カテゴリー

  • gesara nesara
  • ウクライナ紛争
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 二パウイルス
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味
  • 鳥インフルエンザ
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 北海道補選不正選挙を野党もメデイアも追及しない、これが国民を覚醒させます | トップページ | フリーエネルギーへのヒント »

2016年5月 3日 (火)

報ステが驚異の大スクープ!憲法9条(戦争放棄)は幣原喜重郎首相の提案であった事が判明!

★阿修羅♪  > 政治・選挙・NHK201 > 858.html              
          
   
      
 
報ステが驚異の大スクープ!憲法9条(戦争放棄)は幣原喜重郎首相の提案であった事が判明!木村草太氏「押しつけ憲法論こそ…
http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/858.html

投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 26 日 19:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU 

   
 
 

【報ステが驚異の大スクープ!】憲法9条(戦争放棄)は幣原喜重郎首相の提案であった事が判明!木村草太氏「押しつけ憲法論こそ思考停止」
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/13475
2016/02/26 健康になるためのブログ

ショートバージョン憲法9条は幣原喜重郎首相のマッカーサーへの提案であった

憲法9条は幣原喜重郎首相のマッカーサーへの提案で... 投稿者 gomizeromirai

全編総理と祖父“改憲の原点” 岸時代の調査会肉声発見

総理と祖父“改憲の原点” 岸時代の調査会肉声発見 投稿者 nnol2016

以下ネットの反応。













「押しつけ憲法」などと言っているのは、当時の国会議員やその国会議員を選んだ人々への侮辱

木村草太氏はVTRの中でこうも言っています。安倍総理・日本会議・ネトウヨが後悔の涙を流さずにはいられない言葉ですね。

建設的な憲法改正論・必要なうえでの憲法改正論なら話し合う価値はありますが、「日本人が作ったモノじゃないから」という感情から憲法を変えると言うのは、決して良い方向へは行きません。

そして、こうして事実(押しつけ憲法ではない)が明らかになったわけですから、「押しつけ憲法」という土台から憲法を考えてきた人たち(安倍総理・日本会議・ネトウヨなど)はもう考えを改めるべき時でしょう。考えを変えることは全然恥ずかしいことではありません。

 

   

   
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

   

   
コメント
 
1.    中川隆[1686] koaQ7Jey 2016年2月26日 19:48:13 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[1608]

戦争放棄の第9条は米軍の日本の占領政策として考えたもの。

敗戦国の日本がクーデターや共産革命を起こさない様に戦力は一切持てない様にしたのさ。

占領政策は昭和天皇とマッカーサーが何回も会談を重ねて決めた

戦前も戦後も日本の外交は昭和天皇がすべて決めていたよ

戦後総理になった吉田茂も昭和天皇の指示通りに動いていたしね

東京裁判は昭和天皇の戦争犯罪を陸軍軍人にすべて肩代わりさせる目的で行った

南京大虐殺, 731部隊の人体実験とか従軍慰安婦強制連行は昭和天皇が直接指示してやらせたものだったので、東京裁判では意図的に触れない様にした

浅香宮の様な昭和天皇の虐殺指示を軍部に伝えた皇族は裁判には出さない様にした

昭和天皇は自分がアメリカとグルだったとばれない様に色々工作したのさ

東京裁判の事を検証すると天皇制を廃止せざるを得なくなるんだよ

昭和天皇とマッカーサーが一緒に写った写真は意図的に昭和天皇をみすぼらしく撮ったヤラセ写真

マッカーサーの昭和天皇との会見記も嘘八百のでっち上げ

マッカーサーは当時世界一の資産家だった昭和天皇から巨額の賄賂を貰ったという噂だよね

昭和天皇がルーズベルトに日本を占領して共産革命から守ってくれと頼んで太平洋戦争を始めたんだろ

沖縄返還の時に米軍が出て行こうとしたのを引き止めたのも昭和天皇

昭和天皇が御前会議の内容をすべてルーズベルトに伝えていたのは有名な話
つまり、真珠湾奇襲攻撃はルーズベルトが昭和天皇に指示してやらせたんだよ

そもそも当時の日本で真珠湾の事を良く知っていたのが昭和天皇だけだったというのは有名な話

アメリカは不景気対策として日本と戦争したがっていた
それで昭和天皇に命令して真珠湾を攻撃させた

宣戦布告を遅れさせたのもルーズベルトの指示だろうね

天皇が護憲派なのは、天皇一族は日本国憲法で保障された日本最大の既得権益者だから簡単に改憲される様になったら困るんだよ

そもそも米軍が東京の近くにいるのも革命から天皇一族を守る為

日本に軍隊が有るとクーデターや革命を起こして天皇一族を処刑する可能性があるので、昭和天皇は

日本が永遠に軍隊を持てなくなる様にしてくれ

とマッカーサーに頼んだのさ

それが第九条の背景

昭和天皇も今上天皇も軍人によるクーデターや革命を極度の恐れているから、日本軍を持たないで米軍に皇居の近くに駐留して天皇一族を守ってもらいたいという事さ

___

マサチューセッツエ大教授のジョン・Dダワーは米国の公文書館で天皇ヒロヒトの発言を見出した。

① 天皇は「日本人の心にはいまだに封建制の残澤がたくさん残っている。それも根こそぎにするには長い時間がかかるから占領は短かすぎない方がいい」といった。

②「神道を奉じる分子とその同調書は反米的だから警戒を要する」といった、というものである。

ヒロヒトの発言は決して日本国の象徴たるものにふさわしいといえない。まさに偽帝の言というべきである。
http://www.snsi-j.jp/boards/sirogane/152.html


    
2.  2016年2月26日 19:59:44 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[840]
ハッキリしましたね。押し付け憲法論はデマ。

    
3.    知る大切さ[4507] km2C6ZHlkNiCsw 2016年2月26日 20:02:38 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[520]

小学館『少年少女日本の歴史』
「幣原首相が、憲法に戦争放棄を盛り込むよう提案」1989年版
→「マッカーサーが、戦争放棄を提案」1994年版

おお怖いねー  変えた編集部に対して何かの力が働いたて事だね。

  どーしても押し付けとしたい勢力がいるんだ。


    
4.  2016年2月26日 20:16:53 : VmoJnQfY7s : Uq4cr5fT4k8[69]
あらら >>1さん 悔し涙の100乗*100乗ですか? 

    
5.  2016年2月26日 20:23:43 : TRKeqVu12Q : 01t5T@_VnTY[1]
中川隆のコメが泣けてくるなw

ネトウヨの反撃として唯一考えられるのは、米軍に憲法9条の戦争放棄の原案を提案した幣原喜重郎は在日だったという荒唐無稽で脳の溶解したような反論くらいかな。


    
6.  2016年2月26日 20:56:19 : 4XDKrNSC1g : so0uSXnIt9s[17]
>>4
だってよ、だってさ、悔しくて、悔しくて、悔しくて×100乗
涙、涙、涙×100乗でさぁ、
書かずにはいられなかったんだょうーーー
ちっくしょうーー、ちっくしょーーーーーーう!!
○○のばっかやろーーーー×100乗

    
7.    じょんまん[345] graC5YLxgtyC8Q 2016年2月26日 20:56:44 : 5yUJTjTsnM : N6G9xx3i3bU[147]

>>1.中川隆は、阿修羅出入り制限中なのに、阿修羅閲覧者の認識・判断を撹乱・分断するため、必死になっています(グスン😢)

     阿修羅では、中川隆を誰も信用しないでしょう(爆)



    
8.  2016年2月26日 20:59:36 : BtCjAx4agY : FE8ayW7_eWk[3]
「憲法第九条(戦争放棄)は日本人の発案」(相曾誠治『サニワと大祓詞の神髄』山雅房 平成21年)

《 白鳥敏夫(一八八七~一九四九年)も同じA級戦犯になりました。東大出の秀才で、イタリア駐在の大使を務めた後、翼賛会から代議士に転じています。その白鳥がある日、何を間違えたのか突然、わたしに面会を申し込んできました。
 「外務省の役人から君の著した『天孫降臨の大義』という本を見せてもらったが、君はほんとうに神様を信じているのか?」
 「白鳥先生、わたしたちは神様の子どもです。外見こそ人間の姿をしていますが、間違いなく神の末裔です。そうおっしやる先生御自身も同様です」
 「いや、そんなこと言う人に初めて出会った。もう一度聞くが、確信あるのか?」
 「もちろんです」
 「それではちょっとつきあってくれんか」
 「どこへですか?」
 「ある街に大変な霊能者がいるそうだ。そこで日本の将来を占ってもらおうと思うのだが」
 独りでは心もとないという白鳥にわたしは同行しました。霊能者はおばあさんで、信奉者が引きもきらずに訪れるにぎわいです。ところがそのときはおばあさんが神霊に伺ってもなんら回答がありません。日が悪いから帰ろうということになり、二人ですごすご引き返してきたことがあります。
 よしあしは別として、実はそのころから白鳥は神(霊)がかりを始めるようになっていました。応接間でわたしと話している最中、ひょいと立ち上がっては窓から外に飛び出したりします。窓の高さは簡単にまたげるほど低くありません。加えて、白鳥は相当な肥満体です。身軽な身のこなしを見て白鳥に霊が作用していることを悟りました。
 「相曾君、困ったな。日本は負けるかもしれないぞ」
 「わかりますか」
 「うん、わかる」
 「白鳥先生、今、そんなことを口外すると危ないですよ」
 「うん、わかっている」
 白鳥がA級戦犯に指定されてからのことです。
 「”争うな、戦うな”が皇祖皇宗の教えというのは真理か?」
 「もちろんです。戦ってはいけません。戦ったから負けたのではないですか」
 「確かにそうだな。初めてわかった。処刑される前に最後の御奉公をしたいのだが……」
 「先生、いったい何を考えておられるのですか?」
 「ほかでもない。新憲法に戦争放棄をうたうようマッカーサーに英文で手紙を書いたのだ」
 「先生が直接渡すのですか?」
 「いや、じかでは先方も受け取らないだろう。大先輩の幣原の所へ持っていく」
 こうして幣原喜重郎(一八七ニ~一九五一年)首相の所に戦争放棄の原案が持ち込まれたわけです。幣原は外務次官や外務大臣などの外交官畑を歩いてきた政治家です。終戦後の一九四五年十月、首相に就任し、占領軍の政策に従って憲法の改正に着手しました。
 幣原は白鳥の発案であることを極秘にし、戦争放棄の案をGHQに提出します。この秘話を知っているのはほんの数人だけです。戦争放棄は進駐軍から押し付けられたと世間一般では考えられていますが、実は白鳥敏夫の発案だったのです。
 幣原の子息はかつて独協大学の教授をしていましたが、このいきさつについては全く知りませんでした。
 「父は戦争放棄の原案には全く関与していません。日記や書き残したメモにも全くそのような経緯は見当たりません。何かの間違いではないでしょうか」
 幣原はそこまで慎重に事を運んだのでしょう。
 ただ、白鳥の後輩に当たる外交官がわたしの話に近い内容を週刊誌で発表したことがあります。幣原やわたし以外にも白鳥から胸中を打ち明けられた人がわずかにいたのでしょう。
 現行憲法の第九条、戦争放棄は神界のおぼしめしです。》
http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2015-08-05

    
9.    スポンのポン[1986] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年2月26日 21:45:03 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[185]
 
 
>『まさに日本が占領下にあって、この憲法が作られたのは事実であろうと」

■安倍はもともと9条が日本人の発案であることを知っている。
 だからこういう当たり前だが絶対に否定されない言い方をしている。
 
 『占領下であろうと、日本人の考えによって作られたのは事実だ』
 と安倍に野党は反論するべし。
 
 
 


    
10.  2016年2月26日 21:45:51 : axdxgm3Wdc : WoR5VAJtx2c[272]
古舘が いる間に出そう 切り札を

    
 
   
11.    ボケ老人[342] g3uDUJhWkGw 2016年2月26日 22:09:46 : BaFcSfFnNM : 7Y5rAonq3r0[24]
>中川隆 さん

昭和天皇が現在の日本国憲法に違反してマッカーサーと10回とか11回とか会談して二重外交を行ったことは事実ですが、あなたの書込みは、やれ田布施だとか、百済だとか碌でもない書き込みと同じですね。
いくら素人の掲示板といえども千六百回を超える書込みをする大家ならもう少し理路整然としたものにすれば?

日本国憲法がGHQの押し付けであったことは一面事実です。
旧体制の日本側が出した初期草案は大日本帝国憲法の字句を変えただけの鼻持ちならないものでした。
当然のことながらGHQはやり直しを命じ、GHQ自身も日本各地の在野の憲法案を集めて英訳しました。これらにGHQ若手将校の理想(基本的人権)も込めて憲法草案を作成、日本語訳にしたものが日本国憲法となった。
九条は日本の台頭を決して許さない足枷として米側が押し付けた。
これが今までの定説です。

ところが日本国憲法の背骨となる九条(戦争放棄)は米側ではなく、マッカーサーも驚く幣原喜重郎の申し入れによるものだったことが判明したわけです。

この時の日本国民の総意は満州生き残りの戦犯であった岸ら一部を除いて2度と戦争なんかしたくないと願ったのです。

昭和天皇は共産革命を恐れ、天皇制維持を図るため、極東委員会等の公式の場に対しては戦争責任を東条に押し付け、一方マッカーサールートには朕の責任と2通りを使い分けたのです。
この責任逃れの体質が無責任大国を作っているのです。


    
12.    スポンのポン[1987] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年2月26日 22:11:20 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[186]
 
 
 
■『思考停止になる』という停止した思考
 『レッテル貼りだ。』というレッテル貼り
 『平和ボケ』というボケた頭
 
 
 

    
13.  2016年2月26日 22:52:10 : FbBFDZXOVv : pqHnTvH8E6U[15]
見た。
納得。


    
14.  2016年2月26日 23:22:47 : GvqAO0CB6A : C0WWm7g23_A[4]

現行の日本国憲法の「原案(草案)」を考えたのは、実は【日本人】なんだよ。

鈴木安蔵ら、憲法研究会の作成した『憲法草案要綱』が英訳されたものがGHQの目に止まって、
それが、現行憲法の基になったのは事実。
更に幣原喜重郎ら、当時の日本政府が天皇の地位を守るために九条を憲法の条文に追加したのだ。

ちょっとグーグルで鈴木安蔵や『憲法草案要綱』のことを調べたり、ちゃんと図書館に行って、関連の書籍を読めば判ることだ。(そもそも専門家でも何でも無いGHQの軍人だけで憲法を作れる訳がない)

もう、くだらないプロパガンダや出鱈目には、うんざりだよ。


    
15.  2016年2月26日 23:54:11 : XC98zjxU9k : 4XjRNP6hEtQ[8]
さすがに今回の放送は録画した。
正解だったようだ。

    
16.  2016年2月27日 00:52:47 : QN5S1WvDYw : fJh329qpraM[125]
2・26事件の全容を知り、天皇の呪縛を解こう

アメリカが抹殺した理由は?

デビッド・バーガミニ(David Bergamini 1928~1983)は、アメリカでベストセラーになった1971年の著書『天皇の陰謀』の日本語版序文(ただし1983年発行の新書版のみ)で、「私はこの著作のせいで文筆活動を絶たれることになった」と書いている。

この序文は、非常に重要だが、誰も指摘していない。バーガミニを抹殺するために、200~500万ドルの賄賂・監視料が使われた。日本政府から出た資金ではない。
エドウィン・ライシャワー駐日大使(妻は松方正義の孫・松方ハル)を中心とする米国エリート勢力だった。
また、アメリカの主だった学者は、揃ってバーガミニをインチキ扱いしている(日本研究の権威だったライシャワーの影響力によるものだろう)。

バーガミニ本人は、昭和天皇・裕仁の戦争責任を暴いたつもりだった。したがって、日本から非難を受けることは想定していたが、祖国アメリカから称賛はされても、まさか攻撃を受けるとは思っていなかった。その結果、バーガミニは、愛国心を喪失したと書いている。

どうして天皇のことを暴くと、アメリカ国内の勢力から攻撃を受けるのか? それは、裕仁がイルミナティの養成したロボットであり、ザビエル以来の日本破壊の計画を完成する重要な役割を担っていたからである。裕仁は「平和を愛したが軍部に押し切られた無力な天皇」でなければならなかった。

二・二六の決起趣意書の真意は理解されているのか?

川島義之(陸軍大将)が裕仁の前で読み上げた二・二六の決起趣意書(北一輝が手を入れたという)をバーガミニは「外政上の紛争から手を引き、内政改革と日本の伝統保持に傾けるよう天皇に求めたもの」と評価している。
これは妥当な解釈である。
農村は困窮していた。
本庄侍従武官長、陸軍中枢部も決起将校たちに同調的だった。
日本の書籍やマスコミで一般的に理解されているものとは乖離がある。《乖離かいり》そむき、はなれること。 

今でも、官僚、政治家、企業が悪いと言われているが、基本的にはそれと同じ趣旨で、庶民の観点に立っている。

決起将校たちは、天皇が庶民の味方だという根本的な勘違いしていた。
庶民の味方であるわけがない裕仁は、徹底鎮圧を指示した。
木戸幸一(きど・こういち、1889~1977年。長州藩の木戸孝允=桂小五郎が大叔父)も徹底鎮圧を勧めた。

396年計画 1549.8.15-1945.8.15

こうして一般民衆を敵視し、権力者に操縦されるだけの天皇ロボットの歴史は、ザビエル来日の昔にまで遡る。
ザビエルは、1549年8月15日(カトリックの聖母被昇天の祝日)に、現在の鹿児島市祇園之洲町に来着した。

日本を訪問したザビエルは、「日本人は危険な存在である、最後の一人まで抹殺しなければならない」とイエズス会の本部に報告した。
鎖国を経て、ペリーがやってきて、孝明天皇が暗殺されて以来、日本は麻痺状態。
それ以降の天皇・日本政府はイルミナティの檻の中の実験動物のようなもの。

イルミナティは薩摩藩、長州藩に浸透した。
西郷隆盛はイルミナティの傀儡になることを拒否したため、西南戦争で抹殺された。
孝明天皇の暗殺、明治天皇のすり替えを経て、大正天皇の頃には、イルミナティの宮中浸透は完成していた。
大正天皇も昭和天皇も、そうした環境で育ち、日本をイギリスやアメリカのような国家にすることを夢見ていた。

明治天皇は薩長の傀儡だった。
間接的にはイルミナティの傀儡とも言えるが、それでも、少年時代は日本人として育っていたため、簡単には染まらなかった。
西郷を殺すことにも本心では反対していた。だから、死後に西郷の名誉回復もしている。
日清戦争にも反対していたが、明治天皇の意志に反して、行われた。
だから、明治天皇を単なるイルミナティの傀儡、国賊と言うべきではない。

大正天皇の不発クーデタ。
大正天皇は精神を病んでいたといわれるが、西園寺は自分が仕えた4代(孝明~昭和)の中で最も知性に優れていたと語っている。
大正天皇はナポレオン、アレクサンダー大王を理想として日本を改造したかった。
議会は廃止して天皇独裁にしたいと思っていた。
日露戦争で莫大な外債を抱えていた。議会が予算を承認しないと困る。
陸軍・海軍を増強して「帝国」にしたいのに障害になる。その天皇の考えに山県有朋は衝突した。

裕仁は大正天皇が不発に終わったクーデタを実行しようとした。
立花隆の『天皇と東大』によると、上杉憲法学は議会の撲滅を主張していた。
議会を大政翼賛会とし、日本を破壊するための軍国主義体制を整えるように「宮中」から指示をしていたのが裕仁である。
日本を戦争に導くため、戦争反対派(皇道派)を一掃する「きっかけ」として利用されたのが二・二六事件だった。

イルミナティが日本を完全に抹殺するためには、自滅の軍事力を築く必要があった。
だから、イルミナティの軍隊で占領する必要があった。
しかし、遠くイギリスから軍隊を派遣することはできない。
ではどうやって抹殺したのか? 
エージェントを養成し、西洋のような国を目指すように仕向け、大きな軍隊を作り、戦争を起こさせて、自滅させるのだ。
良識ある官僚、政治家、軍人ならば、そんなことは反対する。
英米、中国、ソ連と世界のすべてを敵にするような戦争をするわけがない。
その反対を押し切るためのエージェントが天皇だった。
英米の言いなりになるアホをトップに据える必要があった。その仕掛けが、絶対的天皇主義。
それが完成したのが二・二六の後。
二・二六事件までは陸軍の圧倒的多数は中国大陸での戦争に反対していた。
中国に100万の軍隊を展開しながら、太平洋でアメリカと戦うのは、自滅の戦争であることが子供でもわかる状態だった。
だが、それに反対するのは、天皇が許さない。そういった仕組みが二・二六で完成した。

中国への戦争に反対していた真崎大将を二・二六事件の「黒幕」だとして刑務所に閉じ込めている間に、統制派は中国との戦争に火をつけた(1937年の盧溝橋事件)。
こうして最後にイルミナティの日本滅亡計画(敗戦革命)を完了させるため、アメリカを相手に戦わせたのが「太平洋戦争(Pacific War=平和の戦争)」である。
近年になって公開された米国政府文書により、アメリカがわざと真珠湾攻撃に日本を誘い出したことは明かになっている。
開戦時、日本側では、内大臣の木戸幸一が中国からの撤兵反対、米国との対戦を主張して、米国の謀略に合わせていた。
これは、木戸というより裕仁だった。近衛は、その逆で止めていた。
終戦の半年前の昭和19年2月には「近衛上奏文」(「一億玉砕」はレーニンの「敗戦革命論」のための詞)で戦争に導いてきた共産主義に染まっていた軍人たちの一掃を勧めているが、裕仁はこれを無視し、特攻隊、本土空襲、原爆投下をまねいている。

太平洋戦争は、1941年12月8日(カトリックでは聖母の無原罪の御宿りの祭日)の真珠湾攻撃に始まり、1945年8月15日(カトリックの聖母被昇天の祝日。ザビエルの上陸記念日)の「終戦の詔勅(玉音放送)」で終わった。

裕仁の売国奴ぶりは終戦後も続く。
吉田茂は、日米講和条約が成立すれば米軍は撤退するものだと思っていた。
ところが、吉田茂の知らないところで昭和天皇が裏取引し、ダレス(ロックフェラー財団の有力者)と秘密交渉、米軍が無期限に日本に駐留することにさせた。
沖縄は、半永久的に米国の領土として認めるといったことをダレス(ロックフェラー財団)に言っている。

「いま日本に天皇陛下はおられるのでしょうか?」

皇道派の支持者だった山口富永(ひさなが)さんが昭和19年に陸軍に入隊するとき、真崎大将を訪ねて聞いた。「いま日本に天皇陛下はおられるのでしょうか?」 それに真崎大将は「226の将校もそれを嘆いて死んでいった」と答えている。
その真崎大将も、宮中(裕仁)に抵抗することはできなかった。
真崎大将の死後、その長男が裕仁の通訳を30年も務めた。
この天皇の呪縛を超えない限り、日本人に未来はない。

と言った、話があります。
今の、日本のメディアを使い、国民の無関心者を増やし情報規制や情報統制など行い間違った認識を刷り込み、
そして、安部政権の軍国主義まっしぐらの背景には、天皇財閥が深く関係してるんですね。
ちなみに安部や麻生は、天皇の親戚ですよ。
歴代内閣総理大臣には、5人も天皇の親戚がなってるんですね。
あと、民主の辻本清美議員は、天皇制反対してますから、右翼団体やネトウヨに反日とよく絡まれるんですね。
そして、辻本清美議員逮捕は、おかしいところがありありで、まあ、そんなことより、自民党の議員たちは、派手なことばかりしてるのに捕まらないのは、おかしいでしょ?
これは、天皇財閥の為に自民党は働いてますから、天皇財閥は彼ら自民汚職議員をメディアや役人を使って保護してますから、なかなか逮捕されないのは当然なんですね。
まあ、こういった感じに、世の中理不尽に出来てますよ。


    
17.  2016年2月27日 01:15:18 : rCKM1EdUYA : p17kZKMusaI[4]
古館さんのまとめがわかりやすい

国家と自分を同一視して、個人的な憎しみの感情を(憲法に)ぶつけるって、59年前の改憲派ってまさにネトウヨじゃんw
まー本来戦争責任を取るべき人たちなんだろうから、ネトウヨより罪深いが
改憲論議の前に、まずはカウンセリングにでもかかって、個人的な感情の整理をしなさいということなわけだ

それにしても、よっぽど安全な場所から戦争を楽しんでいたのか、国民の犠牲と悲しみに対する感受性の欠如に驚く
改憲派の人たちにとって、敗戦は単なる屈辱であって、解放でも何でもなかったんだな


    
18.  2016年2月27日 01:25:14 : npDLF2UBNs : 3clQILjO0Ws[97]

  みどり君が、日本のぞうりは、馬鹿ほど履き易い???。ん・・ムムッ・・・

    と言いましたが、

      朝 鮮 を24回も連呼するのは精一杯で、

        慰安婦で、大ウソこいて、大恥かいて、痛い思いで学習したかと思いきや、

          またこけて、大恥の上塗り・・・

   =========

     越後屋本舗のシンクタンクに、勝股君と奥タくんと勤務してた、刺青イロイロ・・・

       勝股君が危うくなると見るや、シンクタンクからニゲチャッタァ・・・

   =========

      みどり君が、日本のぞうりは、馬鹿ほど履き易い???。ん・・ムムッ・・・

     国連の敵国条項を外されてない日本は、世界の忌むべき敵国だから、

       みどり君たちは、ケツの毛まで抜き取りたいんだろう・・・

         そして、被爆の実験の続きもやりたい・・・

     こんな悪魔の国家に、魂を売ってる、越後屋と悪代官を、選挙で追い詰めねば・・・

       古館さんも、あと一ヶ月、

         精一杯頑張ってください・・・・・・・



    
19.  2016年2月27日 01:40:51 : OwwF3WOycc : xAWyFBMsSJ8[10]
憲法を踏みにじった連中が、憲法を押し付けと批判するのは、盗人猛々しい。憲法違反を平気でする連中が、憲法を改正して、また踏みにじるのか!!! 馬鹿馬鹿しいにもほどがある。安倍政権のやってることの結末を考えると、何もしないほうがまし。

    
20.  2016年2月27日 01:46:01 : deQHx0Fnvs : WWUoRyoNFu4[3]
安倍のような「戦争屋」は、平和平和と叫びながら「危機を煽り」国民を戦場へ運ぶ。
自分達は戦場には行かず、武器を作る三菱とかと結託してビジネスの金勘定。

改めて良く考えみよう、「戦争で平和が築ける」訳けが無い。
平和は「外交」しかない。
戦争で「得」をするのは、武器商人とそれと結託した安倍のような似非政治家だろう。
似非をつけても、安倍を政治家と呼びたく無いけどね。
安倍は、タダの馬鹿。


    
 
   
21.  2016年2月27日 02:47:32 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[368]
>>1
なるほど
>昭和天皇がルーズベルトに日本を占領して共産革命から守ってくれと頼んで太平洋戦争を始めたんだろ
この1行以外は、そうなんだと思う
昭和天皇が戦争を始めた目的は、日本人を殺すことと、近隣国から財宝を略奪する、の2つだと思う
日本人を殺すというのは、ザビエルから始まる白人の日本人への恐れを、
英国軍人でもあった天皇が白人の手先として行ったものと思う

GHQが東京裁判を行う目的が分からなかったが
東京裁判は、天皇の戦争責任を陸軍になすりつけるための
天皇によるショーだったという見方は目からウロコ

幣原は首相になることを嫌がっていたが、昭和天皇の説得によって首相となった
幣原はマッカーサー案を原案として採用し修正することを決め
これを昭和天皇が激励した
昭和天皇は政治的行動を禁止されていたが、ここに口を挟まないはずがない
戦争放棄は幣原の提案というより、昭和天皇の意向を幣原が受けたものだろう

中国に100万人を派兵し、東南アジアの隅々まで派兵して餓死させ
それでアメリカと戦争するという日本人全滅作戦を実行したのだから
国民からの反撃を恐れて、米軍に抑えこんでもらおうと考えるのは当然


    
22.  2016年2月27日 03:01:08 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[271]
     例えば自分の就職した企業に重役が居て、会議の度に「我が社の社訓はとんでもないものであり、みっともなくて仕方が無い」と罵っていれば、聞いた新入社員としては、この人はこの社を嫌っているのだな、と思うだろう。
  そういう重役が何故か熱心に動かないのを見ても、いつも社訓や方針がおかしい、と言っている人だから、会社の為に熱心に働く気は無いのだろうな、と妙に納得してしまうだろう。
  まさに、社訓や社の方針を蔑視していれば、碌な仕事をしなくても周囲は期待しないだろう、という逆説が成り立つのである。
  ということは、現行憲法の下で首相の地位を得たにも関らず、自分の職務を憲法の改訂に注ぎ込む事に専念しているかのような首相の態度は、それ以外にやる気は無い、という印象を与えるだろう。
  また本人もそれを承知で、こんな社訓のある会社、と罵りながらであれば適当な仕事ぶりでも周囲が諦める、と考える重役と同様、国民の関心が「憲法改訂に命を懸ける首相」として定着されることを期待しているのだろう。実際のところ、結局は同調者を集めるだけが主たる任務となろう。
  要は、本来の任務を怠けているか、政権党というのが各省の歳出事務の適正処理を管理監督し、国会に報告し、血税に関する実務上の瑕疵、誤謬が発生する余地が生じていればその対策を話し合うために議会運営する、という政権党本来の任務を首相が承知していないか、である。
  こんなみっともない憲法、と罵っている以上は、当然完璧な仕事は出来ないし、周囲を戸惑わせるばかりなのは、自社の方針や方向性を侮蔑しつつ会議に参加し周囲を落ち込ませている重役と同様であるから、そういう場合は、やはりトップを下りるか退任した方が良いのである。
  首相は一旦代議士の座を降り、憲法改訂の運動に携わるなどして、その後新憲法の下で、改めて立候補した方が良いだろう。
  そして取り合えずは現行憲法を尊重出来、年中憲法批判をしつつ同調者集めに専念するような者ではなく、本来の議会人としての任務を誇りを持って行えるような与野党の代議士によって日本は運営されるべきである。

    
23.  2016年2月27日 03:25:35 : Nc2z2mUcms : 0YoKBFhSRdk[7]
侵略戦争したいA級戦犯ばかりが憲法変えたかったんだ。安倍もA級戦犯のじい様と同じ穴の狢。

    
24.  2016年2月27日 04:08:40 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[159]
向こうの押しつけだろうが、こっちの発案だろうが、戦争放棄は、わが軍が、飴公の手先となって世界中の無体な前線に引き出され使いまわされ、次々に日本の若者が死に絶えることが無くなった事は大和民族としては大喝采である。飴公の手先となってわが軍が引き回され、死傷者を続出させるなど、到底侍魂としては断じて許されるものではなかったのである。今に云う、戦争法案、、集団的自衛権などとはその根本の本意が全く違うのである。

    
25.  2016年2月27日 04:16:28 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[160]
向こうの押しつけだろうが、こっちの発案だろうが、戦争放棄は、わが軍が、飴公の手先となって世界中の無体な前線に引き出され使いまわされ、次々に日本の若者が死にゆくことを防いだことになり、大和民族としては大喝采である。飴公の手先となってわが軍が引き回され、何の恨みもなき相手と大義なき戦いに突入し、日本人の、わが軍の、若き兵士たちの死傷者を続出させるなど、到底、侍魂としては断じて許されるものではなかったのである。今に云う、戦争法案、集団的自衛権などとはその根本の本意が全く違うのである。

    
26.  2016年2月27日 06:44:03 : z21ZXlbTkk : kWLAeg39xdc[157]
>21
逆もまた真なりという意味では全くそう。
天皇が9条制定に前のめりだったことは、当時の平野三郎議員の著作でも明らか。

だが、幣原さんが熟慮の末腹を決めて提案した事実も、間違いない。


    
27.  2016年2月27日 06:49:10 : z21ZXlbTkk : kWLAeg39xdc[158]
>22さんに拍手。
ご明察!

    
28.  2016年2月27日 08:05:47 : z21ZXlbTkk : kWLAeg39xdc[159]
>22

つまり、日本というお国を誰よりも嫌っている「超反日」な御仁は、
「安倍現総理」ということになりますなw  ふむ。


    
29.  2016年2月27日 09:10:57 : QY26XDrbxU : MwHu_ApAgrY[9]
この事実を何故、日本のメディアは今まで取り上げなかったのかが問題。
ライシャワーは在任中も退任後も「知日派」と言われていた。
「知日派」や自称「愛国主義者」の正体もバレた。
メディア・政府・政治家が語る歴史のウソが数珠繋ぎで見える。

    
30.  2016年2月27日 09:20:01 : cfEXT28DzY : wP4v2C9Cl60[130]
>>1.     中川隆[1686] koaQ7Jey  b5JdkWvGxs  : DbsSfawrpEw[1608]
>戦争放棄の第9条は米軍の日本の占領政策として考えたもの。

はい!もう、まちが~い!
長々と自分の恣意的な意見と偏見ばかり、ご苦労さんでした。


    
 
   
31.  2016年2月27日 09:30:24 : rcZNzJWsSA : ZLXnlkn2IqE[1]
古館さん!
いいですねぇ
あと1カ月ですが、安倍政権への批判を強めている
昨日も民主と維新の合併を喜んでいる様子だった。

安倍はマスコミ弾圧したつもりだろうが、
辞めるとなった人間に怖いものはない!
古館は批判を強めている。
TV朝日は今更発言に口出しできないという面白い現象!

安倍の「押しつけ憲法・みっともない憲法」という発言が
この報道で馬鹿なのは「安倍!」という事が国民に知れ渡った!


    
32.  2016年2月27日 09:49:19 : 1TppK4ETfU : ABTzccdlBy8[117]

  これぞ、ほんとうの報道だ。

 平和日本、ほんものナショナリズム!

    、


    
33.  2016年2月27日 09:50:48 : cfEXT28DzY : wP4v2C9Cl60[131]
>>20 deQHx0Fnvs  : WWUoRyoNFu4[3] さん
>安倍のような「戦争屋」は、平和平和と叫びながら「危機を煽り」国民を戦場へ運ぶ。
>自分達は戦場には行かず、武器を作る三菱とかと結託してビジネスの金勘定。
>「戦争で平和が築ける」訳けが無い。
>戦争で「得」をするのは、武器商人とそれと結託した安倍のような似非政治家だろう。

全く同意です。
中谷防衛大臣は「弾薬は武器ではない」「手榴弾もミサイルも弾薬なので武器ではない」「核兵器も法文上は運搬可能」と国会で答弁しています。

運搬すると言う事は、日本で弾薬などを製造すると言っている事と同意です。
無い物を運搬する筈は無いんですから。
要するに安倍内閣の日本の経済を発展させるという意味は、日本を弾薬・手榴弾・ミサイル・核などの戦争消耗品を製造し、それを売る事によって経済を潤すと言う事に他なりません。
そうでなければそれを運べると言う事をあんなまでむきになって言う必要性が見当たりません。
「日本はアメリカの戦争に参加し地球の反対側にまでも自衛隊を派兵する」と安倍政権は言っています。
「日本は兵站の分野でアメリカに協力するだけだ」と言っています。
そこで兵站と言う言葉を調べてみました。

兵站とは
軍事装備の調達,補給,整備,修理および人員・装備の輸送,展開,管理運用についての総合的な軍事業務。

だそうです。
軍事装備の調達ですから、弾薬・手榴弾・ミサイル・クラスター爆弾・核などは当然調達すると言う事です。
そして補給,整備,修理および人員・装備の輸送をすると明確に言っています。

それに安倍総理は「積極的に平和を手に入れる」と言っていますが、積極的に平和を手に入れるとはどういう意味でしょうか?
戦争に加担して平和が手に入ったためしなど世界の何処にもありません。
当のアメリカでさえ、きょうび戦争に積極的な大統領など国民に支持されません。
戦争は殺人・破壊・悲惨・悲しみ・飢えの苦しみ以外の何ももたらしません。
こんな小さな資源の無い国である日本が戦争に加担して裕福になるなど安倍の幻想でしか有りません。


    
34.  2016年2月27日 10:02:46 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[293]
>>1
3行でまとめなさいよ。
余計な修飾が付けたくなる時は大概自身の主張が興奮状態で支離滅裂でに発散しちまって、本人が思ったほど結果に主題の集約が成り立ってすら居ない時だよ。
そう云うもんは当然他人様ですら読まされてて何が何だか解らないもんだ。実際>>1はまるでわけわからん。
あんたが3行で纏めてのけて、それでいてこっちがわけわからんのなら読んだ側の理解の問題ってもんだが、(勿論その3行の結果が、この記事で提示されてる「押し付け論は嘘八百だった」と云う良く集約された事実に対する強弁だったら
 読んでる側の問題ではなく>>1のお笑いオチって事で座布団積み上げる事になるわけですがね。
 がんばってくださいな。日本語はスタックを沢山使う言語だからね。むつかしいのよ。美しい日本人とやら声高に御主張したいならそいつを簡単に使いこなすネイティブの意地見せてくださいね)

    
35.  2016年2月27日 10:09:04 : cfEXT28DzY : wP4v2C9Cl60[132]
確かにこのyoutubeを見ると、岸元総理等改憲派の顔ぶれは、あの先の戦争をまだ続けたかった連中の生き残りとしか思えない。
戦争の作戦会議をまるでゲームのように楽しみたい面々の面構えだ。
あの戦争で300万人の国民が死んだと言うことの意味などまるで分かっちゃいない連中と言う顔だ。
そんな祖父の戦争願望を受け継いだのが安倍総理。
そんなに戦争がしたけりゃ、安倍総理や改憲願望議員は自分がアメリカの兵隊にでも志願して世界のどこかの戦争にでも参加して来いよ!
アメリカはいつでも世界のどこかで戦争をしているよ。
以上は「阿修羅」より
これからの戦争は全面核戦争となり、人類の滅亡となります。いかに戦争をやめさせるかが重要です。国連軍のみとして各国には軍隊を禁止すべきです。戦争禁止とするのです。9条を世界に広げることこそ重要なのです。今更軍拡に走って何をしようとするのか理解できません。                          以上

« 北海道補選不正選挙を野党もメデイアも追及しない、これが国民を覚醒させます | トップページ | フリーエネルギーへのヒント »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道補選不正選挙を野党もメデイアも追及しない、これが国民を覚醒させます | トップページ | フリーエネルギーへのヒント »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ