カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 我々にとって必要な今、マルクスとレーニンは何処に? | トップページ | 自然災害は予想以上の脅威的な勢いで地球の文明を破壊させ続けている »

2016年7月25日 (月)

南米チリで連続する大規模な魚の大量死

南米チリで連続する大規模な魚の大量死。今度は600トンのイワシが海岸に打ち上げられる         

               

                2016/04/14             

                                           

チリの報道より

chile-queule-600tonsoychile.cl

南米チリで、「約 600トンのイワシが海岸に打ち上げられた」ことが報じられていました。

打ち上げられたのは、ケウレという場所の海岸です。

chile-fish-do1

 

ケウレの場所
queule-mapGoogle Map

Sponsored Link


 

チリではこの1ヵ月間くらいの間に、おびただしい数の海洋生物が大量死を起こしていまして、最近の記事でも以下のようなものをご紹介したことがあります。

南米チリで有毒な「藻」の大発生で2300万匹の養殖サーモンが大量死し、同国の魚輸出産業の崩壊の危機に (2016/03/14)

chilen-red-s3

 

南米チリで続く大量死:4トンの死んだイワシが海岸に打ち上げられる (2016/03/21)

4-tons-sardines-beach-chile-s2

 

3月に打ち上げられたイワシは4トン。サーモンにいたったては、3000トンという未曾有の出来事になっていましたが、今回も推定で 600トンを越えるイワシなどが打ち上げられたということで、チリの「海の事態」は次第に深刻化してきているようです。

また、つい最近は、

南米チリの海岸沖で「幅16 キロメートル」の広範囲な面積をクラゲの大群が覆い尽くしている光景が発見される (2016/04/10)

ということなども起きていまして、何か南米の太平洋側には異変が起き続けていると言えそうです。

-             大量死, 自然災害            , , , ,

以上は「地球の記録」より   

普通では起きないことなので何らかの異変が海の中で起きているのです。早く原因を知ることが大事です。                             以上    

« 我々にとって必要な今、マルクスとレーニンは何処に? | トップページ | 自然災害は予想以上の脅威的な勢いで地球の文明を破壊させ続けている »

「地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/64971363

この記事へのトラックバック一覧です: 南米チリで連続する大規模な魚の大量死:

« 我々にとって必要な今、マルクスとレーニンは何処に? | トップページ | 自然災害は予想以上の脅威的な勢いで地球の文明を破壊させ続けている »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ