カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 地下文明とのコンタクトへの「予感」 | トップページ | 一体なぜ進歩派左翼は、エリートがヒラリーを選出するのを助けるのだろう? »

2016年8月 6日 (土)

ロシア西部に来襲した数百万匹のイナゴの大群が引き起こす黙示録的な光景

ロシア西部に襲来した数百万匹のイナゴの大群が引き起こす黙示録的な光景         

               

                2016/06/06             

                                             

2016年5月30日の報道より

locusts-russia-2016Express

 

ロシア連邦を構成するひとつのダゲスタン共和国が、激しいイナゴの大群の襲来に見舞われていて、農業へのダメージが懸念される他、車の通行、航空機の離着陸などの影響が出ています。

5月末の時点で、ダゲスタン共和国の 40万平方キロメートル以上にイナゴが飛び交っている状態で、冒頭の報道のように「聖書の記述のような」というような見出しがつけられている報道も見受けられます。

その様子が撮影された動画です。

このダゲスタン共和国というのは、ロシアはロシアですが、その位置はどちらかというと、中東諸国に近いところにあります。

ダゲスタン共和国の場所
Dagestan-mapGoogla Map

 

隣国は、ロシアとの紛争の荒廃から抜け切れていないチェチェン共和国です。

このあたりでは、毎年、夏になると小規模なイナゴの被害が出るそうなのですが、今年は極端に乾燥した気候が続いたことにより、イナゴの発生数が多かったようで、例年よりもはるかに多い大群が襲来しているとのこと。

millions-locusts-swarm-russia-1Huge swarm of Moroccon locusts blacken the sky in Russian

 

イナゴは、1日に自分の体重と同じほどの重さの作物を食べることができるため、農業被害は甚大なものになりやすい傾向があります。

今年は世界各地で気候や気温がややおかしいですので、このようなイナゴの大発生は他の国や地域でも続くかもしれません。

なお、冒頭の報道にあります「聖書の記述にあるような」というのは、いくつかありますが、おそらく、旧約聖書の「出エジプト記」の記述をさしているのだと思われます。

出エジプト記 / 10章 12-15節

主はモーセに言われた。「手をエジプトの地に差し伸べ、イナゴを呼び寄せなさい。イナゴはエジプトの国を襲い、地のあらゆる草、雹の害を免れたすべてのものを食い尽くすであろう。」

モーセがエジプトの地に杖を差し伸べると、主はまる一昼夜、東風を吹かせられた。朝になると、東風がイナゴの大群を運んで来た。イナゴは、エジプト全土を襲い、エジプトの領土全体にとどまった。このようにおびただしいイナゴの大群は前にも後にもなかった。

イナゴが地の面をすべて覆ったので、地は暗くなった。イナゴは地のあらゆる草、雹の害を免れた木の実をすべて食い尽くしたので、木であれ、野の草であれ、エジプト全土のどこにも緑のものは何一つ残らなかった。

 

このようにエジプトでの大きな被害が書かれているのですが、今回のロシアのイナゴの大群も、空を覆って「地を暗く」していると報道記事に書かれてありました。

-             動物の異常, 自然災害            , , , ,

以上は「地球の記録」より

イナゴも生きるのに一生懸命なのです。これから人間も同じことを経験することになるのでしょう。食糧不足は必至です。                          以上

« 地下文明とのコンタクトへの「予感」 | トップページ | 一体なぜ進歩派左翼は、エリートがヒラリーを選出するのを助けるのだろう? »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 地下文明とのコンタクトへの「予感」 | トップページ | 一体なぜ進歩派左翼は、エリートがヒラリーを選出するのを助けるのだろう? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ