カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 地球の日の大噴火と母なる山の大地震(2) | トップページ | 憲法9条とは、自分で戦力を保持しない限りは、武器を作り売るのはOKよ!という事なのか? »

2015年8月19日 (水)

アイスランドの地質に何が?:6月30日から突如として始まった「非火山性」の群発地震

2015年07月02日


アイスランドの地質に何が?:6月30日から突如として始まった「非火山性」の群発地震


昨日、何となくアイスランド気象庁のサイトを見ていましたら、地震のページで、明らかに異変が起きていることが示されていました。

iceland-earthquake-0701.gif
Icelandic Met Office


6月30日の夜8時前後くらいから、突如として群発地震が発生し始めたことがわかります。

アイスランドの群発地震は、火山性のものなら、それほど珍しくないですが、今回の地震には珍しいこともあります。

それは、上の地図で赤で囲んだ群発地震が発生している場所に「火山はない」ということです。下のアイスランドの火山一覧をご覧いだくとおわかりでしょうが、現在、群発地震が起きている場所には、火山はありません。

iceland-volcano-map.gif
アイスランドの火山一覧


アイスランドで、火山が絡まない群発地震、しかも、これだけの数のものは珍しいと思います。

地震の状況は現在(日本時間 7月2日午前11時頃)は下のようになっていて、マグチュード5クラスの地震も発生していることがわかります。

iceland-earthquake-0702.gif


過去48時間の地震発生回数は、561回に及んでいて、そのうち、マグニチュード3以上の地震が 36回と、それなりの規模の群発地震となっています。

グラフを見ていると、一応は収まってきているように見えなくもないですが、ちょっとよくわからない地震ですので、注目してみたいと思います。

いろいろ起きているヨーロッパですし、人的社会が荒れる時は地質も荒れるかもしれないですし。


以上は「地球の記録」より
地殻の変動による地震と思われます。日本でも最近北海道で地殻の変動により、土地が15mも隆起したことがあります。これは世界各地で発生しています。ポールシフトにより地球の外核が変動しているのです。                        以上

« 地球の日の大噴火と母なる山の大地震(2) | トップページ | 憲法9条とは、自分で戦力を保持しない限りは、武器を作り売るのはOKよ!という事なのか? »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 地球の日の大噴火と母なる山の大地震(2) | トップページ | 憲法9条とは、自分で戦力を保持しない限りは、武器を作り売るのはOKよ!という事なのか? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ