最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« IMFが寛大な姿勢を見せているウクライナ、そのオデッサの知事のスタッフは米国政府が給料を払う | トップページ | 私たち人間は太古の昔から「数十億の守護細胞」にガンから守られている »

2015年7月11日 (土)

シベリアの大学、人骨繊維の類似素材の開発に成功

顕微鏡

シベリアの大学、人骨繊維の類似素材の開発に成功

©             Sputnik/ Valery Melnikov
サイエンス
短縮 URL
7210
シベリアの国家研究原子力大学付属セヴェルスク技術大学が人間の骨を再生できる新素材の開発に成功。骨折、ひびの治療に用いることで、この素材はしばらくの時間の経過の後、人骨の完全な一部となる。

新物質は人体組織の拒否反応を起こさない。外科的治療のほかにも歯科、美容整形科など、応用範囲は広い。

開発者らが「骨用セメント」と呼ぶ新素材は以外や偶然から誕生した。研究者らが当初取り組んでいたのは、チタン製人工器官を移植した際に患者の健康回復を早める素材だった。ところが「まてよ。チタンのように丈夫だが、鉄を混ぜない素材を作ったらいいのでは」と思ったという。

素材の成分はオール天然。このため移植しても人体はセメントなど、異物に対するようには拒否反応を示さず、逆に回復速度が速まる。最終的には血管も神経線維も入った本物の骨繊維が出来上がり、チタンのようにあとで人体から取り出す必要はない。

新素材の生産はペテルブルグで開始される予定。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/science/20150404/148681.html#ixzz3WLMIsUUC

以上は「sputnik」より

早く実用化してほしいものです。                  以上

« IMFが寛大な姿勢を見せているウクライナ、そのオデッサの知事のスタッフは米国政府が給料を払う | トップページ | 私たち人間は太古の昔から「数十億の守護細胞」にガンから守られている »

医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シベリアの大学、人骨繊維の類似素材の開発に成功:

« IMFが寛大な姿勢を見せているウクライナ、そのオデッサの知事のスタッフは米国政府が給料を払う | トップページ | 私たち人間は太古の昔から「数十億の守護細胞」にガンから守られている »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ