カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« チャベス殺害、CIAと麻薬取締局は自分たちの痕跡を隠蔽 | トップページ | 過去2回は栄光の年だった「ヨベルの年」の今、イスラエルが得るものは勝利と栄光なのか! »

2016年5月30日 (月)

英国の非常に広い範囲で「特大級」の火球が多数目撃報告される

英国の非常に広い範囲で「特大級」の火球が多数、目撃報告される         

               

                2016/03/18             

                                             

2016年3月17日に英国で目撃された火球報告のうちのひとつ

fb-uk-01vk

 

3月17日に、英国の南部などを中心とした広い範囲で巨大な火球が目撃され、国際的な隕石監視組織 IMO のデータによれば、その日だけで「45」の火球報告があったそうです。

報告地域はフランスにまでおよぶ広範囲なものでしたので、同時に複数の火球が出現していた可能性もありそうです。

45-reportIMO

火球の目撃が報告された場所(赤が報告が集中した場所)
fb-sightFireballs.imo.net

S

 

火球の他の報告より

fb-02WATCHERS

fb-03

 

最近は、世界中で、火球の報告がものすごく増えています。

少し前に、

…「異常なレベルで激増する小惑星、火球、そして宇宙線」のデータ
In Deep 2016/02/23

という記事に書いたことがありますが、隕石と思われる火球と共に、地球に非常に近づく小惑星の発見もとても多くなっていて、今の傾向を見ていますと、今後も増えると見られます。

天体が賑やかなのも悪くはないかもしれないですが、あまり増えると、被害級のものが現れ始める可能性もあります。

-             自然の力, 隕石と小惑星            , , , ,          

« チャベス殺害、CIAと麻薬取締局は自分たちの痕跡を隠蔽 | トップページ | 過去2回は栄光の年だった「ヨベルの年」の今、イスラエルが得るものは勝利と栄光なのか! »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国の非常に広い範囲で「特大級」の火球が多数目撃報告される:

« チャベス殺害、CIAと麻薬取締局は自分たちの痕跡を隠蔽 | トップページ | 過去2回は栄光の年だった「ヨベルの年」の今、イスラエルが得るものは勝利と栄光なのか! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ