カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 国民を羊に洗脳する方法 | トップページ | 「肯定的記憶」の役割:ノーベル賞受賞者・利根川進MIT教授が発表した「幸せな記憶を呼び起こすことがうつ病を好転させる」こと »

2015年8月14日 (金)

歴史的な大噴火

東京を壊滅させる怖れもある「破局噴火」
 
匿名希望 15/05/30 PM07 【印刷用へ
東京を壊滅させる怖れもある「破局噴火」とはリンクからの転載です。
_________________________________
「箱根山では、約6万6千年前に『破局噴火』と呼ばれる大規模噴火が発生しています。もし同規模の噴火が起きれば、首都圏で1千万人単位の犠牲者が出るような大被害になる」と語るのは、火山学が専門の高橋正樹・日本大学文理学部教授である。

破局噴火とは、地下のマグマが一気に地上に噴出する壊滅的な噴火形式で、しばしば地球規模の環境変化や大量絶滅の原因となるほどのもの。大規模なカルデラの形成を伴うことから「カルデラ破局噴火」と呼ぶ場合もある。

今から約7300年前に九州・屋久島近くの海中で起こった鬼界カルデラで発生した破局噴火(アカホヤ噴火)では、人々が死に絶え、南九州の縄文文化が壊滅した。

現状では、本格的なマグマ噴火の可能性は低いとみられているものの、過去の例から最悪のケースを想定すると、箱根山の噴火は想像以上の被害を出す可能性があるという。

破局噴火の可能性を持つという箱根山は、過去に大規模な噴火を繰り返してきた活火山であり、鎌倉時代には3度の水蒸気噴火を起こしているほか、約3千年前には大湧谷や芦ノ湖を誕生させた大規模噴火が起きている。なかでも約6万6千年前に起きた噴火は、最も大規模な「破局噴火」として知られている。
_________________________________
 

 

以上は「るいネット」より

現在箱根・大涌谷で噴煙を上げておりいつ噴火しても不思議でない状況にあります。箱根では金時山も噴煙を上げています。大規模な噴火も可能性として考慮しておくべき問題です。                            以上

« 国民を羊に洗脳する方法 | トップページ | 「肯定的記憶」の役割:ノーベル賞受賞者・利根川進MIT教授が発表した「幸せな記憶を呼び起こすことがうつ病を好転させる」こと »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史的な大噴火:

« 国民を羊に洗脳する方法 | トップページ | 「肯定的記憶」の役割:ノーベル賞受賞者・利根川進MIT教授が発表した「幸せな記憶を呼び起こすことがうつ病を好転させる」こと »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ