太陽系は実は地球系であり、地球系内部に太陽系の惑星があり、地球が中心に回っていると説明している記事もありましたが。。。
以下の記事によると、太陽系の各惑星に異変が起きています。宇宙の設計・創造を行っている大きな存在が太陽系を変化させているのでしょうか。別の記事では地球がオリオン座に近づいていると伝えられていましたが・・
何か大きな変化が起きているのでしょう。もし太陽系ではなく地球系なら、地球が変化すれば、他の惑星も変化するでしょう。
太陽系は銀河系の中心部を通過する、或いは通過した?とも言われていますが。何等かの影響を受けているのでしょうか。
今年の夏も悪天候で豪雨に見舞われるのでしょうか。標高の高い夏山登山も毎年厳なっています。
これまで享受してきた、美しい自然が破壊されつつあるのが分かります。

http://beforeitsnews.com/paranormal/2015/06/something-is-affecting-the-entire-solar-system-2491816.html
(概要)
6月23日付け:
B4INREMOTE-aHR0cDovLzEuYnAuYmxvZ3Nwb3QuY29tLy1Vb1NSMGFiaV9mdy9WWW1QSVhwUk9kSS9BQUFBQUFBQU5GQS9WOGplQUwyVGdwdy9zNjQwLzcwMF9lYzdhOWUyNTY4MmZiYWY4ZjkzMDRkMDQ4NzcwMDM1My5qcGc=


以下の通り、太陽系の各惑星に異変が生じています:
太陽: 1901年以降、太陽の光球全域の磁場が230%も強くなっています。
: 月の大気が増大しています。月の周りには、これまで存在していなかった深さ6000kmのナトリウム層ができています。
水星:突然、極氷が現れ、水星固有の非常に強い磁場も発見されました。
金星: オーロラ輝度が2500%明るくなりました。さらに40年前と比べ金星の大気が変化しているのが分かります。
火星:温暖化が進み、巨大嵐が起きています。極の氷床が消滅しました。

木星: 周辺のプラズマ雲の明るさが200%以上も増しました。さらに、惑星の周りの巨大ベルト(大気)の色が変化しました。放射線ホットスポットが薄くなり再び爆発しています。雲が厚くなり雲に衝突していた隕石が消滅しています。
土星:ここ30年間で、赤道からのX線が急増し、赤道ジェット気流の速度が減速しています
天王星:明るさに大きな変化が起きています。周辺の雲の動きが活発になっています。以前は、この惑星の大気は非常に穏やかでした。
海王星: 大気の明るさが40%増しました。
冥王星(準惑星): 太陽から離れている冥王星ですが気圧が300%上昇しました。
地球:世界的な気象変動と地球物理学的変化が起きています。地軸も傾いています。2013年6月21日にアメリカ中部から見えた太陽の位置と30年前に見えた位置がずれています。

最近になり太陽系の先端部のプラズマが1000%も増大したのです
高次元からの波エネルギーの影響を受けているのでしょうか。それとも惑星X或いは太陽の異変によりこのような変化が起きているのでしょか。

http://ufothetruthisoutthere.blogspot.jp/2015/06/confirmed-25-mile-wide-comet-expected.html
(一部)
NASA関係者の内部情報によると、NASAは、今年9月15日~28日ころに彗星が地球に衝突すると予測しています。以前、フランスの外相はホワイトハウスの記者会見で2015年9月24日までに気象がカオス状態になると発表していました。彼rあは2015年9月に世界中がカオス状態になることを知っているのです。
以上は「日本や世界や宇宙の動向」より

現在、太陽系に影響を与えているのは、我々の属している銀河系宇宙により影響を受けているのです。現在、太陽系は、78万年振りに、銀河系宇宙の渦の波を乗り越えようとしています。今までは、渦の波の間を移動しつつありましたので比較的平穏な状態を維持してきたのです。しかし今はその平穏な時期も過ぎて、2012年12月に渦の波に突入したのです。この渦の波は、磁気が強くかつ、熱線も強いので太陽系は温暖化して、地殻の激変も発生します。現在地球のポールシフトが進行中なのもこの影響からです。今後この状態は2,000~3,000年間続くものと予想されているのです。もとに戻るには長い期間が必要になります。   以上