 12万7000頭は、その半数が死亡したということになります。

大量死の原因ですが、冒頭のワイルド・ライフの記事によりますと、現時点では、科学者にも「謎」とされています。

最も可能性が高いのが、パスツレラ症といわれる感染症、あるいは、クロストリジウム属という細菌が原因ではないかとされていますが、あまりにも膨大で急速な大量死であり、そのあたりに関しては、現時点では「謎」となっています。

そして、さらに不思議だとして書かれていることは、それまで毎日のように2万頭以上が死亡し続けていたのに、「ある日、突然大量死が停止した」ことです。

感染症ならもう少し余韻のある終息の仕方をしそうですが、このあたりも謎といわれるところかもしれません。

最近は大量死が多いといえば多いですが、このサイガ・アンテロープの大量死は、その原因なども含めて、いろいろと考えさせられる出来事のひとつといえそうです。
以上は「地球の記録」より
原因が不明の様ですが、ウイルスによるものなのか、あるいは自然淘汰なのか不安なことです。この種の絶滅は他の生物でも進行中ですから、もっと基本的な原因があるように思われます。人類にとっても他人事ではありません。              以上

« AIIB事変で世界が一変、ウクライナ訪問で問われる安倍外交の真価(2/5) | トップページ | 安倍首相、菅官房長官、中谷防衛相はいつまで「忠犬ポチ公」であり続けるつもりなのか? »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AIIB事変で世界が一変、ウクライナ訪問で問われる安倍外交の真価(2/5) | トップページ | 安倍首相、菅官房長官、中谷防衛相はいつまで「忠犬ポチ公」であり続けるつもりなのか? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ