カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 本音を言えないトランプ | トップページ | 日米同盟強化と対中関係改善は両立できるか(2/5) »

2016年1月27日 (水)

宜野湾市選挙では不正選挙が敢行されたと思われる

宜野湾市選挙では不正選挙が敢行されたと思われる。

 

ヒントは

期日前投票にある。

 

たとえば堺市では

以前、票が多数印刷されてあまったものが

倉庫に5年間保管されているはずであるが

まったく倉庫から消えているという。

(現在最高裁第二小法廷にて審議中)

 

要するに

「白票が倉庫に保管されているはず」のものが

どこかに消えうせているのである。

 

これは全国で起こっているらしい。

 

今回、宜野湾選挙では

当日はものすごく寒かったらしい。

 

寒いと、投票者の足は遠のく傾向にある。

 

そしてモミー会長のNHK以外のメデイアでは

大接戦だったと報道していた。沖縄の新聞などは

出口調査などをして

「大接戦だった」と報道していた。

 

しかし、票をあけてみれば

実に有権者の11%もの大差だったという。

 

ヒントは

 

この11%もの大差がなぜ、途中から生じるのかということである。

 

ここに期日前投票箱が登場してくるのである。

 

大阪府知事選挙でもそうだったが

なぜか最後の方では

A候補に99%の票が入り、B候補に1%の票しか入っていないというとんでもない

開票結果が出てきている。

 

実は

期日前投票による「差」がそのまま明暗をわけているのだ。

 

しかも大量に消えている倉庫の白票。。。

 

これが事件を解くカギとなる。

 

いったいどこに倉庫の白票は消えているのか?

 

それが最大の謎である。

 

私も最高裁第二小法廷まで

堺の不正選挙訴訟を闘っている原告の方が調査していたら

「倉庫の白票が消えているんですよ」

と聞いて非常に驚いた。

 

 

さて、どこに消えているのでしょう?

 

昨今、ココイチの廃棄用カツを転売していた産廃業者が

摘発されていたが

、まさか白票でもそんなことをして

転用しているのではないでしょうね?

 

しかしそれを問いただされた大阪府選管職員は

真っ青になったらしいから

非常に腐敗しているのである。

しかも大阪府だけではない。

 

興味のある人は問い合わせてみればいい。

情報公開請求を駆使すれば

実は倉庫に保管されているはずの白票がどこも大量に行方不明になっていることを

知り、驚くだろう。

http://www.pref.osaka.lg.jp/senkan/

 

 

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

http://www.mag2.com/m/0000154606.html

4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!

記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。

まぐまぐ大賞2008政治第1位

http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol

まぐまぐ大賞2007政治第1位

http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02

まぐまぐ大賞2006政治第1位

http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

 

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます

※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

 

◎国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

 のバックナンバー・配信停止はこちら

http://archives.mag2.com/0000154606/index.html

以上は「小野寺光一氏ブログ」より

やはりそうであったかと思います。もう一度正確に票を数える必要があります。特に期日前分の精査が重要です。最近の重要選挙は皆少し変です。不正が疑われるものです。                       以上

« 本音を言えないトランプ | トップページ | 日米同盟強化と対中関係改善は両立できるか(2/5) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宜野湾市選挙では不正選挙が敢行されたと思われる:

« 本音を言えないトランプ | トップページ | 日米同盟強化と対中関係改善は両立できるか(2/5) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ