カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 火星でガラスの層が発見 | トップページ | プーチン大統領、「ロシアは主権の売り買いはしない」 »

2015年9月 3日 (木)

箱根さらには富士山も?3.11震災きっかけに噴火列島時代へ(2/2)

箱根さらには富士山も? 3.11震災きっかけに噴火列島時代へ

富士山も?

富士山も?

     
 

「むしろ、日本列島はこれまでが異常なほど静かな時期でした。東京ドーム250杯分の火山灰を出すような大噴火は17世紀以来100年に4~6回は起きてきたが、1914年の桜島と29年の北海道駒ケ岳を最後に途絶えている。昨秋の御嶽山噴火の火山灰は東京ドーム約4分の1杯分。今回の噴火でも、それよりもう一桁大きい程度。はるかに大規模な噴火が21世紀中に複数回起きてもおかしくないわけです」

 まさに「列島火山時代」の到来である。活火山だらけの国土で生きる宿命を背負ったわれわれが、次に警戒すべきはどこなのか。

「箱根山、富士山、蔵王山、吾妻山、草津白根山などは警戒しなければならないと思います。特に箱根山は最後に噴火したのが鎌倉時代とみられていますが、不思議なことに何も文献が残っていない。何度も噴火が観測されている桜島や阿蘇山などと比べて噴火の兆候をつかみづらく、事前の予測も困難です」(島村氏)

 約3200年前の箱根山の大噴火では、かつては3千メートル級の高さだったという山体の上半分が吹き飛び、火砕流は静岡県まで達したという。身近な観光地のもう一つの顔である。

「箱根山では今は小規模な水蒸気噴火が警戒されているようですが、大規模な噴火が起きない学問的な保証はまったくありません。また、箱根山と富士山は成り立ちからしても兄弟といっていいほど関連がある。大涌谷周辺で起きていた地震の震源が最近、静岡県側にも動いてきており、富士山への警戒も怠ってはなりません」(同)

週刊朝日 2015年6月12日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


 

【関連記事】

以上は「週刊朝日」より

« 火星でガラスの層が発見 | トップページ | プーチン大統領、「ロシアは主権の売り買いはしない」 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 火星でガラスの層が発見 | トップページ | プーチン大統領、「ロシアは主権の売り買いはしない」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ