最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 福島原発事故から5年を経て、深刻な影響が現れてきたが、言論統制/自己検閲で事実は隠蔽 | トップページ | 報ステが驚異の大スクープ!憲法9条(戦争放棄)は幣原喜重郎首相の提案であった事が判明! »

2016年5月 2日 (月)

ポールシフトに関する事実のダイジェスト版

ポールシフト関連ニュースのダイジェスト版

http://magneticreversal.org/ より翻訳

このウェブサイト、MagneticReversal.orgでは、NASAやNOAA(アメリカ海洋大気庁)、ESA(欧州宇宙機関)、地磁気データサービス(WDC for Geomagnetism)、その他の同様の信頼のおける機関からのデータを収集しています。

(画像: https://www.ck12.org

 


ポールシフトに関する事実のまとめ

1.南極点はすでに南極大陸を離れ、北極点も北極海を急速なスピードで移動している。

2.「地球の磁極は、反転する準備態勢に入っている」-ESA(欧州宇宙機関)所属の人工衛星SWARMの任務責任者

3.地球の磁極は1600年に弱くなり始めた。

4.1800年から2000年の間に、磁極は10%弱くなっている。

5.2010年までの間に、地球の磁極はさらに5%弱くなった。

6.2014年現在、磁極は急速に弱まり続けている。

7.磁極の反転(ポールシフト)は100年以内に起こる可能性も。

8.磁極の反転は(生物の)絶滅の原因となる。

9.聖書にある洪水は、磁極の反転が原因であった可能性も。





Super-Flood




その他のポールシフトに関する記事:


2003年 BBC
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/3359555.stm

2004年 ナショナルジオグラフィック
http://news.nationalgeographic.com/news/2004/09/0909_040909_earthmagfield.html

2006年 ナショナルジオグラフィック
http://news.nationalgeographic.com/news/2006/05/magnetic-field-1.html

2008年 NASA
http://science.nasa.gov/science-news/science-at-nasa/2008/16dec_giantbreach/

2011年 ESA(欧州宇宙機関)
http://www.esa.int/Our_Activities/Observing_the_Earth/The_Living_Planet_Programme/Earth_Explorers/Swarm/Overview/ 

アニメで観る磁極反転
http://wdc.kugi.kyoto-u.ac.jp/igrf/anime/index.html

2003年 NASA (磁極反転について)
http://science.nasa.gov/headlines/y2003/29dec_magneticfield.htm/

2008年 京都 アニメで観るポールシフト
http://geomag.org/info/Declination/magnetic_lines.avi

2011年 京都 視覚的に捉えたポールシフト
http://wdc.kugi.kyoto-u.ac.jp/poles/figs/pole_ns.gif

2011年ディスカバリー 
http://news.discovery.com/earth/weather-extreme-events/earth-magnetic-field-north-110304.htm


磁極反転に関するその他のウェブサイト:
http://phys.org/news/2014-06-video-magnetic-field.html#inlRlv

http://gji.oxfordjournals.org/content/199/2/1110 

http://newscenter.berkeley.edu/2014/10/14/earths-magnetic-field-could-flip-within-a-human-lifetime/

http://www.scientificamerican.com/article/earth-s-impending-magnetic-flip/

http://www.sciencedaily.com/releases/2014/10/141014170841.htm


Oxygen Disaster at Reversal:
http://ac.els-cdn.com/S0012821X14001629/1-s2.0-S0012821X14001629-main.pdf?_tid=3faaffa4-039c-11e4-9c00-00000aab0f01&acdnat=1404493214_7cdec2086658af4e80ef5dcfc60d4b41




(翻訳終了)




****



5 Truths About Earth's Magnetic Reversal





さらに詳しい情報は、本文中にそれぞれリンクが貼ってありますので、リンク先でご確認ください。


最近、日本の海岸線沿いでイルカが大量に打ち上げられていた時、ネット上では一部の外国人が「福島の放射能汚染が原因だ!太平洋は終わった」などと騒いでいましたが、魚などの大量死も同時に発生していないので、それはありえない説だと反論していました。

イルカの打ち上げについては、他にも地震の前触れという考えも根強いようですが、米軍の海中でのソナー(超音波)の実験が原因という説もあり、その他のイルカの大量打ち上げの発生場所などを考えるとそちらの説の方が可能性が濃厚だとは思うのですが、実はこの磁気のゆらぎによりイルカのセンサーが不調を起こして方向感覚を失ったために発生したという可能性もあるそうです。



いずれにせよ、ポールシフトが起きれば私たちが今騒いでいるようなことがすべてどうでもよくなるほどの大変化が起きるようです。結局は人間など、地球にしてみればごく小さな存在に過ぎないのですね。




以上は「地球の裏側ニュース」より
今回のポールシフトは78万年ぶりのことです。前回起きた時の磁極の変化の記録は、今般世界標準に記録された「千葉県の養老渓谷」にあり、「チバニアン」として記録されました。
今回の地磁気の逆転は約110年前の1905年頃から始まっています。ここ最近は急速に進行しています。そして遂に2016年6月~7月にかけて逆転するかも知れないと言われています。色々説がありもっと後ではないかという学者のいますが確実なことは誰も分かりません。最近の巨大噴火や巨大地震・異常気象もすべてこれが原因で起きています。現実に逆転が起きれば地球上の生物は大打撃を受けるのは間違いないことです。過去の逆転時には70%~80%の生物が絶滅しています。これは自然現象なので避けることは出来ません。
したがって安倍政権のように安保法制どころの騒ぎではないのです。自然との闘いナノです。無防備の日本は全滅です。                           以上

« 福島原発事故から5年を経て、深刻な影響が現れてきたが、言論統制/自己検閲で事実は隠蔽 | トップページ | 報ステが驚異の大スクープ!憲法9条(戦争放棄)は幣原喜重郎首相の提案であった事が判明! »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポールシフトに関する事実のダイジェスト版:

« 福島原発事故から5年を経て、深刻な影響が現れてきたが、言論統制/自己検閲で事実は隠蔽 | トップページ | 報ステが驚異の大スクープ!憲法9条(戦争放棄)は幣原喜重郎首相の提案であった事が判明! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ