カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 日本の支配構造 | トップページ | 人工知能が囲碁トップ棋士に勝つ時代に考える「知的職業」の未来(1/4) »

2016年6月 1日 (水)

地震予測:台湾の地震予測研究所から予測メッセージがありました!?

地震予測:台湾の地震予測研究所から予測メッセージがあった!?      

              みなさん、こんにちは。

いやはや、伊勢志摩サミットの間はまったく地震電磁場が現れなかった。が、伊勢志摩サミットが閉幕した途端、地震電磁場が急速に現れた。

これって、やっぱり地震はコントロール可能っていう証明ですナ。これである。
a0348309_1952999.png

a0348309_19521447.gif
方角は我が国方向、大きさは300nTレベル。ということは、震度5前後。

残念ながら、場所までは私はいうことができない。


しかしながら、最近は早川博士主導の地震解析ラボも地震予測予報を出しているようで、さらにはそれに別の学者さんたちも独自路線で参加しつつあるとか。以下のものである。

地震予測の最前線 “電離層の乱れ”“地下天気図”(16/05/21)


地震予測はすでにある程度のビジネスになっている。もうその昔の天気予報程度のレベルには到達していると言えるだろう。

ところで、この地震予報に最近独自の活躍を見せ始めたのが、親日国台湾の「地震預測研究所」という研究所。これである。

地震預測研究所



ここがあらたなる地震予測を公表中。これである。

2016年5月23日
2016-05-23 22:36 UTC+8 上海站、台灣各站緊急修正地震預報:8日以內,日本 M7.6 強震(本州東部近海的機率 70% 以上)。

a0348309_19594347.png

5月23日に8日以内にM7.6

と言っていたわけだから、今から2日以内という計算になる。

要注意ですナ。備えあれば憂いなし。


また、アキラの地震予測でも

アキラの地震予報

父島圏内にM4.0~M6.0の地震発生合図が大変沢山出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・
千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、地震発生の可能性が有ります。
一週間程地震発生に要注意です。
2016.(05/27 10:40発信)

予測した地震が発生しました。
05/28 14:38 フィジー南東沖 M6.6 震度3 深さ416km



ところで、その台湾の地震予測研究所のサイトの中に興味深いものを見つけたのでこれをメモしておこう。これである。

新・全国の放射能情報一覧

a0348309_2072178.png

そこで、ついでに九州熊本と福島第一原発周辺を見てみると、こんな感じでしたヨ。

九州熊本

a0348309_209539.png

福島第一周辺

a0348309_209960.png

まあ、世界中の人がこういう情報源をつぶさに見ているわけですナ。


広島長崎には今は全く放射能は出ていない。
a0348309_2019812.png
にも関わらず、いつまでも被害者ぶっていったい何十年前のことを騒いでいるのかいな?

今現在も福島では放射能が出っぱなしなんだヨ〜〜!→もちろん、民主党政権時代の菅直人・仙谷由人・枝野幸男のせいだったのだがナ。つまり、いまの民進党のおかげだった!

聞いてるか?広島の人たち!

今現在では、こっちの方が、広島長崎よりよほど重大問題なんですナ。国民にとっては!

下手をすれば、福島から目をそらすためにいつまでも広島長崎を煽っている。そんな構図すら見えてくる。


天気予測、地震予測、放射能予測、

これにさらに

放射脳予測

も欲しいところですナ。


くれぐれもここ数日〜1週間の6月6日あたりまでは、要注意かもしれませんな。


ご幸運をお祈りいたします。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
俺の場合は、ローカルな電離層情報を得られる場所がないから、これを使って予測している。
a0348309_20285728.jpg
これを見る限り、雲間にウィンドーが開いている場所が和歌山沖にあるから、やはり来るとすれば和歌山沖かな? 掘削船地球号のし掛けた罠通りですナ。くわばら、くわばら。


以上は「井口和基氏ブログ」より
地震予測は可能です。但し人工地震もありますのでこれはだめです。 以上

« 日本の支配構造 | トップページ | 人工知能が囲碁トップ棋士に勝つ時代に考える「知的職業」の未来(1/4) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日本の支配構造 | トップページ | 人工知能が囲碁トップ棋士に勝つ時代に考える「知的職業」の未来(1/4) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ