カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 突然深刻な災厄に直面しているサウジアラビア・・理由はこれだ | トップページ | NASA、冥王星の「光る」クレーター画像を公開 »

2016年8月 7日 (日)

2016年最大規模の太陽フレアが、消えかかる「双子の黒点群」から発生

2016年最大規模の太陽フレアが、消えかかる「双子の黒点群」から発生         

               

                2016/07/24             

                                           

2016年7月23日にM7.6の太陽フレアを発生させた黒点群2565

aun-spot-2065Spaceweather

太陽表面は、黒点ゼロの状態が続いていたのですが、7月5日に黒点が出現し、7月7日頃から急速に黒点の数が増加しました。

ss-0718NICT

このことについては、

太陽と暴力 2016 : 「ゼロ」の状態から突如急激に太陽黒点が増え始め、そして世界もまた唐突に荒れ始め、人の命が激しく粗末にされ始めている今
2016/07/19

という記事などでふれたことがありました。

この黒点は、主に、黒点群 2565 と 2567 と番号付けられた領域に出現していたもので、この2つの活動領域は、出現した最初から「双子」のように寄り添っていました。

最初のうちは「顔の両目」のような形も見せていました。

ss-2565-2567

sun-like-faceNASA

Sponsored Link


 

この黒点は、今、太陽の裏側に消え去ろうとしているのですが、その直前に、このふたつの黒点群が、Mクラスの太陽フレアを放出したのです。

それが冒頭の写真ですが、レベルは M 7.6 というもので、Xフレアには届きませんでしたが、それでも、今年の太陽が放ったフレアの中では最大規模のものでした。

位置が地球に対してダイレクトではないですが、NOAA (アメリカ海洋大気庁)によれば、短波や無線などに影響が出るかもしれないとのことです。

それ以上の影響はないと思われます。

そして、いろいろな意味で、注目を浴びたこの双子の太陽黒点群は、今、太陽の裏へと回りつつあります。

ss-sun-0723Spaceweather

 

その後どうなるかはわからないですが、新しい黒点が出現していませんので、少しの間、太陽活動は極めて静かになるのかもしれません。

 

-             太陽活動と宇宙, 気になるニュース            , , , ,

以上は「IN DEEP」より

今は太陽も激変期を迎えています。黒点がゼロなどは歴史的にも珍しい現象です。やがては黒点「ゼロ」の日が続き静かな太陽の季節を迎えることになるでしょう。当然その時は地球は氷河期となります。早ければ2020年ころより突入する可能性が強そうです。以上

« 突然深刻な災厄に直面しているサウジアラビア・・理由はこれだ | トップページ | NASA、冥王星の「光る」クレーター画像を公開 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 突然深刻な災厄に直面しているサウジアラビア・・理由はこれだ | トップページ | NASA、冥王星の「光る」クレーター画像を公開 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ