カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • アメリカ破産
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • コロナワクチン解毒方法
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • デジタルID
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • パンデミック合意
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 池田創価学会
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • 5G
  • lgbtq
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 日本の支配構造 | トップページ | 人工知能が囲碁トップ棋士に勝つ時代に考える「知的職業」の未来(1/4) »

2016年6月 1日 (水)

米国の好戦派ネオコンが反戦派のトランプ支持に転向は?ネオコンはヒラリーを見限ったのか

米国の好戦派ネオコンが反戦派のトランプ支持に転向?:ネオコンはヒラリーを見限ったのか

1.日本を乗っ取っている米戦争屋内の好戦派・ネオコンがトランプ支持に回る?

 本ブログは日本を乗っ取っている米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、今回の次期米大統領選にて予想を超える異変が起きているようです、それは、米戦争屋の中の好戦派であるネオコンがナナナンと、ヒラリー支持からトランプ支持に乗り換えたそうです(注1、注2)。

 本件、先日、BSテレビ番組でタレントのパッくんが、チェイニー(ネオコン・シンパ)がトランプ支持に回ったのは、これまでのトランプ支持者を離反させるためではないかと発言していました。その理由は、チェイニーは米国民の間で非常に嫌われているので、トランプがチェイニーに支持されると、チェイニー嫌いの米国民がトランプを支持しなくなるからとのこと、この説は一理あります。

 米国民の多くはチェイニーが9.11偽旗テロの総指揮者であったと知っているのでしょう。

 しかしながら、その後、チェイニーのみならず、マケインや、ラスベガスの帝王・シェルドン・アデルソンまでもがトランプ支持に回っています。この現象から、ネオコン全体が方針転換している可能性を否定できません、もしそうなら、ネオコンに何らかの企みがあると推測されます。ちなみに、シェルドン・アデルソンはラスベガスで大儲けさせてもらっていますが、一方で、米戦争屋ネオコンを支援して、ラスベガス利権を維持しています(注3)。さて本ブログでは、9.11事件の黒幕は米戦争屋ネオコンと観ていますが、9.11事件における偽旗テロ作戦のコストはカジノの収益で賄われているようです(注4)。

なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。

2.ネオコンがヒラリーではなく、トランプを支持するのはなぜか

 米戦争屋ネオコンの傀儡候補・ジェブ・ブッシュが撤退した今、セカンドオプションとしてネオコンはヒラリー支援に回るはずと観ていましたが、ヒラリーは重大なスキャンダル爆弾を抱えています(注5)。そのためか、ネオコンはヒラリーを見限った可能性が大です。

 ネオコンがトランプ支持に回ったのは、トランプがユダヤ系ロビイスト団体・AIPACのメンバーに支持されている事実も一つの理由である可能性があります(注6)。

さて米国民からの人気が衰えないトランプはアンチ米戦争屋のスタンスを取っていることが米国民に支持されている主な理由です。したがって、米戦争屋ネオコンがトランプ支持に回ったことをトランプ支持の米国民が知ったら、アンチ米戦争屋の米国民の一部はトランプ支持を止める可能性があります。しかしながら、共和党支持者にとってはもうトランプしか選択肢がないので、依然、トランプは有利です。

3.トランプ支持に回ったネオコンの魂胆は何か

 本ブログの見方では、ネオコンがトランプを本心から支持しているとは到底、思えません。何らかの魂胆があるはずです。彼らは、トランプは政治家経験がないので、もしトランプが大統領になっても、実質的に副大統領や国務長官が米国政治を牛耳ることになるとみているのではないでしょうか。そこで、トランプをだまして、副大統領と国務長官に、ネオコン系政治家を就任させることができると踏んでいるのではないでしょうか。

 
 しかしながら、トランプはケネディ暗殺の真相も知っているので、暗殺されないよう動くでしょう。ちなみに、現職の米国大統領が暗殺されると、自動的に副大統領が大統領に昇格します。

 ところで、米戦争屋系のブッシュ一族は今回、ネオコンとは一線を画して、トランプ支持には回らないようですが、これにも理由があるのでしょう。考えられるのは、トランプは9.11事件の真相を知っていて、トランプが大統領になったら、米国民の関心が高い9.11事件の犯罪責任をすべてブッシュ一族に押し付けるシナリオができているのでしょう(注7)。

 このシナリオは米戦争屋ボス・デビッドRFがいかにも考えそうなシナリオです。そして、9.11事件の実行犯であるネオコン・シオニストには被害が及ばないわけです。

4.米国戦争屋ボス・デビッドRFの求心力が弱くなっている可能性もある

 ネオコンのトランプ支持への豹変からわかるのは、もうすぐ101歳になる米戦争屋ボス・デビッドRFの求心力が下がっているとみられます、その証拠に米共和党は新興財閥・コーク一族に乗っ取られつつあります(注8、注9)。このように、今、米国覇権に大きな変化が起きているのは確かです。そのような変化に敏感なネオコンは、共和党から追い出されないよう、あの手この手で生き残りを模索し始めたのではないでしょうか。そして切羽詰って選んだのがトランプ支持への転向だったということでしょう。

 トランプの背後に居るのが、米国覇権を狙っているコーク一族なのか、米戦争屋ボス・デビッドRFの仇敵・ジェイRFなのか、それとも、米戦争屋と呉越同舟の関係にある欧州寡頭勢力なのか、依然、不明ですが、トランプはアンチ米戦争屋であることは確かです、だから米国民に人気があるのです。にもかかわらず、戦争中毒のネオコンがトランプ支持に回ったのはほんとうに不気味です。

 いずれにしても、トランプは米戦争屋ネオコンの危険性を熟知しているので、今後、慎重な対応をするのではないでしょうか。

注1:田中宇“トランプ台頭と軍産イスラエル瓦解”2016511

注2:櫻井ジャーナル“ネオコンがこれまで嫌っていたトランプを支持すると表明する背後でヒラリーが抱えるリビア問題”2016514

注3:本ブログNo.521戦争を企む戦争中毒ネオコンの闇スポンサーはラスベガスの帝王だった2012128

注4:オルタナティブニュース“9/11 TRUTH GOESNUCLEAR: Massive Download In Progress2014927

注5:本ブログNo.1381筋金入りの反戦主義者であるケリー米国務長官はヒラリーのカダフィ暗殺関与とベンガジ米領事館襲撃事件の闇を是非暴露して欲しい、それこそが日本を乗っ取っている戦争中毒勢力の弱体化に貢献する201658

注6:本ブログNo.1351『米国在住の一般ユダヤ人は米共和党が毛嫌いするトランプ氏を支持:われら日本人もナチス同様にイスラム国(IS)を悪役化する戦争屋系世界的寡頭勢力の第三次世界大戦勃発シナリオの手口に覚醒すべき!2016328

注7:本ブログNo.1322日本を乗っ取っている米国戦争屋はトランプ氏がケネディ暗殺や9.11事件の真相をばらす恐れが出たため、あわててジェブ・ブッシュを撤退させたのではないか2016222

注8:本ブログNo.1370『次期米大統領選にて米国政治を牛耳る黒幕が遂に交替するのか:米国共和党の黒幕・コーク財閥が米民主党候補・ヒラリー支持を表明した意図とは?2016425

注9:本ブログNo.1371『米国コーク財閥とトランプ候補は米共和党を乗っ取っている米国戦争屋ネオコンを追い出すかもしれない:そうなれば、ネオコンの傀儡・安倍自民党と日米安保マフィアによる戦争法案強行も憲法改悪の企みも水泡に帰す2016426

以上は「新ベンチャー革命」より
当然何か裏があると思っていたほうが良いケースです。ヒラリーは大統領に当選できないので方針転換した可能性もあります。              以上

« 日本の支配構造 | トップページ | 人工知能が囲碁トップ棋士に勝つ時代に考える「知的職業」の未来(1/4) »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の支配構造 | トップページ | 人工知能が囲碁トップ棋士に勝つ時代に考える「知的職業」の未来(1/4) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ