カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 悪魔の時代のニュース(1):墓から消えていたシエクスピアの頭部 | トップページ | 太陽系が受けるダブルの衝撃 »

2016年6月24日 (金)

米国ペンシルバニア州:「大地に次々に小さな穴が開く」という謎の現象が続く

米国ペンシルバニア州:「大地に次々小さな穴が開く」という謎の現象が続く         

               

                2016/04/03             

                                           

2016年3月28日の米国報道より

mysterious-hole-susquehannaWNEP

 

アメリカ・ペンシルベニア州にあるサスケハナ郡という場所で、「地面に次々と小さな穴が開く」という現象が続いています。

原因がわからないため、住民たちの間には不安が広がっているようです。

開き続ける穴についての報道

hole-ps-03b
WNEP

 

サスケハナ郡の場所
Susquehanna-Pennsylvania-mapGoogle Map

Sponsored Link


 

ひとつひとつの穴は小さなものですが、どの穴も「丸い穴を形作る」という傾向があるようです。

hole-ps-01

 

hole-ps-02

 

いわゆるシンクホール現象とは違うもののようですが、こういうものは、

  • 上から(雨など)の影響で開いたものか
  • 地下から(メタンや天然ガスなど)の影響で開いたものなのか

によって、今後の懸念も違うものかもしれません。これまで、郡とペンシルベニア州の環境局などの調査が行われていますが、「天然ガスの掘削による影響」は否定されたということです。

当局は、雨などによるものか、あるいは、自然の地盤沈下の一種の可能性が強いとしていますが、穴の出現が続くようであるならば、さらなる調査が必要となってくるようです。

シンクホールも含めて、「アメリカの穴の現象」は増加し続けているように感じます。

-             異常な現象            , , , , , ,

以上は「地球の記録」より

これも一種の地殻の変動なのでしょう。ポールシフトなどにより地下が空洞になり穴が開いたとも考えられます。                              以上

« 悪魔の時代のニュース(1):墓から消えていたシエクスピアの頭部 | トップページ | 太陽系が受けるダブルの衝撃 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 悪魔の時代のニュース(1):墓から消えていたシエクスピアの頭部 | トップページ | 太陽系が受けるダブルの衝撃 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ