カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 川内原発の真の恐怖とは?(1/5) | トップページ | だまされやすいアメリカ人、フォーエバー »

2015年11月23日 (月)

火星画像から「エイリアン」に似た石が見つかる

ラジオ放送
火星画像から「エイリアン」に似た石が見つかる

火星画像から「エイリアン」に似た石が見つかる(写真、動画)

©             写真: http://mars.jpl.nasa.gov/
サイエンス
短縮 URL
091660

米航空宇宙局(NASA)のサイトに最近掲載された火星の表面を撮影した画像から、ひときわ目立つ謎の石が見つかった。

この石について、映画「エイリアン」に出てくるクモ、あるいはモンスターに似ていると語る人もいるが、意見は分かれている。

画像を撮影したのは火星探査機「キュリオシティ」。NASAの専門家たちは何も気づかなかったが、「キュリオシティ」プロジェクトに関心を持つフェイスブックのグループでは、画像をめぐって熱い議論が勃発した。

フェイスブックユーザーの1人は、「クモの体に映し出された人間の顔に似ている!」と驚きを表している。またこの不思議な物体について「ドアに似ている」と指摘する人もいれば、映画「エイリアン」のファンたちは、このホラー映画に出てくるエイリアンに似ていると考えている。

なお火星の画像は、これまでも宇宙に興味を持つ人々や学者たちの熱い論争を呼び起こしてきた。例えば火星ではこれまでに「ピラミッド」や「空飛ぶ球体」が発見されている。

 

関連:
火星でガラスの層が発見
NASA、火星植民計画コンクールに1万5千ドル
今週のベストショット:プーチン大統領、ジャガー、火星
ロシア 月や火星を含む宇宙探査で主導的な地位を目指す

続きを読む http://jp.sputniknews.com/science/20150805/698793.html#ixzz3htnr5MFZ

以上は「sputnik」より

これらの証拠から、嘗て火星に高度な生物が存在していたことが分かります。人類の先祖かも知れません。2020年代には人類が火星に移住しますので、火星の謎が解明されることになりそうです。                           以上

« 川内原発の真の恐怖とは?(1/5) | トップページ | だまされやすいアメリカ人、フォーエバー »

宇宙開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火星画像から「エイリアン」に似た石が見つかる:

« 川内原発の真の恐怖とは?(1/5) | トップページ | だまされやすいアメリカ人、フォーエバー »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ