カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 実現論、第一部:前史、ハ、哺乳類(原モグラ)時代の性闘争本能 | トップページ | 朝鮮半島問題の解決にロシアは重要 »

2015年8月28日 (金)

結界域は定住市街地にしてはならない

結界域は定住市街地にしてはならない。
 
持国天 ( 古希 ) 15/06/08 PM10

古来から結界という概念が日本人には息づいています。自然界の森羅万象や人の心のあり様の摂理にそぐう観念だと思う。

人が定住してはならないエリアは自然界との結界として受け止めて来ました。昭和30年代半ばから市場拡大期に入って都市化が進み、密集定住地としては活用されなかったエリア(自然域の結界)が都市域へと組みこまれて、市場社会の人口集中の受け皿になってきました。人が定住してこなかった河川域や海域や谷間や山極深くまで、機械力と土木技術を駆使して定住地域に組み込んでしまいました。

昨年の広島豪雨による土砂崩れの災害被災地、東日本大震災による三陸沿岸の大津波被災地など、多数の死傷者を出したエリアは全てこれらに当たります。危険性が指摘される東京も、家康が幕府を置くまでは定住人口もまばらで、いわゆる寒村だった訳です。
久しぶりに中央区の豊海を歩きましたが、東日本震災レベルの津波の襲来に遭遇すればひとたまりも無い地域と思いました。湾岸域はコンクリートの護岸で固めてフェンスで遮られて、自然界との結界域として認識できません。

地方都市までが市場社会に突入して、仙台湾の海浜域が造成され定住密集地と化し、多大な犠牲者を出してしまいました。
津波で多くの犠牲を出した石巻市の海浜地区などは死傷者数から、面積あたりの死傷者数から捉えても、ずば抜けた惨状となってしまいました。
元々は、海原から郭公が鳴く松林に隔てられて、葭原の湿地帯から田畑へと続いて、緩やかに人々が住む市街地へと続くエリアでした。古来から周期的に津波に襲われるこの地域にとっては、自然の猛威をかわす結界の役割を持つエリアでした。
昨年広島市で起こった豪雨による大規模な山崩れと河川の氾濫による犠牲もそうです。此処も高度成長期に入って、河川域や山極の深くにまで市街地となり定住密集地となった地区です。

東京の湾岸域はそれを考えれば恐ろしい限りです。大地を切り裂く災害は周期的に日本列島に襲来します。その恐ろしさを結界という概念に重ね合わせて、自然との結界を犯すことなく社会を造ることが大切です。四季豊かな自然環境ながら、自然の猛威と隣りあわせで生きてきた日本民族だから、如何なる時代であれ科学技術や機械力を絶対視してはいけないことと思う。

以上は「るいネット」より

現在は、78万年振りの「地球大異変期」にあります。そのためにいろいろな天変地異が起きています。これらの異常状況は今後2,000~3,000年間続くと予想されているのです。以前の状態には当面戻らないのです。このために新たな状況に対応するように考えられる限りの限界を前提にして安全安心の場所を住処にすることが大事です。今後なん世代でも住める住居にするのです。                  以上 

 
 

« 実現論、第一部:前史、ハ、哺乳類(原モグラ)時代の性闘争本能 | トップページ | 朝鮮半島問題の解決にロシアは重要 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結界域は定住市街地にしてはならない:

« 実現論、第一部:前史、ハ、哺乳類(原モグラ)時代の性闘争本能 | トップページ | 朝鮮半島問題の解決にロシアは重要 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ