カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ヨハネの黙示録の4騎士の登場はもうすぐ? | トップページ | 米国オレゴン州の町に響きわたった「謎の甲高いラッパ音は?」 »

2016年4月23日 (土)

惑星Xが今月、人類を滅ぼす?

惑星Xが今月、人類を滅ぼす?

惑星Xが今月、人類を滅ぼす?

                        ©                    写真: NASA/JPL-Caltech
サイエンス
短縮 URL
02386118

近い将来、早ければ今月中に、地球に膨大な数の彗星が降り注ぐかもしれない。この爆撃で種としての人類、そもそも生命一般が滅ぼされるかもしれない。

ブラックホール
                        ©                    Flickr/  NASA
これは、太陽系のなぞの第九惑星がすでに地球に向かって彗星の奔流を送ったために起こることだ。ルイジアナ大学のダニエル・ヴィトマイエル氏はそう主張している。

第九惑星、時に「惑星X」と呼ばれるその存在は、まだ理論的にのみ証明されている段階にとどまる。太陽系の周縁部に軌道が地球より数百倍大きい巨大な天体があるという事実は、今年のはじめにカリフォルニア工科大学のマイケル・ブラウンとコンスタンチン・バトゥイギンの両氏が提唱した。さらなる研究により、1万7117年の周期で太陽の周りを公転しているらしいことが示されている。

関連:
NASAの学者達 地球にとって潜在的に危険な8つの小惑星を発見
タグ
宇宙

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント
以上は「sputnik」より
今月それが起きるのかどうかは、分かりませんが、現在地球は、このようなことが何時起きても不思議ではない状況にあるのは事実です。時期がずれて後になるのかも知れませんがいずれその時が来るのは高い確率です。                    以上

« ヨハネの黙示録の4騎士の登場はもうすぐ? | トップページ | 米国オレゴン州の町に響きわたった「謎の甲高いラッパ音は?」 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惑星Xが今月、人類を滅ぼす?:

« ヨハネの黙示録の4騎士の登場はもうすぐ? | トップページ | 米国オレゴン州の町に響きわたった「謎の甲高いラッパ音は?」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ