カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« サウジアラビア、7500億ドルで米国の資産を競売にかけるとバラク・オバマ氏を脅す | トップページ | ドイツの海岸に打ちあげられたクジラの胃の中は「プラスチックのゴミで満杯」だった »

2016年7月28日 (木)

任侠という概念が分かればロシアが分かる

このページのトップへ

「皮を切らせて肉を切る!肉を切らせて骨を斬る!骨を切らせてイノチ取る!」という気迫が昔の任侠にはあったが…,ロシアという国は,プーチン大統領も,ポクロンスカヤ検事も,ほんと,大した侠客だわ!

任侠という概念が分かればロシアが分かる
ニッポンの女優,井上晴美姐さんは,昔は突っ張っていたヲンナだったが,ネットでネチネチと批判されたら,ブログやめちゃった。(記事)

ところが,ロシア・クリミアのポクロンスカヤ検事は,ダーイシュ(ISIS)よりも怖いクリミア・タタール人のボスから「殺す!」と脅迫されたんだが…,

いささかもヒルまず,断固!強烈な反撃を開始した。たいしたヲンナである。

人間は,強迫や恐喝に怯(ヒル)んでは,弱くなるいっぽうだ。

「皮を切らせて肉を切る!肉を切らせて骨を斬る!骨を切らせてイノチ取る!」という気迫が昔の任侠にはあったが…

ロシアという国は,プーチン大統領も,ポクロンスカヤ検事も,ほんと,大した侠客だわ!

強く生きる! ←こういう決意と覚悟ともって,心身を鍛え,弱気を助け,強気をくじく! ←こういう生き方を,ワシも始めようと思う。

70歳を過ぎたワシだが…,大丈夫だろう!(たぶん)
飯山 一郎(70)


SPUTNIK
ポクロンスカヤさんに殺人脅迫も,断固反撃!

natalia-poklonskaya2
natalia-poklonskaya3
『スプートニク』 2016年04月19日 http://sptnkne.ws/bd9k
「クリミア市民封鎖」の調整役で、法的に認められていないクリミア-タタール人の議会である「メジリス」の指導者の1人、ラヌル・イスリャモフ氏は、クリミアのポクロンスカヤ検事を脅迫した。

脅迫者・イスリャモフは、新聞「クルィム.リアリイ(クリミア,現実)」の取材に対し、次のように述べた —

「我々が来たりし時は、彼女は、避難場所を探し、隠れ場所を考えるがいい。これから毎日、サダム・フセインの写真を眺め、カダフィに何があったかを考えるがいい。それは、彼女自身にも起きる事なのだから。」

13日、ポクロンスカヤ検事は、クリミアのタタール人議会である「メジリス」の活動を一時中止する決定を公表した。検事は「今後あらゆる国営及び地方マスコミ機関を『メジリス』が利用する事を禁ずる」と命じた。 (記事)

« サウジアラビア、7500億ドルで米国の資産を競売にかけるとバラク・オバマ氏を脅す | トップページ | ドイツの海岸に打ちあげられたクジラの胃の中は「プラスチックのゴミで満杯」だった »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/65096946

この記事へのトラックバック一覧です: 任侠という概念が分かればロシアが分かる:

« サウジアラビア、7500億ドルで米国の資産を競売にかけるとバラク・オバマ氏を脅す | トップページ | ドイツの海岸に打ちあげられたクジラの胃の中は「プラスチックのゴミで満杯」だった »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ