カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米帝国が近く壊滅し、次いで日本の一部が海底に | トップページ | 正義を知る 001アメリカの正義を知る(1/2) »

2015年12月 6日 (日)

NASA、ロサンゼルスで大地震が起きると予測

ラジオ放送
ロサンゼルス

NASA、ロサンゼルスで大地震が起きると予測

© Flickr/ Todd Jones
サイエンス
短縮 URL
2104291015

NASAは、3年以内にロサンゼルスで強い地震が起き、百人単位の死者が出る、との不穏な予測を発表した。NBCが報じた。

米カリフォルニア州パサディナのNASAジェット推進研究所では、地球物理学者のアンドレイ・ドネラン氏をリーダーに、2014年にラハブラで起きた地震を研究した。この地震で地殻の緊張は幾分緩和されたものの、依然としてマグニチュード6.1~6.3の地震を起こすに十分なほど多量のエネルギーが蓄積しているという。

研究チームはロサンゼルスから半径100kmの範囲で地震が起きる可能性を調べた。それによれば、震度5以上の地震が3年以内に発生する可能性は99.9%である。

米地質調査所はNASAの予測に反対している。地質調査所によれば、2018年までにロサンゼルスで地震が起きる可能性は85%に過ぎない。しかしこれもかなり不安な数字ではある。市当局がどのような措置を講じるのかは不明。

NASAはレーダーやナビゲーション機器から得られた情報をもとに、地質調査所は断層地図とコンピュータモデリングをもとに予測を立てる。

タグ
NASA



続きを読む http://jp.sputniknews.com/science/20151022/1062039.html#ixzz3pTtGRf7X

以上は「sputnik」より
これは必ず起きるでしょう。時期がいつかの問題だけです。 以上

« 米帝国が近く壊滅し、次いで日本の一部が海底に | トップページ | 正義を知る 001アメリカの正義を知る(1/2) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASA、ロサンゼルスで大地震が起きると予測:

« 米帝国が近く壊滅し、次いで日本の一部が海底に | トップページ | 正義を知る 001アメリカの正義を知る(1/2) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ