カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« さあ、いよいよ韓国軍が沖縄に押し寄せるか? | トップページ | 共認回帰による活力の再生ー共認収束の大潮流(4) »

2015年8月 8日 (土)

イランのバンダルマズハーで高温の世界記録に近い熱指数「摂氏74度」が記録される

2015年08月02日


イランのバンダルマズハーで高温の世界記録に近い熱指数「摂氏 74 度」が記録される


iran-165.gif

▲ 2015年07月31日の米国ワシントンポストより。


日本は現在、猛暑だ猛暑だと毎日騒がれていますが、37 ℃とか 39 ℃とかで騒いでいると、中東の人たちに申し訳ないかもしれません。

あちらは現在、「毎日 50 ℃越え」の地域が続出しています。

暑さを示す基準のひとつに「熱指数(Heat Index)」というものがあるのですが、7月31日に、イランのバンダルマズハーという町で、摂氏 74 度という現時点までの地球での記録に並ぶ程の熱指数が記録されたことが、世界中のメディアで報じられています。

バンダルマズハーの位置
Bandar-Mahshahr-map.gif
Google Map


74度の熱指数を記録したバンダルマズハーの様子
iran-heat-01.jpg
AP


熱指数というのは、大気の気温と相対湿度から計算されるもので、つまり、昔でいう「不快指数」みたいなものですかね。

熱指数に関しては、公式記録ではないですが、2003年にサウジアラビアのダーランというところで、華氏 178 度( 摂氏 81 ℃)を観測した記録があるそうで、今回のイランの熱指数は、非公式では歴代2位となり、公式記録としては、今回のものが観測史上1位ということになるのかもしれません。

実際の気温のほうも 50 ℃に達しているところもあり、そして、この一種、気のふれたような猛暑はイランだけではなく、中東の各地域に広がっています。

下は 8月2日のイラン周辺の中東各地の気温ですが、えらいことになっていることがわかります。

iran-heat-02.jpg
Weather Channel


イラクでも 7月30日に、首都バグダッドをはじめとして、いくつかの地域で気温が摂氏 50 ℃を記録しており、なかなかとんでもない気温状況となっているようです。

7月30日に気温50℃を記録したバグダッドの様子
iraq-melon.jpg
Weather Channel


なんか、スイカみたいなのを売ってますけど、この炎天下に並べておくと、ものすごく熱いスイカになってしまうのではないでしょうか・・・。冷蔵庫が欲しいところです。

このように異常といっても構わない暑さに見舞われている場所がある一方で、観測史上で「最も寒い夏」を向かえているような場所もたくさんあります。

パプアでは異常な寒さが続き、農業がダメージを受けて、何万人もの人々が飢餓に苦しんでいることが報道されています。

アイスランドでは、7月の気温が観測史上最低で、10日ほど前には「真夏の雪」が降っています。

iceland-cold-2015.gif

▲ 2015年08月01日のアイスランドの Iceland Review より。


南米も、「ペルーに襲来した数十年で最大の寒波によりアルパカとビクーニャ25万頭が死亡」などで記事にしていますが、とんでもない寒波に見舞われているところがあり、非常事態宣言が出されている地域もあります。

暑いにしても寒いにしても、「普通ではない」天候と気温に見舞われる地域がどんどん増えていっています。
以上は「地球の記録」より
暑いところと寒いところとそれぞれに極端で寒暖の差が大きくなっています。地球の気候が激烈に変化していることがこれからも良く分かります。            以上

« さあ、いよいよ韓国軍が沖縄に押し寄せるか? | トップページ | 共認回帰による活力の再生ー共認収束の大潮流(4) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« さあ、いよいよ韓国軍が沖縄に押し寄せるか? | トップページ | 共認回帰による活力の再生ー共認収束の大潮流(4) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ