カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« ノアの日 | トップページ | USAの金融崩壊は避けられない:トランプ氏暴露、今年の終わり頃だろう »

2016年8月25日 (木)

いずれにしても首都崩壊は必定か?

首都麻痺の原因予想。第1位=医療機能の麻痺。2位=物流(特に宅配便)の麻痺。3位=「偽旗テロ」。4位=隠し得ない異常な高線量。5位=都高速や高速道路の麻痺。6位=電車の遅延激増による電車網の麻痺。いずれにしても首都崩壊は必定?

いずれにしても首都崩壊は必定か?
「繭子」という方の、
首都崩壊が電車遅延からだとは思わなかった」 というツイート。

「繭子」という方は、首都圏在住者ではないが、直感力や霊感がある人なので、当たると思う。
実際、首都圏の電車の遅延や止まり方は尋常ではない。異常であるし、益々増えていくだろう。

きょう、関西在住で社会学が専門の大学教授と話したところ…、
1番目は、医療機能の麻痺だろうと言う。
2番目が、物流(特に宅配便)の麻痺。
3番目が、「偽旗テロ」。
4番目が、隠し得ない異常な高線量。
5番目が、首都高速や高速道路の麻痺。
6番目が、電車の遅延激増による電車網の麻痺。
以上、「電車遅延」はランクが下がって、第6位だと言う。

繭子さん、どう思います?
(飯山一郎)


« ノアの日 | トップページ | USAの金融崩壊は避けられない:トランプ氏暴露、今年の終わり頃だろう »

「放射能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/65701829

この記事へのトラックバック一覧です: いずれにしても首都崩壊は必定か?:

« ノアの日 | トップページ | USAの金融崩壊は避けられない:トランプ氏暴露、今年の終わり頃だろう »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ