カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 専門バカの権威主義と知的退廃 | トップページ | エルドアンという狂気の正気 »

2016年8月26日 (金)

英国のEU離脱で米英の凋落は加速する(その1)

英国のEU離脱で米英の凋落は加速する(その1)
━━━━━━━━━━

電通に支配された東京の大手(「記者クラブ」)陰謀メ
ディアによる選挙妨害が続いている。


序盤戦から中盤戦、そして終盤戦と矢継ぎ早に間断なく
アンケート結果を打ち出す。これはアンケートに名を借
りた投票誘導である。


現在、「改憲に必要な3分の2をうかがう情勢」とメディ
アスクラムを組んで、ムサシ出番の伏線を張っている。
なにしろムサシによる不正選挙、出口調査と、選挙の勘
所を仕切る会社は、すべて自民党の幹部によって押さえ
られている。


まず、マスコミがウソのアンケートでムードを作り、ム
サシがその通りの投票結果を叩き出す。


確固とした信念で新聞・テレビを対象化して投票できる
人は、まだ一部である。新聞・テレビの鵜呑み度70
(英国人14%)の国民は、勝ち馬に乗る劣情を刺激され
て、自公に投票する。それをムサシが最終的に数字とし
て結論を出す。


野党は、メディアに対して選挙期間中の情勢分析は出さ
ないように抗議すべきだ。現在、メディアは、「アホノ
ミクスが評価された、自公の作戦勝ち」といった物語を
作っているのである。


例えば『日本経済新聞』(625日)に「1819歳、参
院選で「自民に投票」44% 本社調査」という記事が載
った。

 
「日本経済新聞社が2223日に実施した参院選序盤情勢
調査で、新たに有権者となった1819歳に安倍内閣の経
済政策(アベノミクス)について聞いたところ「評価す
る」が48%となり「評価しない」の35%を上回った。
「評価する」の割合は年代別で最も高い。比例代表で投
票しようと思う政党の1位は「自民党」の44%で、全世
代平均の36%より高かった。


アベノミクスを「評価する」との回答は50代と60代が同
数で38%と最も低い。この後、40代(39%)、30代(43
%)、20代(46%)と続き、若年層ほどアベノミクスへ
の評価が高くなる傾向が出た。雇用環境の改善などが若
い世代の評価につながったとの見方もある。


18
19歳の比例投票先の2位は民進党の12%だが、全年
代の16%より低い。続いておおさか維新の会(6%)、
公明党(5%)、共産党(4%)だった。「まだ決めてい
ない」と「いえない・わからない」を合わせた態度未定
26%と4分の1を占め、全年代の23%をやや上回った」
http://s.nikkei.com/28TtMz9

(引用終わり)


18
19歳の未熟という現実を、野党は実感的にはわから
ずに、理論だけで投票権を与えたのだろう。わたしは長
らく現場でこの年代に接してきた。とても平和の大切や
消費税増税を考える力はない。政治といえば、教師や親
の考え、それに新聞・テレビの影響が殆どだと思ったら
いい。


そのことをもっともよく知っていたのは自公だったと思
う。事前調査も念入りにやって、今の1819歳が与党に
投票することを知って、法案を通したのだろう。


したがって選挙期間中のアンケートという物語で、「自
民党単独で3分の2に迫る勢い」と打たれると、決定的な
影響を受ける。「アベノミクスについて聞いたところ
「評価する」が48%」「比例代表で投票しようと思う政
党の1位は「自民党」」「若年層ほどアベノミクスへの
評価が高くなる」と打たれると、誘導されない1819
はいないと思った方がいい。


野党は、選挙期間中のアンケートを止めるようにメディ
アに申し入れるべきである。


英国のEU離脱は、実に大きな事件であった。


今日のメルマガではこの事件を扱うが、最初に押さえて
おくべきことがある。それは英国が世界のイルミナティ
(国際銀行家)の総本山であり、米国大統領の暗殺を含
めて、最高の指令は、エリザベス女王直属の組織「300
人委員会」から出てくるということだ。


英国王室の力の源泉は、タックス・ヘイブン(租税回避
地)を中心とした莫大な資産であり、もう一つはイルミ
ナティの総本山に君臨していることである。


したがって今回のキャメロンの大失敗(EU残留を称えな
がら離脱を招き、自らも辞任してすべての責任を後任者
に放り投げた)は、結果としてイルミナティ総本山とし
ての純化を招く。


(「その2」に続く)



‥…━━━☆

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 年々にわが悲しみは深くして
   いよよ華やぐいのちなりけり
           岡本かの子

また、面白い文章を書きますね。
みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

あとがき

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』


(
無料・ほぼ週刊)
http://bit.ly/n3i2Oc

ブログ「兵頭に訊こう」
URL
http://m-hyodo.com/

E-Mail
novel@muf.biglobe.ne.jp

発行人 :兵頭正俊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上は「兵頭に訊こう」より
米英の凋落は歴史の流れです。過去の歴史が物語っています。大戦争なしで移行するなら大変良いことです。                         以上 

« 専門バカの権威主義と知的退廃 | トップページ | エルドアンという狂気の正気 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/66231298

この記事へのトラックバック一覧です: 英国のEU離脱で米英の凋落は加速する(その1):

« 専門バカの権威主義と知的退廃 | トップページ | エルドアンという狂気の正気 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ