カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 何故人は「性格分類」に翻弄されてしまうのか(2/3) | トップページ | 嘘を放置する最近のマスコミの存在価値はどうなる? »

2016年7月12日 (火)

ヌッポンでの結婚や出産はキチガイ沙汰

ヌッポンでの結婚や出産はキチガイ沙汰
TVドラマ「スミカスミレ」では書きたいテーマが沢山あるんだが、今日は一つだけ取り上げておこう。過日、「スミカスミレ」の掲示板で微笑ましい投稿があった。

16033139.jpg

町田啓太演じる真白勇征(ましろ・ゆうせい)、桐谷美鈴演じる如月すみれ(きさらぎすみれ)は、亀さんから見れば息子・娘のようなモンだ。だから、ドラマ「スミカスミレ」で二人が最終的に結ばれ、甘い新婚生活を満喫しているシーンは、上記の小学校四年生の女の子の「キスしすぎ」なんてチットモ思わず、むしろ微笑ましいシーンにすら映ったくらいでR。そして、二人の若者の甘いキスシーンを見つつ、「あ~ぁ、亀さんにも新婚時代があったっけなぁ」と、遠い昔を思い出した次第でR。

ここで、、過日アップした拙稿「若者を見殺しにする国・ヌッポン」を思い出していただきたい。今の二十代から三十代にかけての若い世代は、結婚したくてもできないという若者が実に多いのだ。一方、亀さんの若い頃は結婚したいと思えば、当たり前に結婚できた時代だった。しかし、今の若者の場合は60%が貯金ゼロ、世界一バカ高い大学の授業料、ブラックバイトでこき使われる毎日、仮に無事に卒業できたとしても、奨学金という名の残酷な平成版〝サラ金地獄〟が待っている…。夢もチボー(希望)もない国なのである、このヌッポンは…。

それに加えて、仮に目出度く正社員として入社し、結婚できたとしても、放射性物質に覆われている日本列島では、五体満足な赤ん坊が生まれてくるという保証もない…。だから、あと1~2年の間は結婚するなと、亀さんは息子たちに言っている。ともあれ、今の日本の若者らに、昔の日本にあった普通の暮らし、普通の結婚、普通の家庭生活を味わって欲しいと、切に願う今日この頃なのだ。だから、あと1~2年は堪え忍びつつ待ってくれぇ…。

16033140.jpg

16033141.jpg

16033143.jpg
関連記事

以上は「人生は冥途までの暇潰し」より
現在の日本を冷静に見るならば、この通りです。「3.11テロ」により日本はすっかり変わりました。                                        以上

« 何故人は「性格分類」に翻弄されてしまうのか(2/3) | トップページ | 嘘を放置する最近のマスコミの存在価値はどうなる? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヌッポンでの結婚や出産はキチガイ沙汰:

« 何故人は「性格分類」に翻弄されてしまうのか(2/3) | トップページ | 嘘を放置する最近のマスコミの存在価値はどうなる? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ