カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「これは酷い」リストラ誘発の再就職助成金僅か1年間で150倍に激増!仕掛け人は」あの竹中平蔵! | トップページ | ブリュセッル、パリ連続テロの調査に関する米国の援助を拒否 »

2016年4月11日 (月)

原則40年と決められていた原発の運転期間を20年延長することで脆性破壊の可能性が高まった

2016.02.27      

楽天プロフィール XML   

   

        カテゴリ:カテゴリ未分類    
     日本の原子力規制委員会は2月24日、関西電力高浜原発1、2号機の安全対策が新規制基準を満たすと認める審査書案を了承、運転期間を40年とする原則を破り、20年間延長することになった。「1回だけ」の延長だというが、運転を止めたなら廃炉の見通しが立っていない現実を人びとに知られてしまう。問題を先送りしたいのだろう。

 原発は本質的に危険な存在だが、多くの人が指摘しているように、老朽化が進めば「中性子照射脆化」で脆性破壊の危険性が高まる。圧力容器がそうした破壊をしたなら格納容器もECCS(緊急炉心冷却装置)なども役に立たない。

 老朽化した原子炉の場合、ECCSは破壊の原因にもなりかねない。専門家によると、冷却材喪失のような緊急事態がおきてECCS系が自動的に作動、冷水が一挙に炉内に流入すると容器は熱衝撃を受けて破壊される可能性がある。炉が急に冷やされると一次系の圧力が急激に低下、そのためにECCSの高圧水ポンプが自動的に作動して再び一次側の圧力が上昇、水圧力も作用するということも起こる。

 今後、高浜原発1、2号機はそうしたリスクを抱えながら運転されるわけだが、東電福島第一原発と同じように、地震で破壊される可能性もあるわけで、これから20年の間、過酷事故を起こさずに稼働すると期待するのは虫が良すぎるだろう。安倍晋三政権のような好戦派が中国と戦争を始めたなら、原発は「核地雷」、あるいは「人類破滅装置」として機能する。    
以上は「櫻井ジャーナル」より
原則は守らねばなりません。連中は事故が起きないと分からない餓鬼どもです。地元民も原発再稼働を了承するとは狂気の沙汰です。福島原発事故の教訓を忘れています。やはり事故が現実に起きて悲惨なことを経験しないと理解できない次元の人達です。事故は必ず起きます。                                      以上

« 「これは酷い」リストラ誘発の再就職助成金僅か1年間で150倍に激増!仕掛け人は」あの竹中平蔵! | トップページ | ブリュセッル、パリ連続テロの調査に関する米国の援助を拒否 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「これは酷い」リストラ誘発の再就職助成金僅か1年間で150倍に激増!仕掛け人は」あの竹中平蔵! | トップページ | ブリュセッル、パリ連続テロの調査に関する米国の援助を拒否 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ