カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「本日一番に確認する、重要点検項目一覧表」 | トップページ | エルニーニヨからラニーニヤへのバトンタッチ »

2016年4月 1日 (金)

中国は北朝鮮を説得できるのか?(5/5)

中国は北朝鮮を説得できるのか?――武大偉氏は何をしに?

ニューズウィーク日本版 2016年2月 4日配信掲載) 2016年2月4日(木)配信

5ページ中 5ページ目

前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次のページ



 また「アメリカには、北朝鮮に崩壊してもらうと朝鮮半島に米軍を駐留させる大義名分がなくなるので、北朝鮮が崩壊することをアメリカは望んでいないという事情がある」と、中国は踏んでいるということである。

 これは筆者にとって新しい知見だった。今回の取材の最大の収穫であったと言っても過言ではない。

 となれば、米中と中朝の間の水面下の交渉は単純なものではなく、今般取材した中国政府関係者が言うところの「アメリカの政治ゲーム」をあざ笑うかのような「あの北の若造」の暴走を抑制する困難性を一層際立たせる。

 北朝鮮が崩壊することを望んでないのは、中国だけではなくアメリカも同じで、ただアメリカの場合は、崩壊寸前までは北朝鮮を、いや「中国を」追い込みたいというポーズだけは取っていなければならない国内事情があると、中国は見ているということが、今回の取材から見えてきたように思う。

追記:なお本稿はあくまでも「中国側がどう思っているのか」に関して書いただけであって、実際にアメリカがどう思っているかに関して論考したものではない。その問題に言及すると、日本の米軍基地問題に触れなければならなくなるので、ここでは省く。

[執筆者]
遠藤 誉

1941年中国生まれ。中国革命戦を経験し1953年に日本帰国。東京福祉大学国際交流センター長、筑波大学名誉教授、理学博士。中国社会科学院社会科学研究所客員研究員・教授などを歴任。『チャイナ・セブン <紅い皇帝>習近平』『チャイナ・ナイン 中国を動かす9人の男たち』『ネット大国中国 言論をめぐる攻防』など著書多数。近著に『毛沢東 日本軍と共謀した男』(新潮新書)

※当記事はYahoo!ニュース 個人からの転載です。

遠藤 誉(東京福祉大学国際交流センター長)

5ページ中 5ページ目

前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次のページ


その他の記事: ニューズウィーク

  • 以上は「ニューズウィーク日本版」より

    •                                                                    

      « 「本日一番に確認する、重要点検項目一覧表」 | トップページ | エルニーニヨからラニーニヤへのバトンタッチ »

      経済・政治・国際」カテゴリの記事

      コメント

      コメントを書く

      コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

      (ウェブ上には掲載しません)

      トラックバック


      この記事へのトラックバック一覧です: 中国は北朝鮮を説得できるのか?(5/5):

      « 「本日一番に確認する、重要点検項目一覧表」 | トップページ | エルニーニヨからラニーニヤへのバトンタッチ »

      2020年9月
          1 2 3 4 5
      6 7 8 9 10 11 12
      13 14 15 16 17 18 19
      20 21 22 23 24 25 26
      27 28 29 30      

      -天気予報コム-

      ウェブページ

      無料ブログはココログ