カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« ハトよシベリアに翔べ! | トップページ | オバマ大統領は、新たにイラクに米兵450人派兵を命令するも勝利は無理  »

2015年7月14日 (火)

人口減少が加速!出産ピークと福島原発事故の相乗効果

2015.06.10 21:00|カテゴリ:ニュースコメント(13)

人口減少が加速!出生率1.42で9年ぶりに前年以下!死亡者数は127万3020人で戦後最多に!出産ピークと福島原発事故の相乗効果


20150610051837oipipoi.jpg
*人口統計


☆厚生労働省 平成26年人口動態統計月報年計(概数)の概況
URL http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai14/index.html

20150610051013sdpfo1.jpg
20150610051027asdopi2.jpg
20150610051055asdpo@3.jpg
20150610051130sdpf@o3.jpg
20150610051215sdfpo@5.jpg
20150610051248asdop@6.jpg

☆出生率1.42、9年ぶり前年下回る 2014年
URL http://www.asahi.com/articles/ASH65360CH65UTFL002.html

引用:
2014年の合計特殊出生率は1・42で、前年を0・01ポイント下回った。前年を下回るのは過去最低だった05年(1・26)以来9年ぶりで、緩やかな回復傾向にブレーキがかかった。厚生労働省が5日に発表した人口動態統計でわかった。人口を維持できる水準とはかけ離れており、今後も人口減が続いていく見通しだ。

母親の年代別では30代と40代の出生率は上がったが、20代は下がった。第1子を産んだ時の平均年齢は30・6歳で、前年より0・2歳上がった。昨年1年間に生まれた子の数は100万3532人で過去最少を更新。前年より2万6284人少なく、前年の減少数(7415人)より拡大した。

 一方、死亡者数は127万3020人で戦後最多。出生数から死亡者数を引いた自然減数の26万9488人も過去最多となった。婚姻をしたのは64万3740組で戦後最少。初婚年齢の平均は夫31・1歳、妻29・4歳で、いずれも前年よりわずかに上がった。
:引用終了

☆団塊ジュニアの出産、ピーク過ぎる 人口減加速へ
URL http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS05H9D_V00C15A6EE8000/

引用: 
 1人の女性が生涯で産む子どもの数を推計した合計特殊出生率が再び低下に転じた。40歳代前半に達した「団塊ジュニア」世代の出産がピークを越えたことで今後の出生率はゆるやかな低下傾向をたどり、日本の人口減少ペースは今よりも加速する公算が大きい。経済の活力を維持するには官民が少子化対策に注力すると同時に、人口減を前提とした経済構造への転換を急ぐ必要がありそうだ。
:引用終了

☆人口が激減するウクライナ
URL http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/genpatsu/ukraine1.html

ウクライナの人口統計グラフ
o0600036512410303389.jpg
ウクライナ人口変動の地図
o0571043412410308088.jpg
o0572045012410308087.jpg

☆ベラルーシーからわかる「放射能被害」の実態。  がんや催奇性よりも心臓病や突然死のほうが問題だ。
URL http://ryuma681.blog47.fc2.com/blog-entry-464.html

引用:
o0800047712176500820.jpg
ベラルーシの住民の死因のうち主なものは心臓病と悪性腫瘍である。最大死因である心臓病が統計的に有意な増加を示していること、中でもチェルノブイリ原発事故の後処理に関わった人びとの間で増加していることには不安を禁じえない。

 食物から永久的・慢性的に摂取される状況下において、放射性核種セシウム137は甲状腺、心臓、腎臓、脾臓、大脳など、生命活動のために重要な臓器に蓄積される。これらの臓器が受ける影響の度合いは様々である。
o0373016612176500819.jpg
臓器別含有量 1 –心筋, 2 –脳, 3 –肝臓, 4 – 甲状腺, 5 –腎臓, 6 –脾臓, 7 –骨格筋, 8 –小腸
   
ゴメリ地方住民の死体解剖時の放射測定データによる成人(青)と子ども(赤)の臓器別セシウム137含有量 
:引用終了



いよいよ、チェルノブイリ原発事故後のウクライナの人口統計と似たような推移になってきましたね。

大手メディアは「団塊ジュニアの出産、ピーク過ぎる」と報じていますが、出産率以上に死亡数の激増が深刻です。死亡者数は127万3020人で戦後最多を更新しており、出生数から死亡者数を引いた自然減数の26万9488人も過去最多となりました。
これは太平洋戦争時に記録した死者の伸び率を上回る記録で、平成23年から平成25年の累計死亡者数は360万人以上となっています。

特に福島原発事故後の死者の伸び率が異常なほどで、着実に日本という国が放射能に汚染されている証拠だと言えるでしょう。日本の人口は放射能と少子高齢化の相乗効果で、5000万人程度にまで急減少するという予測もあります。本番はこれから来ることを覚悟する必要があり、今回の減少もある種の準備段階だと見ておくべきです。

関連過去記事

☆【ヤバイ】福島でがん患者が6000%も増加!?福島県の小児甲状腺がん検査、2巡目で癌確定が計86人に!心筋梗塞や各種腫瘍等も増加傾向!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5775.html

以上は「真実を探すブログ」より

今後ますます減少するでしょう。福島原発事故による放射能汚染の被害が現実化するからです。                         以上

« ハトよシベリアに翔べ! | トップページ | オバマ大統領は、新たにイラクに米兵450人派兵を命令するも勝利は無理  »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/60329704

この記事へのトラックバック一覧です: 人口減少が加速!出産ピークと福島原発事故の相乗効果:

« ハトよシベリアに翔べ! | トップページ | オバマ大統領は、新たにイラクに米兵450人派兵を命令するも勝利は無理  »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ