カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた(6) | トップページ | 「太陽系で最大の火山」が太平洋で発見される、その1・・・しかも日本の隣りに »

2015年8月11日 (火)

2桁減少が続出した白物家電出荷額(4月)

二けた減少が続出した白物家電出荷額(4月)
 
新聞会 15/05/30 PM10
NEVADAブログリンクより転載します。
-------------------------------------------------
4月の国内白物家電出荷額は総額で1404億3400万円となり、一年前に比べ8.4%減少となっており、7カ月連続のマイナスとなっていますが、内容を見ますと二けた減少となっている物が多くあります。

ルームエアコン -15.0% 317億1100万円 *12ヶ月連続減少
冷蔵庫      -21.4% 257億4100万円 *7ヶ月連続減少
洗濯機      -11.9% 216億4900万円 *7ヶ月連続減少


上記はメーカーの出荷額であり、末端では販売不振の為にヤマダ電機のように46店舗の閉鎖を発表するところも出てきており(この閉鎖は更に増えるとも言われています)、今後販売不振が続けば末端で在庫が積み上がり大乱売合戦に突入し、赤字続出となるでしょうし、出荷台数・額も更に減少することになります。

景気が回復していると言われている中、軽自動車の販売も落ちてきており、家電・軽自動車部門が失速して、
かつ新築の家・マンションの販売も異変が起こっており、統計・株価の上昇とは違って末端の景気は底抜けする寸前に来ているのかも知れません。
------------------------------------------------
以上です。
 
 

  以上は「るいネット」より

日米とも真相は景気悪化しているのです。それを良いように数字を誤魔化しているのです。米国は景気が良いので利上げをいつやるかとしていますがこれはウソで実態は逆です。景気が良く無いので利下げしたいのです。しかしそれができないので嘘を付き通しているのです。日本の株式上昇も日銀の買い上げで上げているのです。これをやめれば暴落します。アベノミクスの失敗が暴露するので無理して上げているだけです。以上

« 同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた(6) | トップページ | 「太陽系で最大の火山」が太平洋で発見される、その1・・・しかも日本の隣りに »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2桁減少が続出した白物家電出荷額(4月):

« 同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた(6) | トップページ | 「太陽系で最大の火山」が太平洋で発見される、その1・・・しかも日本の隣りに »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ