カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« TPPにしろ、原発にしろ、戦争にしろ、日米支配層の意向に反する「報道」をマスコミは例外なくしない | トップページ | 実現論、第二部:私権時代、ニ、私権の強制圧力と私権統合 »

2015年9月 5日 (土)

米国ネバダ州で、7月8月の二ヶ月だけで原因不明の群発地震が「5,700回」にのぼっている

2015年09月02日


米国ネバダ州で、7月と8月の二ヶ月だけで原因不明の群発地震の数が「5700回」にのぼっている

nevada-swarm-top.gif

▲ 2015年09月01日の Strange Sounds より。


アメリカのネバダ州の北部で、7月以来、原因不明の群発地震が続いていて、その数が、8月19日の時点で、5700回という非常に激しいものとなっていることが、カリフォルニアのキャピタル・パブリック・ラジオで報じられていました。

8月19日までの2週間のネバダ州の群発地震の状況

nevada-quakes-map.jpg
Capital Public Radio


場所に関しては、リノという町の名前や、シェルドン・ナショナル・アンテロープ保護区(シェルドン国立野生動物保護区)の内外ということが書かれています。

米国ネバダ州
nevada-map.gif
Google Map


ネバダ州では、2014年にも激しい群発地震が発生しています。

米ネバダ州で群発地震、4カ月続く 活動強まる兆候
CNN 20104.11.09

米西部ネバダ州の地震観測当局などは9日までに、同州北西部のシェルドン国立野生動物保護区内外で今年の7月12日以降、小規模の地震が続き、最近になりその活動が強まっていると報告した。

この兆候は必ずしも大地震の発生の前触れを意味しないとしながらも、事前の備えを講じることを勧告した。

米地質調査所(USGS)もこれらの群発地震を定期的に観測している。小さな振動は数千回に達しているという。

今回の群発地震でも、科学者たちは、「大地震の前兆を意味するものではない」というようにしています。

巨大地震との関係はともかくとしても、2年連続して、この地域ではあまり例のない群発地震が続いているということには、何らかの地質の変化は伴っているのだとは思います。
Sponsored link
以上は「地球の記録」より
近い将来の米国で大災害が起きる前兆かも知れません。悪い政治への天罰が下る必要があるのも事実です。以上

« TPPにしろ、原発にしろ、戦争にしろ、日米支配層の意向に反する「報道」をマスコミは例外なくしない | トップページ | 実現論、第二部:私権時代、ニ、私権の強制圧力と私権統合 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« TPPにしろ、原発にしろ、戦争にしろ、日米支配層の意向に反する「報道」をマスコミは例外なくしない | トップページ | 実現論、第二部:私権時代、ニ、私権の強制圧力と私権統合 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ