カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« クレームは宝の山~不満を買い取る逆転発想の新ビジネスへ | トップページ | 自考のススメ2、自考力の時代(少年よ大志を抱け)(2) »

2015年8月 4日 (火)

ヒトがバタバタと倒れ・・・

2015/07/23(木)  病名は「熱中症」だが、その真相は…
ヒトがバタバタと倒れ…
熱中症
熱中症で、先週1週間に救急搬送された人は、2015年最多の6,165人だった。2014年の同じ時期に比べて、およそ2倍で、死者は、14人にのぼる。 (記事)

各地で旅客機が着陸できないくらいの濃霧が続いている。(この原因は↑フクイチの地下から噴出する膨大な量の放射性水蒸気なのだが…)

この濃霧を大量に吸ってしまった人間が、倒れはじめる。死者もでる。その時期は、4~5年後ではない。死者の激増は4~5ヶ月後だろう。

ヒトは、死ぬ前に意識を失って倒れる。
首都圏で電車を止める急病人の激増は、この前兆だった。

そして、いま、「熱中症」が激増している。

今年の「熱中症」は、炎天下での通常の熱中症ではない。屋内で倒れる場合も多い。

先週は、6,165人もの熱中症患者が救急搬送された。
こんなことは2011年以前はなかった。2011年以降、日本人が急激に弱りはじめたのだ。

いまの「熱中症」は、医師がつけた病名であって、実際は「熱中症」とは全く違う病気だ。

ストロンチウムが核変したイットリウムが膵臓に集中し、臓器不全を起こした新型の疾病だ。

「熱中症」と「心筋梗塞」の激増。
この現象が今後の死者の激増のスタートとなり、病院が満杯になり…、医者や看護師までが「熱中症」で倒れるとき…、日本という国家社会は機能マヒ状態になるだろう。

日本国の終焉である。
飯山 一郎
以上は「飯山一郎氏」ブログより
安倍政権は熱中症に隠れて放射能汚染による健康被害を隠しています。以上

« クレームは宝の山~不満を買い取る逆転発想の新ビジネスへ | トップページ | 自考のススメ2、自考力の時代(少年よ大志を抱け)(2) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒトがバタバタと倒れ・・・:

« クレームは宝の山~不満を買い取る逆転発想の新ビジネスへ | トップページ | 自考のススメ2、自考力の時代(少年よ大志を抱け)(2) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ