最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 同性婚を認めるな(3/3) | トップページ | マザコン首相は母の存命中に日本を戦争のできる国にしたい »

2015年10月27日 (火)

カムチャッカのトバチク火山で新種のダイアモンドが発見される

ダイヤモンド

カムチャツカのトバチク火山で新種のダイヤモンドが発見される

©             Flickr/  KellarW
ロシア
短縮 URL
034440
カムチャツカ半島にあるトバチク火山で、新種の大きなダイヤモンドが発見された。地質学者たちが発見した。ロシア教育科学省が伝えた。

教育科学省は、「トバチク火山で2012-2013年に噴出した溶岩が冷えて固まった場所から、新種のダイヤモンドが複数見つかった。これらのダイヤヤモンドは、トバチク・ダイヤモンドと名付けられた。ロシアの地質学者たちの見解によると、この希少なダイヤモンドは、マグマ溶解物ではなく、雷の放電の影響を受けた衝撃による結晶化の結果、火山ガスの中で形成されたとみられている。今日までに、冷えて固まった溶岩の少量のサンプルから、すでに数百個のダイヤモンドが取り出された!これほど大量のダイヤモンドと比較できるのは、インドのダチン産地(サンプル1キロから77個のダイアモンド)とカナダの珍しいマグマ岩石(サンプル28キロから1500個ダイアモンド)で発見されたで極めて高純度のダイアモンドだけである」と発表した。

トバチク・ダイアモンドの大きさは、溶岩から見つかったものとしては十分に大きく、250-700ミクロン。これらの事実を受けて、地質学者たちは、少なくとも、溶岩の生成物の一部がダイヤモンドを含有しているとの慎重な結論を導いた。トバチク火山で見つかったダイヤモンドは、これまでに発見された様々な種類の宝石と、燃焼温度などの大多数の地球化学的特質に関して異なっている。これらの違いにより、溶岩から見つかったダイアモンドは、新種のトバチク・ダイアモンドとされる。学者たちは、この発見が、新たなダイヤモンド鉱床の発見に寄与することに期待している。

 

 

コメント・ガイド

続きを読む http://jp.sputniknews.com/russia/20150725/635025.html#ixzz3grN292hK
以上は「sputnik」より

カミナリが原因でダイアができるとは面白いです。             以上

« 同性婚を認めるな(3/3) | トップページ | マザコン首相は母の存命中に日本を戦争のできる国にしたい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カムチャッカのトバチク火山で新種のダイアモンドが発見される:

« 同性婚を認めるな(3/3) | トップページ | マザコン首相は母の存命中に日本を戦争のできる国にしたい »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ