カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 日本ではなぜ自民党が野党に転落した時に大地震が起きるのか! | トップページ | 三宅洋平それから(その1) »

2016年8月31日 (水)

英語、EUで公用語の地位を失う

欧州
短縮 URL
Brexit:英国のEUからの離脱                (51)            
1670111

英国のEUからの離脱後、英語は、EUでの公用語としての地位を失う。欧州議会憲法問題委員会のダヌータ・ヒューブナー委員長が述べた。27日月曜日、ロイター通信が報じた。

いつ英はEU離脱?英国女王は離脱へ拒否権発動可能?
                        ©                    AP Photo/ Gero Breloer
委員長は「もし英国がEUのメンバー国でないのであれば、我々は英語を使わないだろう」と述べた。

一方、米国の新聞The Wall Street Journal (WSJ)は、今度はフランス語とドイツ語の使用に重点が置かれるだろうと報じた。なおこの報道は、EUの官僚も確認している。

28日火曜日、欧州委員会のユンカー(ユンケル)委員長は、欧州議会で発言し「会議ではフランス語とドイツ語のみが使われ、英語は用いられないだろう」と述べた。これまでで英仏独の三か国語で行われてきた議会活動の慣例が崩れることになる。

 

 

トピック
Brexit:英国のEUからの離脱                (51)            
関連:
EUの新安全保障戦略は露との協力提案―FT
プーチン大統領「英国のEU離脱は欧州にとってもロシアにとっても跡を残す」
タグ
欧州連合

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント
主要ニュース
以上はsputnik」より
日本はTPPに加入したら、国語を日本語から英語に変更するようですが、ヨーロッパで英語使用が無くなれば打撃です。日本の国語政策をもっと長期的に考えて方針を決めるべきです。                                     以上

« 日本ではなぜ自民党が野党に転落した時に大地震が起きるのか! | トップページ | 三宅洋平それから(その1) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/66249528

この記事へのトラックバック一覧です: 英語、EUで公用語の地位を失う:

« 日本ではなぜ自民党が野党に転落した時に大地震が起きるのか! | トップページ | 三宅洋平それから(その1) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ