ずくなしの冷や水さんのサイトより
http://inventsolitude.sblo.jp/article/175021580.html
<転載開始>

2016年04月24日

川内原発で異常発生確実 万一の場合への備えを

川内原発の制御棒挿入不能か
川内原発はノンストップ運転中??に情報を整理しましたが、川内原発で異常が発生していることは確実と判断しています。

この異常事態とは、必要なときに原子炉に制御棒を挿入することが困難になっているという事態と推定しています。

地震等で原子炉や関連施設が損傷した場合に、緊急に原子炉を停止することができませんし、連鎖反応の微調整も困難です。

冷却が継続できれば、すぐにはメルトダウンなどの事態は生じないと考えられますが、例えば、冷却用の水を送る配管が損傷し、送水が困難になった場合などには、原子炉の温度が上昇し、ベントを行う必要が出てくるかもしれません。

川内原発からの直線距離
都市 距離km
長崎市 105
宮崎市 114
熊本市 118
福岡市 196
土佐清水市 280
広島市 353
岡山市 466
大阪市 588
名古屋市 725
東京都 980
この季節の風は様々で変化が大きいです。


筆者は次の点に注目しています。
① 気象庁が震度3以下の地震については地震履歴に掲載しない扱いに変更しています。これはこの先も九州地方の地震が継続すると気象庁が考えていることを示します。

② 九州地方で地震が継続し原発に地震動が加わり続けるならば、施設全体に緩みやずれが生じ、それによる不具合が放射性物質の放出につながりかねない危険は高まります。

③ 福島第一原発事故の例にならうと、ベント実施の通報以前、爆発以前から原発近傍のMPの値が上昇しました。この段階では、特定の方角にある特定のMPだけではなく、次々と大幅な線量率上昇を示すMPが変わっています。

④ 原発の苛酷事故、特に爆発などの事象の前には放射性物質が漏れ、近傍では線量率の上昇が生じます。まずは南九州で線量率の上昇があるか注目する必要があります。

⑤ 原発から放射性物質が漏洩する場合、希ガスそしてヨウ素が先行する例が多いです。沸点の関係もあるのでしょう。近傍の方は、とにかくプルームに含まれる放射性物質を吸わないよう注意してください。ヨウ素剤の準備は出来ているでしょうか。

⑥ 筆者が人口動態統計を調べた結果では、福島第一原発事故後の初期吸気被曝が強かったと見られる地域では、人口動態の悪化がより早く、より強く表れ、またより長く続くとの観察が得られています。とにかく吸気被曝の回避が最優先です。

⑦ 線量率の上昇が見られたら直ちに屋内退避し、窓を締め切り、換気を止め、隙間に目張りをしてください。その上で情報を収集します。
事業主体や当局が情報を遮断、隠蔽する中で適切な避難等の判断は困難ですが、ここは個々人のサバイバル能力が問われます。

なお、降雨があると大気中の放射性物質が降下して空間線量率が上がります。空間線量率の上昇が見られた場合は、その時点の風向きや降雨の有無を確認し、通常の変動の範囲を外れたものであるか慎重に確認してください。

⑧ 九州北部は、南部の線量率の変化に注目してください。まったく情報がないので判断が困難ですが、爆発等の前には近傍での空間線量率上昇などの前兆があります。

気流の具合によっては、プルームが太平洋側に抜けると日本の南岸に沿って東進することもありえます。東京までの距離約1000km。福島第一原発から福岡までが直線距離で約1000kmです。


福島第一原発事故の際には、南相馬市で2011/3/12の午後9時に線量率がピークをつけた後、女川で3/13、午前1時15分にピークをつけています。この間の距離100kmを約4時間で飛んでいます。海上の移動は速いです。


(初出 2016/4/23 23時  追記 4/24 11時、14時)
posted by ZUKUNASHI at 14:18| Comment(8) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなし様 皆様

どうやら異常事態の様です。取り急ぎ

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/

2016-04-23 大沼氏の個人新聞
Posted by o at 2016年04月24日 01:01
雨の影響もあるようです。全国サムネイルがなくなってしまったので、変化をつかみづらいですが、
◎ ホワイトフード ⇒ http://news.whitefood.co.jp/radiationmap/

 ◎ NETC(核非常事態追跡センター)のマップ ⇒ http://netc.com/
ともに高くなっている場所の降雨や水準上昇度合いをアメダスや規制庁のMPで確認したほうが良いです。
Posted by ずくなし at 2016年04月24日 01:25
いつも貴重な情報を発信していただき、ありがとうございます。
初めてコメントします。地震後に、以下のツイートを見ました。

坂口恭平 –@zhtsss氏のツイート
https://mobile.twitter.com/zhtsss/status/721539666927706112
「一応参考までに。 熊本で政治家をやっている人のご家族の多くはもうすでに九州から離れてます。この地震は普通の地震ではありません。それを自覚しているのは新政府だけではなく、実は現政府も同じなのです。しかし、避難所に人がいなくなったら、ゼネコンが稼げないのです。意味を分かって。。」

普通の地震ではない、というのは群発地震のことかと思っていましたが、フクシマと同じという意味であれば、政治家の家族が放射能を恐れて九州を離れることも納得できます。
また坂口さんは、3.11後に関東から熊本に避難したようですが、今回は横浜に避難しているようです。彼は横浜の汚染についても知っているはずですが、それでも九州を離れて横浜に行くというのも、川内原発に異常があるとすれば話しが通るように思いました。
私は専門知識がないので、間違って妄想しているだけかもしれませんが、ずくなし様とぶうさんのコメントで気になった次第です。
私「も」皆さんと同じく、食べて応援しない非国民です。3.11の時は石川県にいたのですが、カナリア体質のようで、数日で激しい下痢になり、病院に行ったところ「最近こういう人多いんだよ」と言われ、何の検査もせず点滴だけされた覚えがあります。
私の腸は正直者らしく、汚染された食品を食べるとすぐに反応します。そのため、今では食べられるものが少なくなりましたが、少食のほうが免疫力アップという話しもあるし丁度良い、くらいに考えております。
以上、まとまりのないコメントですみませんでした。
Posted by な か む at 2016年04月24日 01:31
坂口恭平氏のツイートありましたね。覚えています。何を大げさなことをと思いましたが、お説のように考えれば、これも背景は同じですね。

次の記事おもしろいです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160423-00048482-gendaibiz-bus_all
坂口恭平の熊本脱出記(3)だから僕は、熊本から逃げ出した 余震は体に良くありません!
現代ビジネス 4月23日(土)13時1分配信

な か むさんの初期の身体症状詳しく教えてもらえませんか。
Posted by ずくなし at 2016年04月24日 01:55
ずくなし様

 〉高くなっている場所の降雨や水準上昇度合いをアメダスや規制庁のMPで確認

冷静なご指南をありがとうございます。
降雨や地殻性・火山性のラドンなのか、何があっても不思議ではないです。

国土交通省
http://www.river.go.jp/kawabou/ipRadar.do?areaCd=80&prefCd=&townCd=&gamenId=01-0706&fldCtlParty=no

新・全国の放射能情報一覧
http://new.atmc.jp/

全国の放射線量 エリア別統合グラフ 一覧
http://new.atmc.jp/prefs.cgi?d=day&pref=&a=&mode=per&q=

目が冴えてしまったので検索しましたが、
5年前にあったような英語版の別情報・夜中にこっそり発表は見つかりません。
Posted by o at 2016年04月24日 03:46
こんばんは

2度も原発からみの事件が発生したら、さすがに周辺国からクレームでるでしょう。定石としては無条件降伏でしょう。どこかで聞いた話です。

火の国熊本なので、阿蘇噴火でストレスが解放されればと思ったのですが、
地震ですから私なりにとても違和感あります。311に関東でいたときも
すごく余震が長く続いたので、これからどのぐらいエスカレートするのか、
収束するのかの見極めが大切か。3か月?半年ぐらい?

いずれにしろ、九州が関東東北のように汚染されたらもう、いよいよ手詰まり。
まともに食べれるものがなくなるのだから。子供でもわかる簡単なことです。
今回の地震で九州から供給される食べ物はしばらくは細るでしょうし、これだけ
でも、他の地域にとっては相当なダメージだと思います。ますます汚染食品
が幅をきかせるのですから・・。ほんとひどいです。
Posted by white at 2016年04月24日 03:57
昨日聞いた話です。熊本の携帯電話基地局がダメージを受けたので、県の要請で携帯電話を衛星でつなぐ技術者の派遣要請があったのだが、福岡に到着した時、熊本県で対処するので派遣要請を取り消すとの連絡を受け、4月22日に引き返したとの話を聞きました。同様に派遣要請のあった多くの医療関係者が引き返していたそうです。同時に、なぜ川内原発の停止命令が出ないのか不思議がっていた九電職員がいたという話も聞きました。
何があったのか不思議かつ不気味に思っていましたが、この記事を読んで1本につながったような気がします。ずくなしさん、いつも貴重な情報をありがとうございます。案の定何も報道されていませんが、報道があった時には日本滅亡かと、いや、滅亡する事態になっても何も知らないまま全滅するのが日本人の運命かと思ってしまいます。
Posted by アオミドロ at 2016年04月24日 13:35
ずくなし様。私は、3年前月に5回ぐらい休日は熊本の阿蘇神社と幣立神社に福岡から車で往復15時間かけて祈祷に行つていました。阿蘇の風景は、凄いです、そして見えない地のエネルギーが吹き出しています。この地の神が、怒つています。地震は続きます逃げることです。不気味です。
Posted by 西 亨 at 2016年04月24日 16:39
以上は「大魔邇」より
遂にその時が来てしまった様?です。福島原発事故の二の舞は困ります。まだ地震は収まっていません。十分注意が必要です。  以上