カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ここまで進歩した!BMW7シリーズの音声認識がすごい理由(2/4) | トップページ | イスラエルの情報機関モサドの英語表記はISISだという事実が暗示する世界情勢の深層に注目すべき »

2016年6月12日 (日)

米国ミシガン州スプリングフィールドで数百羽のカラスの謎の大量死

米国ミシガン州スプリングフィールドで数百羽のカラスの謎の大量死         

               

                2016/03/19             

                                           

2016年3月16日の米国報道より

crows-dead-michiganWZZM13

 

アメリカ・ミシガン州のスプリングフィールドという町で、「数百羽のカラスが地面で死んでいる」という出来事が起きたことが報じられています。

現地の様子の報道

dead-crow-springfield1Battle Creek Enquirer

 

dead-crows-02WZZM13

 

dead-crows-03

 

スプリングフィールドの場所

springfield-mapGoogle Map

 

Sponsored Link


 

数は、推定で 300羽以上だそうです。

多くのカラスが鉄道線路の周囲で死んでいるそうで、そのため「電車に轢かれたのでは」という意見も出ているようです。

しかし、電車に轢かれたのなら、もう少し普段から頻繁に起きていてもいいと思いますし、300羽も同時に電車に轢かれるというのもちょっと理解が難しい感じもします。

ミシガン州の天然資源局などが調査に乗り出していますが、決定的な原因はわかっていないようです。

最近、世界中で「鳥の大量死」が起き続けていることを、

世界で再び始まった「鳥の大量死」の連続から思い至ったこと…
In Deep 2016/02/26

という記事で取り上げたことがありますが、特にアメリカが多いのです。

2016年2月下旬に鳥の大量死が報じられた場所

bird-mass-deaths2

 

あくまで個人的な予測ですが、今年の傾向が今後も続くとすれば、アメリカで同じようなことも起き続ける可能性はあるようには思います。

-             大量死            , , , ,

以上は「地球の記録」より

食べ物に原因があるのか、地磁気の異変か、新たなウイルスに感染したのか、原因はまだ分かりません。鳥も含めて生物の大量死が続いています。地球自然の異変が原因なのでしょうがやがてはそれは人類にもやってきます。               以上

« ここまで進歩した!BMW7シリーズの音声認識がすごい理由(2/4) | トップページ | イスラエルの情報機関モサドの英語表記はISISだという事実が暗示する世界情勢の深層に注目すべき »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ここまで進歩した!BMW7シリーズの音声認識がすごい理由(2/4) | トップページ | イスラエルの情報機関モサドの英語表記はISISだという事実が暗示する世界情勢の深層に注目すべき »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ