カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 山本太郎氏:徴兵制に関して国はもう確保している現実 | トップページ | トランプ氏、「ダーイシュIS」の真の創設者の名を明らかに »

2016年1月22日 (金)

パラグアイで「長さ6キロメートル」の巨大地割れが突如として発生

2015年12月22日


パラグアイで「長さ6キロメートル」の巨大地割れが突如として発生

2015年12月10日のパラグアイの報道より
paraguay-crack-top.jpg
Concepcion Al Dia



パラグアイ東部で、突如として、長さ6キロメートルにわたる巨大な地割れが発生しました。

その場所が、高速道路に沿うような形だったため、危機一髪的な状態だったということが報じられています。

また、地割れの起きた場所には水が流れ込み、その浸食により、下のように、道路を次々と破壊しいく状態になっているらようです。

giant-crack-paraguay-1.jpg


giant-crack-paraguay-3.jpg


下の映像は、地割れ発生直後くらいの映像だと思いますが、上空からの撮影で、この地割れがいかに巨大なものかがおわかりになるかと思います。




Sponsored Link


地割れが発生した場所は、イビ・ヤウ地方というあたりのようで、正確ではないですが、下のあたりだと思われます。

地割れが発生した大まかな位置
p-crack-map.gif
・Google Map


今年 2015年は、南米や中米で、さまざまな場所で地殻異変のようなことが起き続けたことを改めて思い出します。

2015年8月上旬 メキシコで地割れ
mexico-crack-2015c.gif
南米から北米への地殻変動ライン上で…



2015年8月中旬 ホンジュラスで丘が崩壊し、家々を飲み込む
colapse-003b.jpg
南米の地殻変動ラインでさらに起きる異変



2015年8月中旬 エクアドルのコトパクシ山が140年ぶりに噴火
Cotopaxi-eruption2.jpg
・Telegraph


そして、今回のパラグアイの地殻崩壊は、それらと比べても規模の大きなものだと思われ、地殻の動きも大規模化に向かっているのかどうなのか。
» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。

Sponsored link


 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

以上は「地球の記録」より
この異変は世界的なことです。この原因は地球のポールシフトに伴うマグマの変動による外核の変化です。地震や噴火も合わせて起こることになります。    以上

« 山本太郎氏:徴兵制に関して国はもう確保している現実 | トップページ | トランプ氏、「ダーイシュIS」の真の創設者の名を明らかに »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 山本太郎氏:徴兵制に関して国はもう確保している現実 | トップページ | トランプ氏、「ダーイシュIS」の真の創設者の名を明らかに »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ