カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ドナルド・トランプ大統領候補「在日米軍基地に利益なし」 | トップページ | ここまで進歩した!BMW7シリーズの音声認識がすごい理由(3/4)   »

2016年6月12日 (日)

米国西部、地震と津波に対し準備

東京+ 24°C
モスクワ+ 13°C
米国西部 地震と津波に対し準備

米国西部 地震と津波に対し準備

                        ©                    AP Photo/ Rick Bowmer
米国
短縮 URL
1155434

マグニチュード9レベルの巨大地震発生を想定した4日間にわたる大規模演習「Cascadia Rising(カスカディアの目覚め)」が今日、米西部太平洋沿岸のワシントン州とオレゴン州で実施される。

メキシコ沖で強い地震
                        ©                    AFP 2016/ HECTOR GUERRERO
AP通信の情報では、この演習には、8300人の軍人を含め2万人が参加する。演習の基本的な目的は、地震とそれに続いて発生する津波後の作業において、約800万人が住むこの地域で、どのくらい効果的に救助活動ができるかを点検することにある。特に、携帯電話が通じず、インターネットも使えない状態での活動、孤立した地域への援助品の搬送、捜索救助活動の実施、住民の避難に注意が向けられる。

地震学者によれば、演習が予定されている米西部太平洋岸では、マグニチュード9レベルの巨大地震が、様々な情報によれば、200年から1000年周期で発生する可能性があるとのことだ。

タグ
地震, 米国

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント
以上は「sputnik」より
米国西部は何時地震が起きても不思議ではない状況にあります。近く必ず起きることでしょう。                                        以上

« ドナルド・トランプ大統領候補「在日米軍基地に利益なし」 | トップページ | ここまで進歩した!BMW7シリーズの音声認識がすごい理由(3/4)   »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国西部、地震と津波に対し準備:

« ドナルド・トランプ大統領候補「在日米軍基地に利益なし」 | トップページ | ここまで進歩した!BMW7シリーズの音声認識がすごい理由(3/4)   »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ