カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 奄美大島の東方約150キロ、水深5,000メートルの海底にはメガトン級水素爆弾が沈んでいる | トップページ | 1月・冬なのに、カナカナ蝉が鳴き、田んぼでは蛙が大合唱 »

2016年2月10日 (水)

やはりネット規制は強化されているようだ

やはりネット規制は強化されているようだ

 

1.2ちゃんねるにて安倍批判する投稿記事は削除されるようだ

 

 先日、本ブログの記事投稿ができなくなるというトラブルに見舞われました。本ブログはヤフーブログに属していますが、ヤフーが非公開で設定している禁止文字列が投稿原稿に含まれると、ヤフーから、この記事の投稿はできませんと表示がでて、投稿不可となっていましたが、今回の投稿不可現象は、アップしても、黙って投稿できなくされています。これは今まで経験していない現象です。

 

 その後、ネットを見ていたら、2ちゃんねるにて、安倍批判をすると、投稿記事が削除されるという情報がみつかりました。週刊ポストの2016129日号に、それに関する記事が出たようですが、その記事のネット原稿自体も今は削除されています。

 

 ホットリンクという会社が2ちゃんねると契約して、投稿記事を監視しているようですから(注1)、2ちゃんねる管理者が不適切とみなした投稿はホットリンクが削除しているという情報は事実なのではないでしょうか。

 

2.ネットには安倍氏に対する批判の投稿は確かに多い

 

 ネットに投稿する日本国民は、安倍政権下の日本に非常に危機感をもっている人が多く、それが、安倍批判の投稿につながっているのでしょう。

 

 日本のマスコミは、今では完全に権力に屈しており、支配層の批判はほぼできなくなっています。

 

 ところが、日本国民の誰もがネットにアクセスして、マスコミが報じられない情報に接することができます。その結果、マスコミの報道とネット情報の乖離が拡がるばかりで、まともな国民は不満が募る一方です。その結果なのでしょうか、このところ、安倍批判のネット投稿が急増しています。この場合、批判の的となっている安倍氏は日本政府や日本の政官財の支配層を代表しています。

 

 今、ネット国民の不満が確かに、安倍氏に集中しています。しかしながら、安倍氏は国民の前で演技をしている役者に過ぎなくて、その背後に、日本を動かしている黒幕が控えています。そして彼らは、日本国民に対して、完全にステルス化しています。その結果、日本の政治や社会に不満を持つすべての国民の批判が安倍氏に集中しています。

 

3.なぜ、国民の不満が募るのか:日本の支配層も日本政府も国民の方をまったく向いていないから

 

 マスコミは日本企業が過去最高の収益を上げて、300兆円の内部留保を確保していると日本の景気が良いようなことを言っていますが(注2)、格差は広がるばかりで、多くの国民は貧乏化しています。だから国民の不満といら立ちは膨らむ一方なのです。

 

 ネットにアクセスする国民は意識が高く、当然、安倍政権や日本政府官僚や財界やマスコミに不満を持ちます。その傾向は年々、強まっています。

 

 その不満エネルギーがネットの投稿サイトに噴出しているのです。

 

 だから、権力者は、これはまずいとネット規制を強化し始めているということです。

 

 しかしながら、いくら抑え込んでも、国民の不満エネルギーは消えません。

 

 今後、この状態がどのように推移していくのか、実に不透明です。

 

注1:ホットリンク

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

注2:週刊朝日“過去最高収益でも給料減 企業がため込む不安と内部保留”2016115

以上は「新ベンチャー革命」より
言論統制では民主主義国でありません。自由民主党の党名を変える必要があります。アベ独裁党となります。過去の自民党とは思えない最近の自民党です。政界再編が必要です。                                      以上 
 

« 奄美大島の東方約150キロ、水深5,000メートルの海底にはメガトン級水素爆弾が沈んでいる | トップページ | 1月・冬なのに、カナカナ蝉が鳴き、田んぼでは蛙が大合唱 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはりネット規制は強化されているようだ:

« 奄美大島の東方約150キロ、水深5,000メートルの海底にはメガトン級水素爆弾が沈んでいる | トップページ | 1月・冬なのに、カナカナ蝉が鳴き、田んぼでは蛙が大合唱 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ