カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ランドアップ(除草剤)の毒性を確認 | トップページ | 日本における情報統制を批判した米紙も米支配層にとって都合の悪い情報は封印している宣伝機関 »

2016年5月28日 (土)

30年後には、何も食べるものが無くなる

社会
短縮 URL
328913

もし地球上の人口増加のテンポがこのままの状態で進行するならば、2050年までに人類は厳しい飢餓を経験するだろう。調査会社メタボリックは世界自然保護基金にこのような報告を行った。

メタボリックの報告を要点を短くまとめると、環境に配慮しない食料生産様式、森林伐採による農地開拓や資源の蕩尽、あるいはその他の要素によって気候や環境は悪化し、最終的には食糧がどこにもないというほどの環境崩壊を引き起こす、ということになる。

メタボリックの調べでは、そもそも環境バランスの維持のために手付かずの状態でおいておかねばならない土地のうち、その50%がすでに農地として開拓されてしまっている。

関連:
人類学者 中世の英国の子供たちの食べ物を明らかにする
研究者:トリュフは放射線耐性を持つ
孤児院の子どもたち、日本のラーメン初体験

コメント・ガイド

続きを読む http://jp.sputniknews.com/life/20160303/1714897.html#ixzz43aw9X87W

以上は「sputnik」より

「地球大異変期」にあり、異常気象などにより食糧不足は必至です。現在の人口70億人だけでも食糧は不足するようになるでしょう。食糧をめぐる戦争は起きることになりそうです。以上

« ランドアップ(除草剤)の毒性を確認 | トップページ | 日本における情報統制を批判した米紙も米支配層にとって都合の悪い情報は封印している宣伝機関 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30年後には、何も食べるものが無くなる:

« ランドアップ(除草剤)の毒性を確認 | トップページ | 日本における情報統制を批判した米紙も米支配層にとって都合の悪い情報は封印している宣伝機関 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ