カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米国依存から脱却、鳩山元首相、横浜で講演 | トップページ | 中国は北朝鮮を説得できるのか?(4/5) »

2016年3月30日 (水)

双子の彗星、記録的近距離で地球近傍を通過

小惑星

双子の彗星、記録的近距離で地球近傍を通過

                        ©                    Fotolia/ Paul Fleet
サイエンス
短縮 URL
173152

ほぼ同じような特性を持った2つの彗星が記録的な近距離で地球の脇を通る。252P / LINEARは21日に520万㎞の距離で 、P / 2016 BA14は22日に350万㎞の距離で地球とすれ違う。NASAウェブサイトより。

252P / LINEARは長さ230m。地球への最接近は21日15時14分(モスクワ時)。 P / 2016 BA14は22日17:30に最接近する。

これは人類の歴史の中で三番目に地球に近い彗星通過となる。 1770年にはD/1770 L1 (Lexell)が、1983年にはC / 1983 H1(IRAS- Araki-Alcock)が地球のそばを通った。

252P / LINEARおよびP / 2016 BA14は、地球にとって危険ではない。科学者たちは今回の接近を、これら彗星の物理的性質の研究に利用しようとしている。アマチュア天文学者が観察するには、非常に強力な望遠鏡が必要。

関連:
「プロトンM」火星への打ち上げ、生中継
火星と月の土壌のシミュレーションで初めて植物の栽培に成功
ISS 火星の表面と同じ環境の中で細菌が育つ
タグ
宇宙, NASA

コメント・ガイド
以上は「sputnik」より
今回は地球に衝突しなかったから良かったようなものの、何時もこのように運が良いばかりではありません。今後も次々と地球に接近することが増える見込みです。 以上

« 米国依存から脱却、鳩山元首相、横浜で講演 | トップページ | 中国は北朝鮮を説得できるのか?(4/5) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双子の彗星、記録的近距離で地球近傍を通過:

« 米国依存から脱却、鳩山元首相、横浜で講演 | トップページ | 中国は北朝鮮を説得できるのか?(4/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ