カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカの愚かしい”報道”機関 | トップページ | 英紙が報じた「アベノミクスの末期症状」ステレス増税が日本にとどめを刺す(3/6) »

2016年5月11日 (水)

爆心地での被爆にご留意を!

爆心地での被爆にご留意を!   

      

<<                 作成日時 : 2016/04/17 16:05                  >>      

ガッツ(がんばれ!)            ブログ気持玉 182 /             トラックバック 0 /       コメント 7

         
      熊本地震の「起爆」に通常核か小型の中性子爆弾を使用した恐れがあります。

それも海底ではなく、陸上の地中に於いてです。

報告では、空間放射線量が上がっているようですので。(α、β、γ線とも通常のガイガーカウンターで検出されます。)

どちらの場合でも、中性子線が産出されますが、これが、曲者です。

爆心地で被災者の方が中性子線で被爆している可能性があります。地震後48時間以内に現場に入った方も被爆の恐れがあります。

911の消防士、警察官、作業員、粉塵をかぶった被害者が次々と癌を発症している事実があります。

ガイガーをお持ちの方、出動してください。中性子線以外は計測できます。ご報告を。

2016/4/17 11:09

http://netc.com/

放射線量も上がってます。 これだけあからさまに上昇してますので、 旧式の弾頭(原爆)を使ったと思います。 あまり隠す気もない様ですねw。 コマンド部隊二人が熊本、大分に 実測に行っています。 U君、O君、ありがとう!

Usagi 
<熊本地震>熊本、阿蘇、大分…3つ別々の地震が同時...
            
 
    
                     

      

以上は「リチャード・コシミズ氏」ブログより

やはり人工地震だったのですね!ご苦労様です。    以上

« アメリカの愚かしい”報道”機関 | トップページ | 英紙が報じた「アベノミクスの末期症状」ステレス増税が日本にとどめを刺す(3/6) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爆心地での被爆にご留意を!:

« アメリカの愚かしい”報道”機関 | トップページ | 英紙が報じた「アベノミクスの末期症状」ステレス増税が日本にとどめを刺す(3/6) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ