カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« TPPは日本に無益、中国経済圏拡大への対処こそ重要だ(1/5) | トップページ | 合意のための原発論その7、原発止めたら貿易赤字?? »

2015年11月29日 (日)

パリの心理戦は世界政府に向けた目下の動きの一部である

2015-11-18 18:00:00 
テーマ:

パリの心理戦は世界政府に向けた目下の動きの一部である。

伝えられるところによると、2015年11月13日のパリで100人以上のISISテロリストが殺された巨大な心理戦作戦は、世界政府に向けた目下の抜け目のない交渉の一部であった。

これを理解するために、パリの事件を取り巻くいくつかの重要な事件を見てみよう。

ま ず第一に、携帯ビデオ電話をもつ数千人もの人々が全くその日の事件を記録できなかったという事実だけでも、それが大規模宣伝事件であったことを証明してい ると、NSAと他の機関は認めている。さらに、その想定された虐殺が行われる地域に置かれている8個の全ての監視カメラは、フランス保安警察からの高度の 協力を意味する遮断が行われていたと、CIA情報源は言う。

次に、この事件から起こりうることを見てみましょう。フランスは戒厳令を実施し、その国境を閉じました。これは、造られたテロ事件は軍事政権を実装するために使われる古典的グラディオ戦略である。

また、フランスはIMF専務理事の彼らの傀儡クリスティーヌ・ラガルドと通じて、米ドルをIMFのSDRで置き換えを推進している。これは11月30日の会議で決定されることになっている。

11 月30日はまた、ロシア、米国と中国を含む世界の120ほどの指導者がパリに集まり地球温暖化を議論する。事実を実際に確認した誰もが、地球温暖化は科学 的真実ではないことを知っている、そして全ては世界政府の形成の為に行われている。アイデアは国際炭素税で世界政府の資金調達にするというものである。世 界そのものは温暖化しておらず、そうであってもそれは太陽サイクルによるものであり、二酸化炭素によるものではない。

パリの事件と、報告されていないが中東のさらに劇的な事件は、交渉中の世界政府の支配をめぐる各派閥間の非常に深刻な内紛の一部である。

パリの事件を演出した当にその人間とか規則的に増加している他の同様な心理戦について矛盾する証拠もある。

ロシアはハロウィーンに航空機を撃墜されたことに怒っており、パリの事件の背後にいる同じ人間がその背後にいたと言っている。ロシア大統領ウラジミール・プーチンは取引するのは彼を噛む犬ではなく、責任を取れる犬の所有者であると言っている。

ロシアによると、特定の犬の所有者は、

ヴァンガード社とそれらの子会社レイセオンである。この持ち株会社の所有者はロシア人によって体系的に追い詰められている。

これと同様に、今、中国、ロシア、イランと国防総省の作戦が中東で進行中であり、ハザール・マフィアの基地と彼らのイスラエル奴隷政権を破壊している。中東のハザール・マフィアとISIS子会社が直面する大規模敗北は歴史的意義がある。

「プー チンは複数のISISの石油精製企業とISISの商売相手によってすでに買われた石油の車列を爆撃しており、執拗なプーチンはISILの所有者を爆撃して いる」とロシアは言っている。言い換えれば、彼らはISISの所有者の一番いたいところの彼らの財布を攻撃し始めている。彼らはまだほんの始まりに過ぎな いと言っている。

国防総省とCIA情報筋は、ハザールマフィアとその傀儡イスラエルが前例のない攻撃で動揺することにロシアと合意している。シリア内部では、政府軍が第二の大都市アレッポを奪還した。さらに、ISISはイラクのラマディ市とシナジャーの町を失っている。

また、ロシアがレバノンのハザール・マフィア軍に対する空爆を行っている一方で、アメリカはリビアで彼らを攻撃している。これは彼らの石油と麻薬収入を遮断する効果を持っている。
さらに、イスラエルは経済包囲下にあり、イスラエルの武器製造メーカは武器禁輸によって2012年以来売り上げの50%を失っている。

イスラエルはまた、全ての不法占領地からの撤退するまで解かれない中国、ロシアと国防総省による軍事封鎖下にある。ゴラン高原を維持するイスラエルのロビー活動さえ拒否された。

国 防総省とロシアは共に、これらの挫折に対する報復としてハザール暴徒とISIS傀儡がパリ攻撃を演出したと思っている。国防総省情報源は、攻撃はシリアに おけるイスラエルの代わりにNATOを戦わせることに失敗したと言っている。その代わりに、トルコでちょうど開催されていたG20国は、イスラエルと米国 のその買収政治家がテロの世界的原因であることを確認した。
ロシアはまた、フランスとドイツとウクライナにおけるハザール暴徒による偽造スーパーKをばら撒くことを止めようとしていたので、フランスが攻撃目標になったと言っている。

難民危機も欧州に対する罰とロシアは見ている。ロシアは彼らは難民を欧州や米国のサンフランシスコへ行くように奨励しているすべのツイッターアカウントを科学的に捜査追跡していると言っている。

し かし、作業にはさらに深い議題があるかもしれない。一つには、難民危機はEUのほとんどの国に国境管理を再び課そうとしている。同時に、新興社会主義政府 のポルトガルは債務支払いの削減を求めており、ギリシャでまだ騒々しい債務危機の再燃の恐れがある。もし、彼らが債務支払いの削減を得ると、スペイン、イ タリーとギリシャは同じことを持てめるであろうし、従ってユーロを脅かす。

欧州議会ビルが数年前にバレルの塔を模して設計されたことを思い出してください。崩壊したバベルの塔は、ユーロ政府が最初から崩壊するように設計されたのではないかと言う疑いを持たせる。

次にロスチャイルド所有のエコノミスト誌一月号の115と113の数字を持つ二本の矢が特徴の表紙はを思い出してください。パリ攻撃の日付は151113に近い。写真の弓矢の右横に不思議の国のアリスがパリのルーブル美術館のダ・ヴィンチの絵を見つめている。

http://vigilantcitizen.com/vigilantreport/economist-2015-cover-filled-cryptic-symbols-dire-predictions/

ルーブルの肖像画は噂ではフランス国王の愛人の婦人である。彼女の夫は国王への復讐のために自らを梅毒に感染させて、彼の妻を通して国王にそれを渡した。

https://en.wikipedia.org/wiki/La_belle_ferronni%C3%A8re

だから、我々がさらに推測するとすれば、パリの攻撃は血統によるフランス支配層に対する反血統イルミナティの長期にわたり計画された復讐である。

オ カルト推測は置いておいて、ドイツはユーロに最大に支払い、フランスが利益が最大になるので、ユーロの終わりはフランスを最も傷つけるだろう。だから、フ ランス支配者層はそのような状況における戒厳令から利益を得ることは明らかだ。また、この記事の最初で述べたように、11月30日からパリで地球温暖化、 別名地球統治を議論する大規模会議がある。ここで、戒厳令と国境封鎖はそこへ集まる120の世界指導者を保護する助けになるだろう。

9月 に行われた国連70周年のにぎやかなパーティにおける世界指導者たちによる演説のほとんどは、地球を運営する方法で変化をなすべきであると言う結論がある ということは明らかになった。アメリカ、英国、中国、フランスとロシアの第二次世界大戦戦勝国のテーブルについていなかった国々は、国連の安全保障理事会 の拒否権の放棄を要求している。ほとんどの国々はまた、貧困と環境破壊に戦う必要があることに合意している。
この地球を運営する新ルール、本質的にある種の世界政府が必要であると言うことは、現在の世界の指導者たちの間の明確な合意である。

だから、世界政府に向けた交渉における明確な方針はなにか?

フランス、ドイツと欧州同盟国は中国を呼び込んでSDRに組み込むことで新世界秩序の最も強力な機関にしようと推し進めて、彼らが管理するもので米ドルを置き換えようとしている。

これに関する唯一の問題は、IMFが強姦、略奪、国を貧困化するすごい記録があるということである。現在、IMFを支配している人以外は誰も、IMF世界政府を望んでいない。
国防総省と米軍産複合体はスタートレックで見られる種類の能力主義世界政府を押している。グノーシス・イルミナティもこれを支持している。

中国も能力主義を考えているが、唯一違うところは、彼らは能力主義世界政府が西側に支配されることに終わらないことを確実にしたいと思っている。

それが、軍産派(イルミナティ本拠地)と中国の間で代理戦争がある理由です。これは米軍が米国内のFRBドル印刷機を引き継ぎ、米国への貿易信用を打ち切った中国の反応に見ることができる。

http://www.zerohedge.com/news/2015-11-15/global-trade-still-freefall-imports-collapse-largest-three-us-ports

アメリカは中国の周辺国に中国に対する保護を与えることで反応している。彼らは中国によって支配される係争領域へ航空機や船を送って中国に対抗することを助言している。

結 局のところ、中国と米/西側軍産派は西側支配の世界機関を増やすことを含むある種の妥協をする可能性が高い。その理由は、選択肢である第三次世界大戦に よって地球の90%が破壊されることは考えられないからである。言い換えれば、win-winとlose-loseのどちらかを選択するとすれば、勝利を するのは誰かを推測するのは容易なことだ。

これら全てにおいての敗者は、人類を1000年の帝国に奴隷にすると言う彼らの夢を放棄させられるハザール・マフィアであろう。イルミナティは11月26日の感謝祭あたりに他のハザール事件が起こる可能性があると言っている。

ところで、実際のロシアの情報源はプーチンは彼らの集団的意思決定における実際の代表であり、実際の指導者を行使する個人ではないから、”Putin”と引用符を付ける。【転載終了】

以上は「フルフォードレポート」より

今や世界は一つの政府を持つことを望んでいるのです。そうしないと地球上の問題を解決できないからです。軍隊も国連軍一つになります。各国には軍隊を持たせません。もちろん核兵器の保有は国連軍のみとなります。以上

 

« TPPは日本に無益、中国経済圏拡大への対処こそ重要だ(1/5) | トップページ | 合意のための原発論その7、原発止めたら貿易赤字?? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリの心理戦は世界政府に向けた目下の動きの一部である:

« TPPは日本に無益、中国経済圏拡大への対処こそ重要だ(1/5) | トップページ | 合意のための原発論その7、原発止めたら貿易赤字?? »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ