カテゴリー

  • gesara nesara
  • ウクライナ紛争
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 二パウイルス
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味
  • 鳥インフルエンザ
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 国民は民営化と規制緩和で略奪されている | トップページ | 国境が崩壊する時、ヨーロッパ社会は?その時に世界は? »

2016年4月20日 (水)

米露がシリアでの停戦に合意したが、その一方で戦争継続を目論むサウジとイスラエルが秘密会談

2016.03.03      

楽天プロフィール XML   

   

        カテゴリ:カテゴリ未分類    
     イスラエルの高官が率いる代業団が1月の後半から2月の前半、秘密裏にサウジアラビアの首都リアドを訪問し、サルマン・ビン・アブドルアジズ・アル・サウド国王をはじめとする王室のメンバーと会談したという。その後にサウジアラビアのアデル・アル・ジュベイル外相がハリド・アル・フマイダン総合情報庁(GIDまたはGIP)長官を伴ってイスラエルを極秘訪問、シリアやレバノンでの軍事作戦やイランに対する工作などが話し合われたという。話し合いの中でサウジアラビア側はパレスチナでイスラエルが何をしようと気にしないとも口にしたようだ。

 こうした動きの一方で、ロシアとアメリカも接触していた。昨年9月30日にロシアが始めた空爆が効果的で、シリアに侵略していたアル・カイダ系武装集団やそこから派生したダーイッシュ(IS、ISIS、ISILなどとも表記)の戦闘部隊が壊滅的な打撃を受けただけでなく、トルコからシリアへ延びていた兵站線やシリアやイラクで盗掘された石油をトルコへ運ぶルートも寸断され、侵略勢力(アメリカ/NATO、サウジアラビア/ペルシャ湾岸産油国、イスラエルなど)の予想を上回るスピードで崩壊していった。ワシントン・ポスト紙でさえ、アレッポを政府軍がおさえたことで戦争自体の決着がついた可能性があると報道している。

 当初、アメリカ政府は停戦を実現し、その間に侵略部隊の体勢を立て直そうとしたようだが、間に合わくなり、国連主導の和平交渉は2月3日に中断した。アメリカ支配層が国連へ事務次長として送り込んだジェフリー・フェルトマンが体制転覆工作に深く関わってきた人物だということは本ブログでも指摘したことがある。

 侵略勢力としては、自分たちの侵略軍への支援は継続したまま、ロシアの攻撃を止めさせて戦況を好転させたいところだろう。軍事攻撃で民主化はできない、平和はこないという主張はもっともらしく聞こえるが、侵略軍に対する外国勢力の支援に触れないなら、単なる侵略の応援団にすぎない。

 本ブログでは何度も書いているが、アメリカ軍の情報機関DIAでさえ、2012年8月に作成された報告書で、反シリア政府軍の主力はサラフ主義者、ムスリム同胞団、アル・カイダ系武装集団のAQI(アル・ヌスラと実態は同じだとしている)であり、西側、ペルシャ湾岸諸国、そしてトルコの支援を受けているとしている。しかも、報告書が作成された当時にDIA局長だったマイケル・フリン中将はアル・ジャジーラに対し、ISの勢力が拡大したのはオバマ政権が行った決断によるとしている。また、ウェズリー・クラーク元欧州連合軍最高司令官はCNNの番組で、アメリカの友好国と同盟国がISを作り上げたと語っている。

 国連が停戦交渉を中断する一方、2月10日にヘンリー・キッシンジャーがウラジミル・プーチン大統領と会談するためにロシアを訪問、2月22日にアメリカ政府とロシア政府はシリアで2月27日から停戦することで合意したと発表した。しかも、ロシアの要求通り、アル・カイダ系武装集団、ダーイッシュ、あるいは国連がテロリストと認定しているグループに対する攻撃は継続することが認められている。キッシンジャーの動きから考えて、全面核戦争をどう考えるかでアメリカ支配層は割れているようだ。

 サウジアラビア、イスラエル、さらにトルコやアメリカのネオコンも停戦をつぶし、どうにかしてアサド大統領を排除し、傀儡政権を樹立させたがっている。石油戦略、大イスラエルの実現、オスマン帝国の復活など思惑はいろいろだが、シリアやイランの現体制を破壊したいという望みは同じだ。

 サウジアラビアはトルコへ戦闘機を派遣、自国の北部では大規模な軍事演習を実施、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、オマーン、カタール、パキスタン、マレーシア、エジプト、モロッコ、ヨルダン、スーダン、そして勿論トルコも参加している。サウジアラビアからは、パキスタンから核兵器を購入済みだという話も発信された。とにかく軍事的な緊張を高めようとしている。

 サウジアラビアとイスラエルとの同盟関係は昨日今日に始まったことではない。前のGID長官、バンダル・ビン・スルタンもイスラエルを秘密裏に何度も訪問していた。イランやシリアなど中東情勢について話し合ったと言われているが、この2カ国にアメリカを加えた「三国同盟」は遅くとも1970年代の終盤に始まっている。

 ジミー・カーター政権で大統領補佐官だったズビグネフ・ブレジンスキーの戦略に基づいてワッハーブ派/サラフ主義者やムスリム同胞団を中心とする武装集団が編成され、CIAが戦闘員を訓練、武器や兵器を供給、資金源として麻薬密輸の仕組みも作り上げられている。(詳しくは拙著『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』を)

 2007年3月5日付ニューヨーカー誌にシーモア・ハーシュが書いた記事によると、アメリカはサウジアラビアやイスラエルと共同でシリア、イラン、そしてレバノンのヒズボラに対する秘密工作を開始していた。その手先がワッハーブ派/サラフ主義者やムスリム同胞団だ。

 アメリカのファシズム化を一気に進めただけでなく、世界規模で侵略戦争が始まる切っ掛けが2001年9月11日の出来事。西側の政府や有力メディアは封印しているが、この攻撃ではサウジアラビアやイスラエルの関与が疑われ、当然、疑惑の目はこうした国々と同盟関係にあるネオコンにも向けられている。そうした疑惑を持つ人が増えているひとつの結果が大統領選挙におけるドナルド・トランプの善戦だろう。    


以上は「櫻井ジャーナル」より
サウジとイスラエルはいずれ崩壊することになるでしょう。国際世論がこのような姿勢は認めないからです。不正義は長く続かない事例です。             以上

« 国民は民営化と規制緩和で略奪されている | トップページ | 国境が崩壊する時、ヨーロッパ社会は?その時に世界は? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国民は民営化と規制緩和で略奪されている | トップページ | 国境が崩壊する時、ヨーロッパ社会は?その時に世界は? »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ