カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 安保法制と日米ガイドラインは日本の抑止力を高めない(上)(5/5) | トップページ | アイスランドの地質に何が?:6月30日から突如として始まった「非火山性」の群発地震 »

2015年8月19日 (水)

地球の日の大噴火と母なる山の大地震(2)

地球の日の大噴火と母なる山の大地震2

 
  4月21日、箱根のワインディングロードと芦ノ湖スカイラインに
  日本初の“ヱヴァンゲリヲン・メロディペーブ”が完成する。
  父なる越の九頭竜に箱根山が連動する可能性が高まってるトコに、
  「残酷な天使のテーゼ」とはね...  by「大和と武蔵」 

というわけで箱根山が動いた。
AKIRAのネオ東京ならぬ、ヱヴァの第三新東京市が動いた。

箱根に「残酷な天使のテーゼ」がセッティングされた翌4月22日は、母なる地球の日。
鹿児島地裁が川内(せんだい)原発の再稼動差し止め仮処分申請を却下。
首相官邸に"フクシマのどろ~ん" ヘ(~~ヘ)。
チリのカルブコ山が大噴火。噴煙に走る巨人が出現して話題になった。
『進撃の巨人』かよっ

2015.4.24カルブコ山進撃の巨人 http://www.mirror.co.uk/news/calbuco-volcano

芦ノ湖は巨人ダイダラボッチの足あと。
富士箱根の巨人伝説は岩戸神話のタヂカラヲに直結する。
太陽のミロクにつぐ第2の祝戸びらきがそう遠くはないってことだろう。

残酷な天使のテーゼ+チリの大噴火⇒第三新東京市の噴火警報。
ってことは残酷な天使のテーゼ+フクシマのどろ~んも、とうぜんながらいずれ事象化する。そのGOサインを鹿児島地裁が出してしまったわけだ。
鹿児島市旗なんの因果か地裁がある鹿児島市の市旗は〇に十字と桜島。〇に十字はミロクの標章。桜島は月読の火山。すなわち"月のミロク"を意味する。

ヱヴァンゲリヲン20周年を記念して、ことし『ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト』が企画された。現象世界では目標金額に達せず4月5日に終了したが、事象世界ではプロジェクトは生きている。だからこそ箱根も動いた。

ロンギヌスの槍はキリストを刺した槍。それを月に刺すのは月を救世主に見立てること。
いわば"月のミロク"プロジェクトである。
残酷な天使のテーゼ+大噴火と、月のミロクプロジェクト...。
つまりどう考えたって、事象のロンギヌスの槍が突き刺さる可能性がもっとも高いのは姶良カルデラとともに膨張をつづける桜島なのだ。

桜島山体膨張桜島・有村観測坑道の伸縮変動<気象庁>

冥王星(プルート)~プルトニムの発見と同時期に誕生した桜島の昭和火口が太平洋戦争のミソギ、昭和のミソギ、近代の清算のために2006年6月に60年ぶりに目ざめたことは、これまで書いてきた。
その桜島が"死と原子力"の再稼動元年たる2015年に、なぜ1月1日から山体膨張を開始したのか、なぜ再稼動第1号が〇に十字の鹿児島なのか、そのできすぎた偶然の意味をできるだけ多くの方に考えてほしいと思う。

いまのシクミは2005年福岡県西方沖地震からはじまったものだが、シクミの母体ははるか以前から存在している。
核は単なる兵器やエネルギーではない。人類と文明のカルマの最たる象徴だ。
かつて原発ゼロの金環蝕で太陽のミロクが誕生したように、こんどは原発再稼働の鹿児島の巨大噴火が月のミロク誕生を告げるのだろう。

ヱヴァ1ヱヴァ2 『新世紀ヱヴァンゲリヲン』

すでにみなさんご承知のとおり、志登(シト)襲来だよね。
去年R202ナガサキへの道で志登神社が放火されなければならなかったのはなぜか。なぜ翌日川内原発の審査合格が発表されたのだ?
しかも人類初のトリニティ原爆実験の日7月16日に。

志登(=使徒)+川内原発+原爆実験。
残酷な天使のテーゼ+川内原発+フクシマ。まったくおなじ構図だ。

いよいよナガサキへの道=「水蛭子のうみの十字」が本格化する。
今回の箱根山の反応は、そのオープニングにすぎない...。
                             
                              つづく


☆追記☆5月25日埼玉県北部地震について

5月25日に埼玉北部を震源とする震度5弱が発生しました。
M5.5。北緯36度3分。東経139度38分。

箱根山の火山性地震の過去最多記録はまず5月5日。
ついで10日に369回で記録更新。さらに15日に500回。
最近やたら5の倍数が多いです。
5月20日は伊方原発プルサーマル3号機の合格証でしたね。

大きな地震だからヤバいとは限りませんが、今回のはほんとにヤバい地震です。

1)まずポイントは、中央構造線とミロクライン。
愛媛の伊方原発も、もろに中央構造線ですよね。
もちろん無関係じゃありません。なんせ「核をめぐるトモダチ作戦」の艮のオオナムチの地震ですから。
この日、川内原発再稼働時期について、1号機は7月下旬、2号機は9月下旬だと九州電力がはじめて明らかにしましたね。またまた川内原発がらみです。

2)つぎに5月25日という日付。
箱根山の5月5日に対応してるのはもちろんですが、2011年のこの日は「児玉でしょうか」のアタック25日。
 ⇒『緊急アタック25』
 ⇒『こだまでしょうか(1)』
出雲ではスサノヲのヤマタノヲロチ退治の剣が折られ、R369では道路が陥没しましたね。阿修羅の興福寺(藤原氏)の古井戸でした。
ちなみに【ミロクの〈誠〉の十字】のヨコのラインが、この藤原氏R369ラインです。

母なる水のミソギのこだまでしょうか。
スサノヲ+ミロクのアタック25日は、父なる火のミソギのはじまりを告げた最初の事象でした。
埼玉の震度5弱はあきらかにこれを意識しています。

また北陸新幹線(金沢)の加賀前田家が道真の子孫だってことは書きましたが、道真公の縁日は25日。
道真公もかんでいます。

3)もうひとつのキーワードが、クイズです。
あの地震って艮のオオナムチからのクイズなんです。

震源は埼玉県久喜市の菖蒲町昭和沼。
エホバの使いが日高見のマリアに殺された名古屋市昭和区。本文中の桜島昭和火口とおなじ「昭和」。しかも菖蒲=勝負です。
M5.5だし、菖蒲も5月5日につながりますね。

神社は久伊豆神社。祭神はオオナムチ。
ひさいずだけど、クイズと読めます。
じっさい岩槻の久伊豆神社はクイズ製作者のメッカだそうです。

久伊豆神社の分布域は、フォッサマグナの柏崎千葉構造線、および中央構造線の交差域に関係すると思われます。
つまり、糸魚川静岡構造線と中央構造線が交差し、今回の地震とおなじミロクラインにある諏訪大社と対応します。
諏訪大社はオオナムチの息子のタケミナカタですしね。

また、日光二荒山神社や、伊豆半島のつけ根にある真鶴岬の貴船神社のオオナムチを通して箱根ともつながっています。去年貴船祭りで小早船が転覆しました。あれもまた伊豆箱根の反応のひとつ。ことしの箱根山の異変を告げていたといえます。

まあ要するに、フォッサマグナで「291の道」の終点柏崎につながり、
中央構造線でプルサーマル伊方原発につながるクロスポイントを揺らして、
艮のオオナムチはこんなクイズを出したわけッス。

これからはじまる昭和(の清算)への神々の勝負ってな~んだ?

沼だけに、ドロ沼になりそう。


☆速報・口永部島噴火ほか

まず28日の大阪府北部M3.6、深さ10kmの事象源は住吉大社だと思われます。正確な震源位置の発表はまだですが。
前に奥羽山脈のマグマ噴出のビジョンで、住吉三神の海底の神、底筒之男神の出現を紹介しました。その住吉大社です。

博多住吉神社では2013年10月に、安部整形外科医院火災で「十の火」が示されましたね。
日本三大住吉は博多、下関、大阪です。今後の住吉連動に注意が必要です。

住吉大社といえば神功皇后。
すでに福岡の警固神社で稲荷が破壊されてますから、博多住吉神社とおなじ福岡1区の志賀海神社をふくめた神功皇后の事象連鎖にも要注意です。
水蛭子のうみの十字の宇美八幡宮もそうですね。

29日9:59に鹿児島の口永部島が噴火。全島に避難指示が出ました。

5月27日、川内原発、初の審査終了=7月再稼働。
28日、「THE WINDS OF GOD」の今井雅之さん癌で死去。
29日、口永良部島噴火。

川内原発と神風特攻隊と口永良部島。
この共通項は〇に十字の鹿児島です。

さらにいえば、導かれるのは太平洋戦争のミソギと昭和の清算をテーマとする桜島昭和火口。
川内原発が再稼動予定の今夏以降は、みなさんそれぞれに警戒レベルの引き上げをお勧めします。
個人的には避難指示のレベル5に引き上げるつもりです。

28日には漫才コンビ今いくよ・くるよさんのいくよさんも癌で亡くなっています。
「今いくよ」。
これもメッセージ。

4月27日に下鴨神社(賀茂御祖神社)の御遷座の儀が行われました。
じつはこれも鹿児島とつながっている。
鴨族の故郷が鹿児島だからです。ウガヤの日向王朝にさかのぼります。

福井県勝山市の前園准教授の事件と北陸新幹線かがやきのトコで書いた、鹿児島の指宿にある開聞岳の反応にも注意です。

上賀茂神社の式年遷宮は10月中旬に行われます。
事象を予測する上で、ひとつのポイントになります。

くり返しますが、3月14日の北陸新幹線開業と国連防災世界会議で、父なる火のミソギと母なる水のミソギの同時進行はすでにスタートしています。
本格化してゆくのは再稼動の夏以降だと思われますが、すくなくとも2017年までは結果待ちの状況にいることを忘れないでいただければと思います。
以上は「神々が動いている」ブログより

« 安保法制と日米ガイドラインは日本の抑止力を高めない(上)(5/5) | トップページ | アイスランドの地質に何が?:6月30日から突如として始まった「非火山性」の群発地震 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球の日の大噴火と母なる山の大地震(2):

« 安保法制と日米ガイドラインは日本の抑止力を高めない(上)(5/5) | トップページ | アイスランドの地質に何が?:6月30日から突如として始まった「非火山性」の群発地震 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ